「無印良品」が未稼働の観光バスを再利用した「移動販売」を開始

「良品計画」が「地域の"くらしの真ん中になる"」をテーマに新潟県・上越地域の魅力を伝える新店舗「無印良品 直江津」のオープンに伴って、今秋より、観光バスを再利用した移動販売を開始する。すでに山形県酒田市にて軽トラックでの販売をしているが、バス型は今回が初となる。

活用されているのは、地元企業「頚城自動車」の未稼働のバス。「MUJI to GO」のラッピングが施された車内には、衣料品レトルト食品などの日用品が並び、店舗に足を運びづらい山間地域に住んでいる人々のために商品を販売して周る。

地域のつながりを創出するための場として、商品だけでなく、地域の人との会話を大切に、くらしの安心と楽しさを届ける。そんな新店舗に寄せた想いをカタチにするプロジェクトとなりそう。

今後も良品計画による地域活性化の取り組みに注目だ。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
「無印良品」の「繰り返し使えるマスク」に新作が登場。オーガニックコットンを使用し、通気性のよさや、防菌防臭加工を施した夏仕様の新製品だ。
「感じ良いくらし」をテーマに生活に密着したさまざなプロダクトを提案する「株式会社良品計画」が「コオロギせんべい」を商品化!?
さすが無印良品!な画期的な新サービスを5つ紹介。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
約350万枚が売れた「無印良品」の大人気マスクに、秋向け素材3種が登場。10月中旬より全国の無印良品の店舗にて販売が開始される。
「無印良品」と「IDÉE」の家具・インテリアが、「寝る」「学ぶ/働く」「くつろぐ」という3種の基本セットになり、お手頃な月額定額料金で利用できるサービス。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...