テレワークにぴったり!「無印良品の家具」が月々800円から利用できるサービス        

働き方が大きく変化している昨今。「家で働く」ことも暮らしの一部になり、自宅にワークスペースを確保し、心地良く働ける環境を整える需要が急速に高まっている。

そうした状況を受け、なんとも興味深いサービスが登場した!

「無印良品」「IDÉE」の家具・インテリアが、「寝る」「学ぶ/働く」「くつろぐ」という3種の基本セットになり、お手頃な月額定額料金で利用できるように。もっとも安い月々800円のプランでは、無印良品のデスクとチェアがセットになっており、とりあえずのテレワーク環境を整えたい!という人に打ってつけだろう。

契約は年単位で、1〜4年のプランが用意されている。期間が満了した際には「解約・返却」「契約延長」を選択するほか、希望者は買い取り手数料を支払ってそのまま使うことも可能だ。

この月額定額サービスを活用すれば、暮らしを変えるタイミングに家具の処分に悩むこともなく、廃棄物の削減にもつなげられる。“所有ではなく利用”というモノとの向き合い方を、無印良品が広げていく。

サービスは「無印良品 銀座」や「錦糸町パルコ」、「グランフロント大阪」などの限定店舗にて、7月17日に申込み受付開始。

© 株式会社良品計画
© 株式会社良品計画
Top image: © 株式会社良品計画
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
「感じ良いくらし」をテーマに生活に密着したさまざなプロダクトを提案する「株式会社良品計画」が「コオロギせんべい」を商品化!?
無印良品のS字フックは、アルミやステンレスなどいくつかの種類があります。そのなかで異彩を放っているのが「トラベルフック」。
無印良品の「タグツール」シリーズがおもしろい。10種のラインナップの中でオススメなのが「アラームクロック」です。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
無印良品の「インテリアフレグランスセット」は、250mlと60mlの2サイズ展開。ラタンスティックとセット(後者には磁器ホルダーも!)でそれぞれ2990円...
無印良品の「フィルム石けん」は、想像以上に薄いです。シートじゃなく、フィルムと名がついている点にも納得できます。
無機質で男性っぽくてちゃんと清潔感があって、いい感じ。それだけなんだけど、この“それだけ”っていうのが、案外探してみるとなかったりする。
さすが無印良品!な画期的な新サービスを5つ紹介。
約350万枚が売れた「無印良品」の大人気マスクに、秋向け素材3種が登場。10月中旬より全国の無印良品の店舗にて販売が開始される。
総合酒類メーカーの「明利酒類」は、焼き芋の凝縮された甘みに注目して研究開発を進め、新感覚の焼き芋カクテル“酔う焼き芋”を完成させた。さつまいものなかでもっ...
今話題を呼んでいる「無印良品」の「コオロギせんべい」が5月20日に発売。徳島大学の研究をベースに飼育された「フタホシコオロギ」という熱帯性のコオロギをパウ...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
「良品計画」が、新店舗「無印良品 直江津」のオープンに伴って、未稼働の観光バスを使って商品の移動販売を今秋より開始する。
「無印良品」の「繰り返し使えるマスク」に新作が登場。オーガニックコットンを使用し、通気性のよさや、防菌防臭加工を施した夏仕様の新製品だ。
「無印良品」や「MUJIブランド」を展開する「無印良品」は、今年6月末までに、すべての店舗でプラスチック製のショッピングバッグの使用をやめ、紙製のものに変...
イタリアが生んだ人気ファッションブランド「ヴェルサーチ」の2021春夏コレクションにプラスサイズモデルが起用され、公式Instagramにはブランドへの称...
JR「土浦駅」に直結する日本最大級のサイクリングリゾート「プレイアトレ土浦」内に「星野リゾート BEB5 土浦」がグランドオープンした。
本日7月1日、「無印良品」は「自分で詰める水のボトル」を販売するとともに店内に給水機を設置し、店舗での給水サービスをスタートする。
〈無印良品〉の「パラグライダークロスたためるシューズケース」はセパレートタイプになっていて、小さいデイバックの中でも整理しやすいです。
「無印良品」が限定55店舗でお菓子の量り売りをスタート。クッキーやチョコ、マシュマロ、米菓など全28種類の個包装のお菓子を展開し、ほしい量だけ購入できる。
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...