2020年大注目!日本初「ピーター・ドイグ展」が「東京国立近代美術館」で開催

現代アートのフロントランナーとして活躍するピーター・ドイグの日本初展覧会が来年2月26日〜6月14日、「東京国立近代美術館」で開催予定。

ドイグはロマンティックかつミステリアスな風景を描くイギリスのアーティスト。1994年、ターナー賞にノミネートされて以来、「パリ市立近代美術館」や「スコットランド国立美術館」といった世界的に有名な美術館で個展がおこなわれてきた。

2015年のクリスティーズ・オークションでは代表作のひとつ『のまれる』が約2600万米ドル(当時約30億円)で落札され、今、世界でもっとも重要なアーティストのひとりとされている。

本展では初期作から最新作まで約70点の作品を展示。『のまれる』をはじめ、小津安二郎の映画『東京物語』の「計算された静けさ」を念頭に置いて描かれたという『ラペイルーズの壁』(2004)、「スタジオフィルムクラブ」のために描いた直筆ポスター『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(2011)、幅3メートルを超える超大型の『スキージャケット』(1994)といった話題の作品が並ぶ。

3月1日(日)にはドイグ本人が来場し、トークイベントを開催。作品への思いや着想のきっかけになったものなども聞ける貴重な機会。彼の豊かな世界観をぜひ目と耳で感じて欲しい。

『のまれる』1990年、油彩・キャンバス、197×241cm、ヤゲオ財団蔵
© Peter Doig. All rights reserved, DACS & JASPAR 2019 C3006
『スキージャケット』1994年、油彩・キャンバス、295×351cm、テート蔵
© Peter Doig. Tate: Purchased with assistance from Evelyn, Lady Downshire's Trust Fund 1995. All rights reserved, DACS & JASPAR 2019 C3006
『ラペイルーズの壁』2004年、油彩・キャンバス、200×250.5cm、ニューヨーク近代美術館蔵
© The Artist, The Museum of Modern Art, New York. Gift of Anna Marie and Robert F. Shapiro in honor of Kynaston McShine. All rights reserved, DACS & JASPAR 2019 C2966
『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(「スタジオフィルムクラブ」より)2011年、油彩・紙、93.5×61.5cm、マイケル ヴェルナー ギャラリー蔵
© Peter Doig. Courtesy Michael Werner Gallery, New York and London. All rights reserved, DACS & JASPAR 2019
《ガストホーフ・ツァ・ムルデンタールシュペレ》 2000-02年、油彩・キャンバス、196×296cm、シカゴ美術館
© Peter Doig. All rights reserved, DACS & JASPAR 2019 C2966

『ピーター・ドイグ展』
【会期】2020年2月26日〜6月14日
【会場】東京国立近代美術館
【住所】東京都千代田区北の丸公園3-1
【TEL】03-5777-8600
【開館時間】10:00〜17:00(金土〜20:00) ※入館は閉館の30分前まで
【休館日】月(ただし3⽉30⽇、5⽉4⽇は開館)、5⽉7⽇
【料金】一般 1700円 / 大学生 1100円 / 高校生 600円
※早割チケットは12月3日発売開始

Top image: © 《ガストホーフ・ツァ・ムルデンタールシュペレ》 2000-02年、油彩・キャンバス、196×296cm、シカゴ美術館
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2020年の1月7⽇〜2月16日、「東京都現代美術館」にて「東京2020公式アートポスター展」が開催される。オリンピックおよびパラリンピックの公式アートポ...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。Instagramに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が...
世界最大級の大英博物館で、2019年、大規模な日本の漫画展が開催予定!展示内容は、ポケットモンスターやONE PIECE、ボーイズラブまであるとのこと。
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
世界最古のシャンパーニュ メゾン「ルイナール」とブラジル出身の現代アーティストVik Muniz(ヴィック ムニーズ)とのコラボレーション作品が代官山「K...
戦後から古美術・日本画・版画など約150の専門店が集まるアート密集地、日本橋&京橋。「東京アートアンティーク」は、普段は訪れる機会の少ない老舗の古美術店や...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
2020年8月29日から12月6日にかけて、東京・品川の寺田倉庫G1ビルで「BANKSY展(仮称)」が開催。
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
2007年より世界各国で展示され、14年間で1000万人以上の来場者を達成した「アートアクアリウム」が、常設の美術館となって8月、東京・日本橋にオープン。...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
2018年11月11日にオープンした美術館「ジャミール・アートセンター」。ヴェルサーチが手がけたホテル「パラッツォ・ヴェルサーチ・ドバイ」の近くにあるので...
『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』など、数々の大ヒット作品を世に送り出してきた「ピクサー」。2016年、設立30周年...
漫画「もしも東京」展が東京都現代美術館にて今夏開催される。日本を代表する漫画家が「東京」を漫画作品で表現するというアートプロジェクトだ。
11月2日(土)より『特別展 ミイラ 〜「永遠の命」を求めて』。国立科学博物館で開催。世界のミイラが一堂に会する。
昨日から、「東京スカイツリータウン」と「すみだ水族館」にて夏の風情を感じられるコンテンツ「未来につなぐバーチャル花火」がスタート。
「HAPS(High Altitude Platform Station)」と呼ばれる空飛ぶインターネット基地局がナイロビ上空を飛行中。「Alphabet...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
糸井重里氏が主催する「ほぼ日刊イトイ新聞」が作る“街のフェス”「生活のたのしみ展」が2020年は東京・丸の内、新宿、福岡の3ヵ所で開催。期間は丸の内で3月...
10月16日より、ビジュアルアーティストであるフランキー・スィーヒさんのアート展「Full Circle」が「RVCA SHIBUYA GALLERY」に...
11月15日に福岡市科学館で開催される「おっぱい展」は、現代社会の女性にまつわるエトセトラを「アート」を通して世の中に伝えるイベントだ。オリジナルグッズ...
高知の街の象徴である日本三大夜城の「高知城」が、インタラクティブな光のアート空間に変わる。「チームラボ 高知城 光の祭 2019-2020」は2019年1...