『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛呂彦らが参加する「東京2020公式アートポスター展」

いよいよオリンピックイヤーとなった本年1月7⽇〜2月16日、「東京都現代美術館」のエントランスホールにて「東京2020公式アートポスター展」が開催される。

オリンピックおよびパラリンピックの公式アートポスターの制作に、国内外のアーティストが参加。各々がテーマにした作品はオリンピックが12作品、パラリンピックが8作品の計20作品。

参加するのは、漫画家・浦沢直樹や『ジョジョの奇妙な冒険』で知られる・荒木飛呂彦、画家の大竹伸朗、グラフィックデザイナー・佐藤卓、写真家のホンマタカシに蜷川実花などの日本人と、ヴィヴィアン・サッセン、フィリップ・ワイズベッカーら海外アーティスト。

開催期間中には、参加アーティストのトークショーなども予定されており、公式サイトで日時などの詳細を発表していくとのこと。

©東京 2020 公式アートポスター展
©東京 2020 公式アートポスター展
©東京 2020 公式アートポスター展

『東京2020公式アートポスター展』
【会期】2020年1月7⽇(⽕)〜2月16⽇(⽇)
【場所】東京都現代美術館 エントランスホール
【住所】東京都江東区三好4-1-1
【時間】10:00〜18:00
【休館⽇】月曜⽇、1月14日 ※2020年1月13⽇は開館
【観覧料】無料

<参加アーティスト>
【オリンピックをテーマとする作品制作者】
浦沢直樹、大竹伸朗、大原大次郎、金澤翔子、鴻池朋子、佐藤卓、野老朝雄、ホンマタカシ、テセウス・チャン、クリス・オフィリ、ヴィヴィアン・サッセン、フィリップ・ワイズベッカー
【パラリンピックをテーマとする作品制作者】
荒木飛呂彦、柿沼康二、GOO CHOKI PAR、新木友行、野老朝雄、蜷川実花、森千裕、山口晃

© 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事