世界初、この秋「庵野秀明展」開催!過去作から最新の仕事まで創作活動の秘密に迫る

庵野秀明監督自身の原点となったアニメ、特撮作品の貴重な原画や直筆のメモ、イラストなどが展示される、世界初の展覧会「庵野秀明展」の開催が発表された。

期間は、10月1日(金)~12月19日(日)。場所は「国立新美術館」

最新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』では、公開95日間で動員569万人超え、興行収入86.9億円を突破し、今なお記録を伸ばし続けている庵野秀明監督。

同展覧会では、アニメーター時代に参加した過去作品や、監督、プロデューサーとして活躍する最新の仕事までを網羅し、創作活動の秘密に迫る。

貴重な原画ミニチュアなどをはじめ、アマチュア時代から現在までの直筆の膨大なメモイラスト、独自の映像作りに欠かせない脚本設定イメージスケッチ画コンテレイアウトに至るまで多彩な制作資料を余すところなく展示。

© 庵野秀明展 / Twitter

展覧会情報はTwitter公式アカウントにて随時発信とのことで今後の投稿に注目。

また、開催に併せて公開されたYouTubeの15秒CM動画には、これまでの作品名が並び、観るだけで今秋の開催が待ち遠しくなる完成度だ。

© 日テレイベント公式チャンネル / YouTube

『庵野秀明展』(HIDEAKI ANNO EXHIBITION)
【会期】10月1日(金)~12月19日(日)
【休館日】毎週火曜日 ※ただし11月23日(火・祝)は開館
【会場】国立新美術館 企画展示室1E(東京都港区六本木7-22-2)
【開館時間】10:00~18:00 ※入場は閉館の30分前まで

Top image: © 庵野秀明展広報事務局
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事