16歳少女が独学で覚えたモンスターメイクは、プロ顔負け!?

「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』や『X-MEN』の大ファンだったというLara Wirthさんは、ある日テレビで特殊メイクの特集を目にしたそうです。その番組で、活躍している特殊メイクのアーティストたちは、ほとんどの人が独学でメイクを学んだということを知り、「自分もやってみたい!」と特殊メイクをスタート。

映画スタッフを夢見て
日々、モンスターに変身中

主にYouTubeを見て基礎を習得、少しずつできることの幅を広げていき、今では全身メイクもできるようにも。ツノやキバを作ることもあれば、プロテーゼを使って顔に盛り上がりを作ることもあるそうです。

自家製の特殊メイク用ゼラチンで型をとって顔につけたら、あとは色を塗るだけ。

そんな彼女の夢は、映画や映像作品の世界のキャラクター作りに関わること。自分が楽しいと思うことを、ひたむきに続けるLara。そんな彼女の作品はInstagramからもチェックできますよ。

Licensed material used with permission by Lara Wirth

関連する記事

「これ、あの映画に出て来そう!」と妄想せずにはいられない。そんなインパクトある作品を手掛けているのが、メイクアップアーティストMimi Choi(@mim...
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向けハイライ...
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
幼い男の子の悪魔のような姿…。もともとの純粋さは消え、恐怖心をあおる。ホラー映画で有名な『IT』に登場する“殺人ピエロ”のメイクを、3歳の弟に施した17歳...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向けファンデ...
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
クラウドファンディングで1700%の支援を達成した「100年使える湯のみ」が、ついに一般販売を開始。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...