CAがノーメイクで働ける時代に

イギリスの「ヴァージン・アトランティック航空」……その客室乗務員と聞いてイメージするのは、バラのように赤い制服。髪の毛をまとめて美麗にメイクした姿。それは、とても華やかです。

でもそのイメージ、もうすぐ変わります。

なぜかというと、同航空会社は先日、客室乗務員が勤務中に化粧をする義務の廃止を発表したからです。これまでも、希望する人にはズボンの着用を認めるなど、まだまだ旧態依然としたイメージが染みつく航空業界に変化をもたらしてきました。ですが、今回のそれはさらに革新的なものと言えるでしょう。

あくまで「化粧を義務付けない」という話なので、客室乗務員が全員すっぴんというわけではないですが……。とりあえずルールは撤廃して、あとは個人におまかせということですね。

Reference: CNN
Top image: © iStock.com/DmitriMaruta
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ニュージーランド航空は、CA(客室乗務員)の「タトゥー(入れ墨)」を認める方針を発表。9月から新しい働き方のルールを実施します。
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
「リーボック」のスペシャルコレクション「Reebok eightyone(リーボック エイティーワン)」が2月28日(金)に発売。