やりすぎ3Dメイク

数年前から3Dメイクを手がけることで有名になっていた、イタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現在はテイストをガラッと変えていました。

顔がへこんでる!

こちらは頭の中からジャック・スケリントン!

そう、自分の顔をキャンバスにし始めたみたいです。

そもそも男性のメイクアップアーティストって珍しいけど、作品にInstagramのロゴを取り入れるあたり、個人的にちょっと好き。

Top image: © 2018 Luca Luce
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
「これ、あの映画に出て来そう!」と妄想せずにはいられない。そんなインパクトある作品を手掛けているのが、メイクアップアーティストMimi Choi(@mim...
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
今年もこの日がやって来る。ニャンニャンニャンの語呂合わせから、日本では2月22日を「猫の日」と呼んでいる。いつ誰が制定した?世界猫の日との違いは?などの意...
じっくり見てみると、顔からはみ出た部分は厚紙だったり、絵の具の塗りムラがあったり、鼻の中にティッシュが詰められていたりと手作り感が満載(笑)。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
彼女の名前は、ケイト・ヴェルナー。なんと15歳。YoutubeやSNSで公開されるメイクアップアートに触発され、自身で始めてみたのが約2年前。Instag...
人気ユーチューバーのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
いま、この「羽のような眉毛」がInstagramで話題になっている。ヘルシンキ出身のメイクアップアーティストStella Sironenさんが、自身のアカ...
みにゃさまに愛されるような商品名を、などたくさんのこだわりを詰め込んだ「にゃりんとう カリカリ気分のかりんとう」は、「インコラーメン」でおなじみの愛知「小...
幼い男の子の悪魔のような姿…。もともとの純粋さは消え、恐怖心をあおる。ホラー映画で有名な『IT』に登場する“殺人ピエロ”のメイクを、3歳の弟に施した17歳...
長年ビヨンセのメイクアップアーティストを務めるSir JohnさんとLuminess Cosmeticsが組んで生まれたコスメがあります。既にLumine...
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
2020年5月、ニューヨークにオープンする「The Makeup Museum」は、世界初のメイクアップをテーマにしたミュージアム。メイクアップの歴史を学...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
「SAZABY」のユニセックスライン「PLUS LINE」。同ラインから2019年秋に発売され、入荷のたびに完売が続く「ROUND DAYPACK」にSm...
マインドフルネス支援アプリ「Relook(リルック)」が今月から、より手軽に継続してもらうことを目的に、1日10秒でできるマインドフルネスを紹介した7日間...
出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
くちびるの動きに合わせて、キャラクターを動かすメイクアップアーティストのSandra Changさん。くちびるの動きとキャラクターがぴったりと当てはまり、...
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...
蛾や蜜蜂、クワガタまで、JasmineさんのInstagramには、虫を使ったメイクがたくさん。グリッターやスタッズ、アイシャドウもうまく駆使していてとて...
本来の意味合いや目的なんかとは関係なしに、とにかくみんなで仮装して騒いでとことん楽しむ、みたいな風潮が定着した「ハロウィン」が今年もやってきます。定番メイ...
もう、彼女たちに一目惚れ。ウルウルとした乙女の瞳に、愛らしく咲く花々。これって、最強の組み合わせなんじゃない?たまには、こんなお花見もいいかもしれない。