誰も知らないエチオピアの「壁画」は、思いのほか親しみやすかった。

フランスのラスコー洞窟の絵画のように、人類は太古から、自分たちの願望や精神世界を壁画として描き出してきた。現代でも、自分たちの家の壁にそれを行う集落がある。と言っても、私たちの知っている「壁画」より、斬新でユニーク、そして楽しそうなものだけれど。

エチオピアの農村で引き継がれてきたこの伝統。いつから始まったかは不明だそうだが、住人は「今回が世界初のFacebook掲載さ!」と語っている。

家の内側も外側も
すべて使って「自分」を表現

首都アディスアベバから車で2時間。観光客がここを訪れることはほとんどないという農村。住民のほとんどがムスリムで、ごくわずかにキリスト教徒が含まれたコミュニティ。どちらの宗教に帰依している人も、独特なスタイルで家の内外の壁を華やかに装飾する。

ペインティングの主な目的は、その家の主がどのような人物であるかを示すこと。この村では、家の壁は人々の人生、宗教観、夢や願いの表れなのだ。

こちらの若い男性はバスをペイント。彼はバスを買って、乗客にチケットを売り、農業者としての収入の足しにしたいと考えているらしい。牛が獲りたくて牛の壁画を描いていた先史時代と比べると、人類の進化をひしひしと感じる。現代感の強い壁画だ。

地元のアーティストが描く
ネットを使ってお手本探しも

壁の絵は村の腕利きアーティストたちが手がけている。住民の一人、Rejevoは17歳だが、すでに有名なペインターだ。天然の塗料のみを使って塗られており、よく使われる色は黒、白、赤。他の色は伝統的ではないけれど、インテリアと色を合わせて楽しむ人も。

何か見たことのないものや、馴染みのないもの(例えばメッカのカーバ神殿)についてペイントを頼まれても、インターネットを使ってそれを調べて、しっかりと描きあげてくれるのでご安心を。

また、壁画のペイントには値段がある。カーバ神殿やキリストの絵など、宗教画は高級品でみんなの憧れ。中には貧しいながらもやりくりし、1ヶ月分の稼ぎを貯めて描いてもらう人もいる。

とはいえ、激しい雨などでペイントは流れてしまうので、何年ももつわけではない。だから特に外側の壁画は、クリスマスや宗教行事、記念日、お祝い事に合わせて描き換えることもあるそう。住民たちもお互いの家の絵で眼福を得ているのだとか。

どんな模様が人気?
十人十色のコーディネート

村のどの家にも見られる、一番人気は花模様。キレイだからというだけの理由じゃない。描きやすいので、依頼料がお手頃なのだ。驚くべきことに、同じくらいよくリクエストされるのが家のイラスト。農民にとって家はもっとも価値ある財産だからなんだそう。

他にも馴染み深い牛やラクダ、力と強さの象徴のライオン、乳搾りの日常風景、コーヒーテーブルや帽子などなど。銃をペイントする家もたくさんあるが、戦争を象徴しているのではなく、「こんなライフルが欲しい」などというアピールなんだそう。彼らが銃を持つのは、家畜を守るためだ。

キリスト教徒は、偶像崇拝禁止で幾何学模様の多いムスリムの家とは対照的に、大きな人物画などによって壁を彩る場合が多い。

一方で、「うちのカミさんは宗教画よりこっちの方が好きなんだ」とハートマークをたくさん施す人も。この村ではみんながペイント・ライフをエンジョイしているようだ。

最近はポスターに押され気味?

壁画や教会への寄付にお金を使うこともあり、多くの人にとって農村の生活は決して裕福なものとは言えない。椅子が唯一の家具なんて家もたくさんある。

そのせいか、ここ数年は壁画の代わりに家の中にポスターを貼る人も増えてきているそう。長持ちするしリーズナブルだけれど、この自由で美しい伝統が失われてしまうと思うと寂しい気もする。

Licensed material used with permission by Eric LAFFORGUE
次にいきたい旅行先はどこですか?もし決めかねているならば、エチオピアがオススメです。「Quartz」によると、エチオピアが世界で最もいきたい場所に選ばれた...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
数年前、1982年にゴーギャンが描いた油絵『いつ結婚するの』に、3億ドル(当時のレートで約355億円)の高値がついて世間の注目を集めました。興味がない人か...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
マイアミの街に現れた、フォトジェニックな壁画。万華鏡のように、カラフルでポップではあるけれど、なんだか少し毒々しさも感じてしまう。ずっと見ていると、目が痛...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
そう、これはどんなおうちにも転がっている、あの「タマゴ」の話。料理に欠かせない食材であることは誰もが知っていますが、まさかアートに昇華しちゃうなんて。これ...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
世界的な画家マーク・ロスコの代表作が、まさかこんなことになるなんて…。
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
エチオピア北部の町ゴンダルは、年間降雨量が極端に少ない地域。激しい干ばつに見舞われ、土壌もやせ細り、この地で農業を営む人々は町を捨て、他の地域に移っていく...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
ルネッサンス時代や19世紀〜20世紀末頃のサロンに強く惹かれたウクライナ出身のAlexey Kondakov。彼は、自らの手で現代を憧れの時代へと変える作...
毎日飲む、コーヒー。私の生活になくてはならないものですが、一体誰がどうやって最初にコーヒーを見つけて飲むことになったのか、ご存知でしょうか。以前、コーヒー...
フィンセント・ファン・ゴッホにフランシスコ・デ・ゴヤ、ジャン=フランソワ・ミレー。美術史にそれほど造詣が深くなくとも、彼らの名は一度くらい聞いたことがある...