翻訳すると、摩訶不思議。世界の予想外なことわざ。

ことわざとはふしぎなもので、翻訳すると、まったく意味が分からないものになることがあります。日本で日常的に使われている「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のようなことわざも、文字通り読んでみると、なかなか面白い言葉です。国によって、独自のことわざがあるように、それぞれの表現からは、まったく新しい視点が感じられます。

そんな、海外のことわざや言い回しが一冊になった、エラ・フランシス・サンダースさんの著書『誰も知らない世界のことわざ』。その中から、予想外の意味をもつことわざや言い回しをご紹介します。

01.
「誰かをその人のスイカからひっぱり出す。」
(ルーマニア語)

1d4e7f2b1fffeb3e4d0f5f020215c795b0488c5e

世界のことわざには、直訳するとおかしな意味になるものがほとんどですが、なかでも、ルーマニア語は、桁外れの面白さ。こちらは、誰かを「怒らせて、狂ったようにさせる」という意味の言い回し。驚いたとき、ルーマニア人は「顔が落っこちます」し、嘘をついたときは「ドーナツを売っている」。ほっと、ひと息つくときは「魂をひっぱっている」。こんなふうに、面白い言葉たちが、いくらでも続いていくのです。

02.
「エビサンドにのってすべっていく。」
(スウェーデン語)

エビサンドにのってなめらかにすべっていく人は、これまでの人生を楽しく快適に過ごしていて、今の境遇を得るために懸命に働く必要のなかった人です。この言い回しには、裕福であることに対して、皮肉な意味合いを含んでいます。

03.
「ある日はハチミツ、ある日はタマネギ」
(アラビア語)

You win some,you lose some.(勝つときもあれば、負けるときもある)ということわざを知っていますか?このことわざをアラビア語版は、ハチミツとタマネギでたとえたもの。あるときはとてもうまくいき、またあるときは悪いほうへいく。おそらく幸せは、その2つの間にあるのです。だから、ある日がもしタマネギのように辛い一日であったとしても、だいじょうぶ。

04.
「私の頭にアイロンをかけないで」
(アルメニア語)

62d4edd1f72118508bbb950411414fa352f4348b

「イライラさせないで!」という意味。誰かが、イライラするような質問をやめないときや、あなたの気持ちを逆なでしようとしているときに、冗談っぽく使います。目をギラつかせて、からかうような視線を投げかけてくる人には気をつけましょう。そんな人は決まって、頭が痛くなるような理屈をふりかざし、あなたの頭にアイロンをかけてきます。

05.
「神の祝福がありますように。
そしてあなたの口ひげが
ふさふさの柴のようにのびますように。」
(モンゴル語)

これは誰かがくしゃみをしたときの、ていねいで紳士的な祈りの言葉。外国では、誰かがくしゃみをするとまわりの人が「祝福を!」と言ってあげる国があります。英語ではBless you!、ドイツ語ではGesundheit!が決まり文句。しかし、モンゴルではそれでは短すぎる!というわけで、「くしゃみをした人の口ひげがよくのびるように」という心からの願いをつけ加えたとか。

06.
「あなたのレバーをいただきます。」
(ペルシア語)

Fa6d1c53eb279a6ab0dca110fffee185a3fe4e43

ちょっと怖いことばに聞こえますが、実は深い愛着と愛情とを表現する言い回し。家族やごく親しい友人など、愛し合っている人たち同士の間で使われ、「あなたのためなら、何でもする」「心から愛している」、もしくは「食べてしまいたいくらい、あなたを愛している」という意味なのです。

07.
「郵便配達員のくつ下のように
飲み込まれる。」
(コロンビア・スペイン語)

この表現は信じられないかもしれませんが「猛烈に愛している」という意味。考えてみましょう。郵便配達員は、毎日長い距離を歩きます。あちこち歩き回る間にくつ下はもたつき、くしゃくしゃになってブーツの中に飲み込まれてしまいます。そんなふうに、愛情におぼれ、支配され、飲みこまれていってしまう。そんな感じを表しているのでしょう。たぶん。

「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
世界には、人生の教訓となるようなことわざがたくさんあります。国によって出てくる「たとえ」や「動物」が様々で、内容にもお国柄が出ているのがおもしろいですよね...
弱冠19歳のフォトグラファーLean Lui。香港生まれの彼女が若い女性を被写体に表現する世界は、日本のあることわざに大きな影響を受けているのだという。
最近、怒ったこと、怒りを覚えたことってどんなことでしょう? 次に書かれた出来事がもし起こったら、どのくらい怒りに燃えるか、0〜10の11段階で点数をつけ...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
メートルやフィート、グラムやポンド。世界にはさまざまな「単位」がありますが、なかには聞いただけではイメージできない、呪文のようなものもあるのです。ここでは...
外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特...
「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
「犬が左膝の匂いを嗅ぐ」「血豆ができる」「ニシンの骨を折る」。世界には、「幸せを招くしるし」がたくさんあります。日々の暮らしに息づいている、気づくと嬉しい...
8月12日は、世界象の日。絶滅の危機にある現状と、保護を訴える目的で2012年に制定された。Elephant Voicesのチームも「いま危機的状況にある...
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...