19歳のフォトグラファー、「若さ」という武器について

 
弱冠19歳のフォトグラファーLean Lui。香港生まれの彼女が若い女性を被写体に表現する世界は、日本のあることわざに大きな影響を受けているのだという。
 
「いちばん好きな言葉は、“花は桜木人は武士“です。わたしは短命なものこそ美しいと思っています。この作品では、そういうわたしの美の価値観を表現しています。
花はすぐに散るから美しい。若さだって、永遠に続くものじゃないから美しいのです」

 

4742972952281088
© 2018 LEAN LUI
5909944289198080
© 2018 LEAN LUI
5804841607626752
© 2018 LEAN LUI
4555039142051840
© 2018 LEAN LUI
6033543784300544
© 2018 LEAN LUI
5970990538424320
© 2018 LEAN LUI
5937657834110976
© 2018 LEAN LUI
 
 
「若さ」を武器にできる年代はすぐに終わってしまう。別に「若さ」を失ったから美しさも失うわけではない。20代には20代の、30代には30代の、各年代ごとの美しさがある。そしてそれを楽しむのが女性として生きる醍醐味なんだろうなあ。
 
ちょっと飛躍したかもしれないけど、Leanの作品を通してこんなことを考えた。
 
 
Top photo: © 2018 LEAN LUI
Licensed material used with permission by LEAN LUI
撮影機材はスマホ、加工も必要最小限。なのに、構図のセンスや工夫がキラリと光る作品ばかり。これ、本当に全部スマホで撮ったの?アルジェリア出身19歳のMoun...
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
8歳の少女が世界を見つめる姿を撮り続けるのはフォトグラファーである父。しかし写真は娘のためではなく、自分のためだそう。彼の不安や憂鬱は、清廉で特別にも見え...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
よみがえってくるのは。
ブリュッセル出身のフォトグラファーBénédicteVanderreydtが撮影するのは、国が異なる少女たちの青春。「I AM 14」シリーズは、ゴンゴ共...
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
いつまでも若々しくてキレイな姿でいたい。そう思いはするけど、実際のところは、年をとればとるほど、そんなモチベーションはなくなるんじゃないかと。だから、ヒラ...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
ことわざとはふしぎなもので、翻訳すると、まったく意味が分からないものになることがあります。日本で日常的に使われている「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のよ...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
ローラ・ウィリアムズ(Laura Williams)という18歳の少女が撮るセルフィーに、今注目が集まっている。彼女は、イギリスを拠点に活躍する若きカメラ...
女性のありのままの美しさを引き出すことを得意とするフォトグラファー・花盛友里さん。そんな彼女の最新作となる写真集『寝起き女子 girls in the m...
作家のJustin Gammill氏は、日本人にも馴染みが薄い、ある江戸時代の武士の名前を挙げ、「時代を超越した概念と精神性が武士道にはある」と主張してい...
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
目玉焼きで乳首を表現してるの。