世界には、こんな「単位」があった。

まだ「ものさし」や「時計」がない時代、日本では「白長須鯨」や「馬」で距離や時間を測っていたそうです。

世界でも同じく、「何かを測るとき」に、さまざまな動物が活躍しています。

ここでは、米澤敬さんと日下明さんの著書『はかりきれない世界の単位』より、世界で実際に使われている動物に関する単位を紹介します。

01.
「クローシャ」
牛の鳴き声が聞こえる距離

これは、古代インドで牛の鳴き声が聞こえる距離。グロータ(goruta)とされることもあります。

どれくらいの距離なのかは、5kmとも1.8kmともいわれ、定かではありません。牛を神聖な動物とするインドでは、なにかと牛が基準になっていて「牛が柔らかい土を踏んだときにできるくぼみの体積」と言う単位もあったそうです。

02.
「驢馬力」
驢馬の力の程度

西洋においては、ロバは愚鈍さや頑固さの象徴。ロバにしてみたら理不尽な話です。驢馬力は、おおむね馬力の1/3。1884年に定義されました。

じつはロバは速度こそ遅いものの、ウマより大きな荷重に耐えることができます。驢馬力単位も、ロバにとっては不本意なのかもしれません。

03.
「ムゲセゲレ」
ハエのペニスの長さ

ドイツ南部のシュヴァーベンで使われる「とても小さいもの」を示す単位。意味はハエのペニス。

実際に測った研究者によると、約0.02mm。長さ以外に、体積、重さ、さらには時間の単位としても使われることがありますが、うっかり使うのは考えもの。

04.
「モルゲン」
牛1頭が午前中に耕す面積

直訳すれば、ドイツ語の「朝」。単位としては、かつて午前中に耕すことのできる広さを表していました。

古代ローマには、2頭の牛が午前中に耕す広さ、ユゲルム(jugerum)があります。馬なら、イランのジョフトガーヴ(joft gau)やハンガリーのジョック(jock)が、1頭の馬が1日に耕す面積のことです。

05.
「ブーク」
トナカイの角が
見分けられる距離

シベリアの原住民たちが用いていた、トナカイの角が見分けられる距離。角の枝まで見えたら1ブークになります。

ロシアにはまた、野牛の鳴き声の聞こえる範囲という単位があり、これは土地の契約などにも使われた、面積の基準でした。

06.
「カッツェンシュプルング」
猫のひとっ飛び

ドイツの距離、あるいは面積の単位。意味は「猫のひと飛び」です。日本でいうなら「向こう三軒両隣」に近い感覚。

夏目漱石の『吾輩は猫である』の舞台も、だいたいそれくらいの範囲でした。遠いときには「カッツェンシュプルングでは無理」などとも言うそうです。

07.
「リークシャー」
シラミの卵1個分の重さ

黒ケシの種子1粒の重さ「ラージャサルシャバ」などは、いかにも古代インドらしい単位ですが、リークシャーはシラミの卵を意味する重さの単位。約0.7mgと換算されています。

ただし、もしも髪の毛にシラミの卵がついていたら、重さを測るよりもまずは駆除を考えましょう。

関連する記事

メートルやフィート、グラムやポンド。世界にはさまざまな「単位」がありますが、なかには聞いただけではイメージできない、呪文のようなものもあるのです。ここでは...
米・マサチューセッツ工科大学(以下MIT)が、誰でも無料で単位が取得できるオンライン講座を開始しました。世界中どこにいてもMITの単位が取れる授業スタート...
諸説あるからこそ、歴史や文化、時代背景などにも想いを巡らせられる「アメリカンカジュアル」の世界っておもしろい。そこで、原宿「BUDDY」の店長にアメカジに...
話題のワーケーションにも!「wataridori」は、全国各地のあまり使われていない大きな邸宅や別荘などを、家と会社の往復の生活ではなく、好きな場所、好き...
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
世界にはとてもユニークなサイトがたくさん存在します。その中から「各国の本当の大きさ」を把握できるサイト、「いらない発明」が詰まったサイト、「バーチャルドラ...
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
サルバドール・ダリの作品を数多く所蔵する「諸橋近代美術館」で、「ダリ」と「会津民芸品」をコラボさせたミュージアムグッズ「ひげべこ」を発売。昭和37年より張...
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
エンジニアとして活躍するShah Galeeb Ahmedさんが開発したのは、週単位で自分が死ぬまでの期間を可視化してくれるサービス「How many w...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
アメリカ雑貨好き&ビンテージマニア必読! アメリカを代表する人気キャラクター「ナウガモンスター」の歴史とユニークな誕生秘話!
5月1日の「レイデー(Lei Day)」に合わせ、記念イベントの一環として世界最長のレイのギネス世界記録に挑戦することをホノルル市当局が発表
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
動物の立場に立ち、動物の幸せについて考えていく「アニマルウェルフェア」。この記事ではその定義や指標について紹介していきます。
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
「犬が左膝の匂いを嗅ぐ」「血豆ができる」「ニシンの骨を折る」。世界には、「幸せを招くしるし」がたくさんあります。日々の暮らしに息づいている、気づくと嬉しい...
勝機を見出したIKEAは、医療用3Dプリンター技術を有するデザイン事務所「UNYQ」とeスポーツに特化した教育機関「Area Academy」の協力を得て...
「愛しきれない」という事象について、すこし考えてみました。
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
著書『パーソナル・グローバリゼーション~世界と働くために知っておきたい毎日の習慣と5つのツール~』(幻冬舎)で世界に通用する人材になるためのスキルを提唱す...
7つの国の最高級コーヒーを“日めくり”感覚で味わえる「himekuriコーヒー」が「Makuake」に登場。
毎年この時期に、受賞者とその作品を発表する「Comedy Wildlife Photography Awards」。野生動物たちの意外な一面が写っていて、...
米ユタ州の「野生生物保護当局」が設置した動物専用の高架橋を、多くの動物たちが利用しているようだ。当局はFacebookでシカ、リス、キツネなど自然界に生き...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。