日本中の「空き家」に1ヵ月単位で住めるサービス「wataridori」

全国各地には、あまり使われていない、機能していない、そして都会にはない大きな邸宅別荘がたくさん眠っている。

「wataridori」は、そんな厳選した家、通称「渡り鳥ハウス」を、家と会社の往復の生活ではなく、好きな場所、好きな時間で生活する、という新しいライフスタイルを求める人たちへ1ヵ月単位で貸し出すというサブスクリプションサービスだ。

年中利用可能な正会員は、月額15万円の会費で好きなとき使用可能。月額5万円のシーズナル会員は、年間の3ヵ月間のみ借りることができる。

また、一度は住んでみたいような豪邸、ノスタルジーにあふれた古民家、都人になったような錯覚に浸れる町家、大草原のなかの一軒家、憧れの都心ライフを演出するタワーマンションなどでの生活を、たった一つの大型スーツケースの準備ですぐに始められるよう、すべての家に家具家電最低限の生活備品を完備

「地域渡り鳥」という、地域・自治体と連携し、仕事や勉強のメニューを選んで体験できるプラットフォームも展開し、滞在中に「アンバサダー」が学びや体験の場を提供、「コンシェルジュ」は地元の生活のルールなどを案内してくれるという。

賃貸物件ともホテルともゲストハウスとも違う、かつてない居住体験を味わってみては?

©2020 全国渡り鳥生活倶楽部株式会社
©2020 全国渡り鳥生活倶楽部株式会社

wataridori』

【公式サイト】https://www.wataridori-life.com/

Top image: © 2020 全国渡り鳥生活倶楽部株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事