いいことあるかも。世界の「ロマンチック」な幸せのしらせ

世界では、それぞれの国ごとに吉兆だと信じられている出来事があります。たとえば日本だと「茶柱がたつ」や「朝のクモ」などが一般的です。しかし、国が変わると幸運が訪れると言われているものが、日本では凶兆だったりするのです。もちろん、その逆もあります。

今回は、世界の吉兆を一冊にまとめた米澤敬さんと出口春菜さんの著書『幸せを招く世界のしるし』から、ちょっとロマンチックな幸せについて紹介します。

01.
「木曜日のくしゃみ」
イギリス

E4b95a71e8cc5b7afda136510247eb8e8956180d

「1回はいい噂、2回は悪い噂、3回すると風邪」というのは、おなじみの日本のくしゃみ占いですが、イギリスでは木曜日のくしゃみが吉

また、初めて会った男性の前でくしゃみをすると、将来その男性と結ばれることになるという国もあります。

02.
「風で呼び鈴が鳴る」
ヨーロッパ

呼び鈴の音は、もちろん何かがやってきた証拠。風に吹かれて自然に鳴る音を耳にするのは吉兆です。

間違えて鳴らすのも、チャンスがころがりこむ前兆。万が一呼び鈴を壊してしまうと「悪い知らせ」が届くことになります。

03.
「コーヒーの泡」
イタリア

コーヒーに砂糖を入れたとき、立った泡がカップの中央に集まると、茶柱と同様に幸運のしるし。ドーナッツ状になると雨が降るとも。

コーヒー豆を燃やすのは吉、コーヒーをフォークでかき混ぜるとトラブルが起こります。紅茶なら濃く入ると吉、薄いと凶、とする国もあります。

04.
「空樽を見る」
アメリカ

F32e2853a6174f532af7adca8eed41d4a4d448de

ヨーロッパでは、道で大量のボトルを目撃すると、すぐにでも幸運が到来とするといいます。アメリカではボトルが空樽に変わります。

メジャーリーグには、空樽を見るとヒットが打てるというジンクスもあり、スランプに落ち込んだベーブ・ルースが、監督がひそかに仕込んだ空樽を見て復活した、という逸話もあるほど。

05.
「朝一番で見る♂」
ヨーロッパ

朝起きたらまず、窓の外を眺めることが、幸運を招き寄せることになります。そこで最初に目に入った生き物(あるいは人)が、雄ならば大吉です。

起きたときに、羽毛布団などの羽毛が髪の毛に混じっていると、その日のうちに嫌なことが起こるとも。

06.
「4回目の着火」
ヨーロッパ

マッチを使って火をつけようとして、4回こすって着火する場合は、良い知らせの前触れ。

1本のマッチで複数の火をつけるのは凶。また煙草の火を3回つけなおしたり、3人で煙草の火を付け合うのは凶となります。

07.
「帽子が川へ」
ドイツ

散歩中、風で帽子が吹き飛ばされて川の中に入ると、帽子と引き換えに幸運が手に入ります。でも帽子に穴が空くのは、頭が禿げる予兆。また自分の帽子を誰かの左手で触られると、その日いっぱいはツキに見放されます。

帽子をベットの上に置くのも凶。日本では、帽子をまたぐことが凶とされます。

08.
「血豆ができる」
ヨーロッパ

8660ae5608ee3894d8671e30808eb1c8f7af3673

古来、血液には特別な力があると考えられてきました。本人が気づかない間に、体のどこかに傷が出来ているというのも、世界各地で何かの予兆とされています。それが血豆ならば吉です。

シャツに血がつくのも吉。結婚式の日に鼻血を出すと海外生活することになる、という地方も。

09.
「本が落ちる」
ヨーロッパ

棚からものが自然に落ちるのは、嫌な気持ちになるものですが、本は例外。親しい友人がやって来るしるしだとか。

間違って本をさかさまに開くと、良い知らせがあるともいいます。狙ったページを一発で開くことができれば大吉です。逆に、辞書で目的の単語がなかなか見つからないのは、仕事で失敗する予兆。

日本にも「茶柱が立つ」「朝のクモ」のように、縁起がいいと言われる出来事がいくつかあります。世界でも同じく「幸せのしるし」と信じられているものがあり、ときに...
メートルやフィート、グラムやポンド。世界にはさまざまな「単位」がありますが、なかには聞いただけではイメージできない、呪文のようなものもあるのです。ここでは...
幸せを、「追いかけて」しまっていませんか?
幸せな人生を送るためのヒントって、身近にあるようで実際はうまく見つけられないことのほうが多いですよね。幸せになるために、本当に必要なものとは何か?それを教...
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
「幸せ」って、自分ではなかなか確信を持てない感情ですよね。
「Eurostat」が行なった、ヨーロッパで一番幸せなのは誰?という研究で、「デンマークのおばあちゃん」との結果が発表されました。同国は、高額な税制度と引...
「わたしはぁ……自分の気持ちとかを大事にしたいんですぅ……」にしても、ヒロインほんとに声小さい。
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
ペットを可愛がっている実家のおじいちゃん、おばあちゃんへのお土産に……なんていうのも、ちょっと素敵なプレゼントになる。そんな、お値段以上に「幸せ」を運んで...
「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
いらないものにすがるのは、幸せへの遠回り。ときには手放すことが大事だと語るのは、「I Heart Intelligence」のRobyn Reischさん...
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
誰でも幸せになりたいものですが、なぜか“不幸”を呼び寄せてしまう人っています。でもそれには、“幸せではない人”のやりがちな行動や特徴があるからです。アメリ...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
「自己中」というと、あまりいいイメージではないかもしれません。でも、人生において自分自身をケアすることは、何より大事なこと。世界を旅するライター、Anja...
世界で使用されている言語は、およそ7,000。しかし、いま数少ない人が限られた地域で用いている「小さなことば」が、次々に消えてしまっています。本書は、世界...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
どこで生まれたかとんと見当はつかないが、我輩は「猫ブッダ」。人間を見ていると、いつも人生について思い悩み、幸せって一体何?ってことを真剣に考えています。こ...
最近いい事が全然ない…。どうしたら幸せになれるの?幸せになれる人とそうじゃない人との差って?原因となるキーワードは「思考のクセ」にあるのです。ここでは、自...