子どもの「お絵かき」を身につけるしあわせ。世界にひとつのジュエリーを作りたい

まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝ものを開くようにして見せてくれました。

親となった今、子どもの描いた“思い出”の残し方として、こんな素敵な方法があるのだなと知りました。

思い出の「絵」を
身につけるしあわせ

トルコ人アーティストのYasemin Erdin TavukçuさんとOzgur Karavitさんは、それぞれ娘、息子を持つママ。彼女たちが作るジュエリーは、この世に2つと存在しないとっても素敵な作品。なぜなら、子どもたちが描いた、世界でたったひとつの絵をモチーフにしたものだから。

もちろん大切な思い出が風化していく訳ではありません。けれど、額装したりアルバムとして残しておくという選択肢ではなく、ジュエリーにして常日頃から身につけることができるのって、すごく良いアイデアだと思いませんか?

ペンダントトップやチャームに、愛する我が子の描いた絵。

子どもの創造力をカタチに

5年ほど前から子どもたちの創造力を伸ばすアートプログラムの現場で活動していたYaseminさん。彼女は、絵を描くことが子どもたちの創造性や、自己表現の源となると話します。金細工を専門とするアーティストÖzgürさんとともに、子どもの絵をベースにしたジュエリー制作プロジェクト「TasarimTakarim」を2015年に立ち上げました。

「だって、自分の子どもの作品を身につけるって、親としてこんなに幸せなことはないでしょう?」

シルバーの他にもゴールド、ホワイトゴールド、ローズゴールドが選べます。ネックレスだけでなく、ブレスレット、ブローチ、カフスボタン、さらには卓上オブジェなどオーダーメイドが可能。

我が子の発想をひとつひとつ丁寧に、忠実に再現されたジュエリーは一生の宝ものに。

キレイな化粧箱に入れて届けてくれるこのサービス、じつは「Etsy」を通じて世界中どこからでもオーダーができるんです。サイトから依頼をして、TasarimTakarimとコンタクトを取ったら、あとはデザイン画を送るだけ。

サイズやマテリアル、ジュエリーの種類によって価格は異なりますが、シルバーのペンダントで112ユーロ(約14,000円)ほど。

成長に応じて絵のトーンも質感もどんどん変化していく子どもたち。その時々でしか表現できない彼らの感性をカタチとして留めておく。今度は、どんな絵を描いてきてくれるかな?パパ・ママの楽しみがぐんと広がりますね。

Licensed material used with permission by TasarimTakarim
近年話題のモアサナイトを使用したプロダクトを展開する国内のエシカルジュエリーブランド「GYPPHY(ジプフィー)」が今季の新コレクションを発表。
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
大手ジュエリー会社「Pandora」が、2025年までに新たに採掘したシルバーとゴールドの利用をやめ、100%リサイクル原料のみでアクセサリーを製造すると...
元家具職人がつくる、呼吸するジュエリー「su Ha」。ジュエリーは、デザイナーが自ら国内外を歩いて5年かけて選んだ素材からできている。だからこそ、それぞれ...
「土屋鞄製造所」から、初となるインテリアシリーズが登場。ナチュラルな風合いのヌメ革で仕上がった暮らしに彩りを添えるアイテムを紹介。
アルゼンチンでスーパーマーケットを展開するVeaが、「子どもの野菜嫌いをなんとかしたい」という親の願いを叶えるために作った「Veggie Hacks」。コ...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
チームラボが進める教育プロジェクト「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」。そのメインプログラムである「お絵かき水族館」が、香港で開催されたデザインコ...
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。そんな子どもたちの暮らしについて紹介します。
マレーシア・サバ州には、今、無国籍の子どもたちがたくさんいます。なぜ無国籍の子どもたちが生まれてしまうのか?をご説明します。
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
純白のウェディングドレスに合わせるブライダルジュエリー。ゴージャスなパールやきらきらのティアラはもちろん素敵ですが、生花を使ったこんなオシャレなものもある...
SA BIRTH(サバース)」から、新たなジュエリーブランド「SA BIRTH GINZA」が誕生。10月20日、銀座4丁目にオープンしました。デザインは...
ベトナム・ハノイにあるアスレチックのような佇まいの「VAC Library」。図書館ですが、子どもたちが「サステイナビリティ」だとか「エコシステム」という...
それは植物のためのジュエリー。身近な器に入れて茎を挿すだけで、より華やかに、美しく演出してくれます。女性の中には、「こんなアイテムを待っていた!」なんて人...
墓石に使われることの多い「みかげ石」の蓄熱効果を活かした保温力抜群のお皿が登場。1分レンジでチンすれば15分間も温かさを持続!
コンパクトな財布ならではの問題を解決してくれる「進化系三つ折り財布」。
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
大切な思い出が詰まったものだが、リユースには向かないアクセサリーや宝石などのカケラを「万華鏡」に生まれ変わらせるサービスを、ジュエリーの製造・販売を手掛け...
子どもたちの「人助けをしたい」という願いを叶え、さらには行動力や実践力を身につけさせる米アトランタの非営利団体「Kids Boost」が注目を集めている。
コタキナバルが属するサバ州には、「Etania Green School」という名の、国籍を持たない子どもたちのための小学校があります。
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...
愛する人を失った悲しみの中にいる、すべての人たちへ。