子どもの「お絵かき」を身につけるしあわせ。世界にひとつのジュエリーを作りたい

まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝ものを開くようにして見せてくれました。

親となった今、子どもの描いた“思い出”の残し方として、こんな素敵な方法があるのだなと知りました。

思い出の「絵」を
身につけるしあわせ

トルコ人アーティストのYasemin Erdin TavukçuさんとOzgur Karavitさんは、それぞれ娘、息子を持つママ。彼女たちが作るジュエリーは、この世に2つと存在しないとっても素敵な作品。なぜなら、子どもたちが描いた、世界でたったひとつの絵をモチーフにしたものだから。

もちろん大切な思い出が風化していく訳ではありません。けれど、額装したりアルバムとして残しておくという選択肢ではなく、ジュエリーにして常日頃から身につけることができるのって、すごく良いアイデアだと思いませんか?

ペンダントトップやチャームに、愛する我が子の描いた絵。

子どもの創造力をカタチに

5年ほど前から子どもたちの創造力を伸ばすアートプログラムの現場で活動していたYaseminさん。彼女は、絵を描くことが子どもたちの創造性や、自己表現の源となると話します。金細工を専門とするアーティストÖzgürさんとともに、子どもの絵をベースにしたジュエリー制作プロジェクト「TasarimTakarim」を2015年に立ち上げました。

「だって、自分の子どもの作品を身につけるって、親としてこんなに幸せなことはないでしょう?」

シルバーの他にもゴールド、ホワイトゴールド、ローズゴールドが選べます。ネックレスだけでなく、ブレスレット、ブローチ、カフスボタン、さらには卓上オブジェなどオーダーメイドが可能。

我が子の発想をひとつひとつ丁寧に、忠実に再現されたジュエリーは一生の宝ものに。

キレイな化粧箱に入れて届けてくれるこのサービス、じつは「Etsy」を通じて世界中どこからでもオーダーができるんです。サイトから依頼をして、TasarimTakarimとコンタクトを取ったら、あとはデザイン画を送るだけ。

サイズやマテリアル、ジュエリーの種類によって価格は異なりますが、シルバーのペンダントで112ユーロ(約14,000円)ほど。

成長に応じて絵のトーンも質感もどんどん変化していく子どもたち。その時々でしか表現できない彼らの感性をカタチとして留めておく。今度は、どんな絵を描いてきてくれるかな?パパ・ママの楽しみがぐんと広がりますね。

Licensed material used with permission by TasarimTakarim
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
元家具職人がつくる、呼吸するジュエリー「su Ha」。ジュエリーは、デザイナーが自ら国内外を歩いて5年かけて選んだ素材からできている。だからこそ、それぞれ...
goro’sは、原宿にあるインディアン・ジュエリーショップ。80年代〜90年代、渋谷で遊んでいた奴で、ゴローさんを知らない人はいない。そして、チーマーと呼...
チームラボが進める教育プロジェクト「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」。そのメインプログラムである「お絵かき水族館」が、香港で開催されたデザインコ...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
純白のウェディングドレスに合わせるブライダルジュエリー。ゴージャスなパールやきらきらのティアラはもちろん素敵ですが、生花を使ったこんなオシャレなものもある...
それは植物のためのジュエリー。身近な器に入れて茎を挿すだけで、より華やかに、美しく演出してくれます。女性の中には、「こんなアイテムを待っていた!」なんて人...
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
SA BIRTH(サバース)」から、新たなジュエリーブランド「SA BIRTH GINZA」が誕生。10月20日、銀座4丁目にオープンしました。デザインは...
男性の自分からからすると、完全に女性向けデザインであることが悔しい。逆にいうと、女性には思う存分活用してほしいアイテムということ。ジュエリーにテクノロジー...
001 ジュエリーを主役にする 「シンプルな洋服」柄のない、シンプルな装いには、反対に装飾的で大ぶりなネックレスやブレスレットをつけて、コーディネートの主...
かわいい笑顔を見せてくれるのは、米ユタ州に住むGianessa Wrideちゃん。まだ、7歳の彼女は、今年のはじめに「脱毛症」と診断されました。その影響に...
「こんな洋服が着たいなぁ…」。女の子が描くお絵かきには、彼女たちの理想がたくさん詰まっています。「Picture This Clothing」は、そんな女...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
幸福度の高い子どもを育てる、また、その後もハッピーな大人に育てるには、ある大事な法則がありました。大切なのは「心理的なコントロール」をしないこと。
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
愛する人を失った悲しみの中にいる、すべての人たちへ。
8歳の少女が世界を見つめる姿を撮り続けるのはフォトグラファーである父。しかし写真は娘のためではなく、自分のためだそう。彼の不安や憂鬱は、清廉で特別にも見え...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...