まさに緑の宝石。多肉植物でつくるブライダルジュエリーは、DIY婚にピッタリ

純白のウェディングドレスに合わせるブライダルジュエリー。ゴージャスなパールやきらきらのティアラはもちろん素敵ですが、生花を使ったこんなオシャレなものもあるんですね。家族と親しい友だちだけを招く披露宴や「DIY婚」には、こっちの方が向いているかも。

人生最良の日に
個性が栄える“緑の宝石”

ミシガン州のフローラルデザインスタジオ「PASSIONFLOWER」。デザイナーのSusan McLearyさんは、生花を使ったブライダルジュエリー製作を得意とするアーティストです。彼女のオリジナルデザインの妙味はなんと言ってもその材料。一年通して豊かな表情を見せてくれる多肉植物を用いています。

季節の花々が彩りを添える、生花を使ったアクセサリーはこれまでにもデザイン性豊かなものがいくつも紹介されてきました。ですが、Susanさんが材料に用いるのは、ユニークな姿かたちで古くから人々に愛されてきた多肉植物。まずは、「緑の宝石」ともいうべき彼女の作品を見ていきましょう。生花とは一味違った表情の美しさがありますよ。

繰り返し使えて
最後は観賞用に育てられる

ブレスレット、ピアス、リング、ネックレス。どれも多肉を簡単にひっかけたり、貼り付けているだけの繊細なもの。そうなんです。多肉って見た目以上に扱いが難しく、一粒一粒の葉を指でつまんだだけでポロっと茎からとれてしまうほど。けれど、Susanさんはあえて、この壊れゆく多肉の繊細さをジュエリーに内包しました。

切り花と違い、これらの多肉植物はこのままでも2〜4週間は新鮮さをキープしてくれるそう。だから、1回身につけたら終わりというものではありません。また、多肉をベースから外して観賞用とすることもできるんだとか。結婚式が終わった後もその思い出を手元に残しておくことができる。これもSusanさんの狙いだそう。

ちなみに、その取れてしまった一粒の葉も、湿らせた土の上にそっと置いておくことで、そこから根が伸びてきてやがてはしっかりとした幹に。だから、一粒の花とて無駄にはならないのという訳です。

多肉と個性豊かな草花をあしらった、ボリューム満点のコサージュも。ガーデンパーティーのような披露宴できっと栄えるでしょうね。

Licensed material used with permission by Susan McLeary
部屋のインテリアや装飾としても親しまれる、サボテンなどの多肉植物は、水耕栽培で育て、増やしていくことができます。お手入れも意外と簡単で、小さなスペースがあ...
カラフルでぱっと華やぐお花もいいけれど、ぷくっとした肉厚に癒やされる多肉植物の魅力も捨てがたい。ガーデニングのこと?いえいえ、違います。 「ケーキ」の話で...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
今冬注目の食材ピーナッツ。蜷尾家/NINAO(ニナオ)が冬季限定で発売する台湾の冬の定番スイーツ「花生湯(ファーシェンタン)」は、杏仁の香りが広がる甘く仕...
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
それは植物のためのジュエリー。身近な器に入れて茎を挿すだけで、より華やかに、美しく演出してくれます。女性の中には、「こんなアイテムを待っていた!」なんて人...
「紙の植物」が陽の当たらない生活に色を添える。
元家具職人がつくる、呼吸するジュエリー「su Ha」。ジュエリーは、デザイナーが自ら国内外を歩いて5年かけて選んだ素材からできている。だからこそ、それぞれ...
「Re:planter」の屋号で活動する京都在住の植栽家・村瀬貴昭氏。鉢ではなく、電球に植えられた盆栽。彼が使われなくなったテレビやPC基盤、電球に植物を...
インクレスペン「ピニンファリーナ・カンビアーノ」のレオナルド・ダヴィンチ没後500周年モデル。ペン立てにもなる木箱にダヴィンチの自画像が描かれ、ペン部分に...
近年話題のモアサナイトを使用したプロダクトを展開する国内のエシカルジュエリーブランド「GYPPHY(ジプフィー)」が今季の新コレクションを発表。
オーストリアで「Siri」と「Alexa」の結婚式が挙げられました。多くの人に見守られながら、誓いの言葉を述べ、2人は“婦婦”と認められることに。AI同士...
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
IKEAの人工観葉植物「FEJKA(フェイカ)」シリーズの魅力に迫ります。
「KATE」のポップアップイベント 「真実の唇。」展。東京は今月21日(土)~25日(水)に表参道ヒルズ本館の「スペース オー」、京都は2020年1月9日...
来春開業をするJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」の構内に無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」1号店がオープンする。レジで「待つ/停止する」がない...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
オーストラリアで同性婚に反対する団体は、IT'S OK TO SAY “NO” (ノーという意見表明をしてもいいのですよ)という意見広告を掲げた。それに対...
大切な思い出が詰まったものだが、リユースには向かないアクセサリーや宝石などのカケラを「万華鏡」に生まれ変わらせるサービスを、ジュエリーの製造・販売を手掛け...
001 ジュエリーを主役にする 「シンプルな洋服」柄のない、シンプルな装いには、反対に装飾的で大ぶりなネックレスやブレスレットをつけて、コーディネートの主...
ビー玉のような実がついた、どんぐりモチーフのアクセサリー。かさの部分は本物のどんぐりが使用されていて、「レジン」と呼ばれる透明樹脂で出来た実の部分には、本...
goro’sは、原宿にあるインディアン・ジュエリーショップ。80年代〜90年代、渋谷で遊んでいた奴で、ゴローさんを知らない人はいない。そして、チーマーと呼...