けずって、みがいて、つくるカトラリー。DIYは「ひとてま」を楽しむ時間

手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。

「あこがれはあってもとっかかりがない」とか「どこから手をつけて良いものか」、といった人たちに向けたスターターキットに最適なものを見つけました。大切な人のためのDIY、それが自分のためでもあるんです。

自分でつくる木の道具を
ちょっとだけアシストする

DIYになかなか踏み出せずにいる人、もしくは工具を揃えたはいいが、実際に手をつけようとして二の足を踏んでいる人。その多くは、「どこから手をつければいいか」に悩んでしまう。では?

そもそも、何にしたってゼロからモノを生み出していくことって大変なこと。たとえ設計図があったとしても。例を挙げるならば木製のカトラリー。角材から削り出していくのは、DIY慣れした人ならともかく、“初めて”で挑むには少々ハードルが高い。

では、もしもノコギリも要らず、ぱちっと木枠から外すだけで、あとは道具と格闘しながらもスプーンがつくれるとしたら……。それができちゃうのが、自分の好きなかたちに、けずって、みがいて、つくる木のカトラリー「ヒトテマキット」です。

木枠から、ぱちっと外して
削って、みがいて

暮らしを自分でつくる人のための、国産材にこだわったオンラインショップ「みんなの材木屋」から販売されている、ヒノキのカトラリーキットに注目しました。

子ども用のお箸からスプーン、フォーク、バターナイフなど全15種類。写真の通り切り込みが入っているから、木枠から外すだけで、すぐに削っていくことができるというもの。もちろんノコギリも不要だし、テーブルの上だけで作業ができる点もDIY初心者にはうってつけ。

だけど、何から道具を揃えてよいものか。という人のために、必要3点セット「はじめるキット」(税込1,080円)の用意もあります。クラフトナイフ、刃先が丸型の彫刻刀、それと粗細両方のサンドペーパー、基本の道具はこの3つ。

あとは使う人や目的に合わせて、つぼ(すくう部分)や柄を削って、みがいていくだけ。

「みんなの材木屋」店長のマイコさんは、DIYしたスプーンで子どもたちが喜んで使ってくれる姿に、「ちょっと使いにくそうだな。もう少しあそこを削ってあげようかな」とその都度、微調整を加えてあげることができる点をメリットにあげています。こうした手間も慣れてくると心地いいもの、と。

これが完成のイメージ。ここまで上手くいかないことだってあるはず。けれど、それも楽しみのうちでしょ?デザートスプーンは2本セットで810円(税込)、サーバーフォークだって1,040円(税込)とお手ごろなので、「もう一回!」といった具合に何度リトライしたってOK。

これも大事なポイント。材料に使用されるヒノキは、間伐材から建材として利用された、さらに残りの端材でつくられたもの。ひとつとしてムダがないというのもいいでしょ?

暮らしのなかの“ひとてま”は
しあわせをつくる時間です

1日のうちの数十分、1週間のうちの数時間、時間をつくってものづくりにあたる。お気に入りの音楽をかけて、淹れたてのコーヒーを用意して、誰かの「おいしい!」を想像しながら、じっと木と向かい合う。

こうした暮らしのなかの“ひとてま”が、しあわせをつくる時間だとマイコさん。「つくる」が暮らしの一部になり、自分とも向き合うひとときになっていく。この「ヒトテマキット」からはじまるDIYが、ステキな自分時間のつくりかたまで教えてくれる気がしませんか?

Licensed material used with permission by みんなの材木屋

関連する記事

DIY職人とのマッチングサイト「Mr.DIY」が1/18にローンチ。専門スキルを持ったDIY職人が低料金で住環境をアップデートしてくれる。
何かを生み出したり、カスタムしたり、住まいをメンテナンスするその前に、揃えておきたい「便利グッズ」のご紹介!きっと、DIYが10倍はかどるはず。
ミリタリーテイストのDIYキット「ARSENAL TOOL」が登場。砲弾状のチタンメッキ加工を施した各パーツは、使い勝手はもちろん、男ゴコロをくすぐるデザ...
Facebookの新製品実験チームである「NPE Team」は、今月12日、アートや料理といったユーザーが趣味として楽しむDIYの写真を整理できるアプリ「...
フルEVとなって2023年に次世代モデルがデビュー予定の「ポルシェ マカン」が、今月10日にそのプロトタイプを公開した。
金網を製造する「石川金網株式会社」は、同社が製造する“純銅でできた金網”「おりあみ/ORIAMI」を用いたDIY銅マスクの作り方を公開中。同製品を購入して...
建築家集団「HandiHouse project(ハンディハウスプロジェクト)」が、自分好みに部屋をDIYして住むことができる賃貸物件「HandiApar...
新潟県燕市でステンレス食器を製造している〈ナガオ〉。いわゆる燕三条ブランドです。ここのカトラリーセットがすごい。
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
自分の好きなステッチを縫うことでオリジナルデザインを楽しめるDIYスマホケースは、100%堆肥化可能というのも人気の秘訣。亜麻と植物ベースの原料を用いた特...
25を超えるブランドが集結し、ファッションの楽しさが凝縮されたアダストリアグループ公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」が実店舗になって登場。「らら...
愛娘のためにパパが見せた本気のDIYが、アメリカで賞賛を集めています。その仕上がりも見事ながら、およそ18ヶ月もの時間をかけて、たった一人で作り上げたパパ...
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
再現度の高さには目を見張るものがあります。照明も日中と夜間で変えるなど、徹底的にリアルを追求。
これまでDIYに“どっぷり”できていなかったのは、どうしても製作しているときがピークに思えて仕方なかったから。満足度のハナシです。自作したものを使う喜び、...
ファレル・ウィリアムスが設立したレコードレーベル兼アパレルブランド「I Am Other」と、デザインスタジオ「Pentatonic」がコラボレーション。...
天然バイオマス系生分解性樹脂で作られた使い捨てのスプーンやフォーク、皿などのカトラリーセット「土に還る、防災カトラリーセット」が発売。
一過性のブームではなく、きちんとカルチャーとしてDIYが根付いている。なんでも自分で作っちゃう、海外の“DIY女子”はひと味違いますね。アメリカのティーン...
中古のライトバンに「IKEA」の製品を積んでキャンピングガーに仕上げたアメリカ人夫婦のプチDIY。
なんだかもう、子どもの頃から漠然と抱いていた「家のイメージ」と違いすぎて、拍子抜けしてしまいました。DIYできちゃうという驚異の手軽さ、圧倒的に短いリード...
自宅のガレージでカヌーを作りあげてしまったのは、オレゴン州在住のAdam Koekkoek。その制作技術は、もはやプロフェッショナルの領域に達しているよう...
アラスカ在住のAna Whiteさんは、限られたスペースを有効活用する様々なアイデアで人気のDIYブロガー。そんなAnaさんの新作は、どうにも子ども心をく...
2016年のクリスマスプレゼントはどんなラッピングを用意しましたか?中身は覚えているけど、包装までは覚えていないという人も多いのではないでしょうか。アメリ...
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
NY発のロブスターロール専門店「LUKE’S LOBSTER」より、ハロウィン限定のシーフードロールセットが発売。ロブスター、シュリンプ、クラブなどをオリ...
DIYが人気の昨今では、天井高など部屋の寸法を測る機会も増えたことでしょう。他にも、引越し時や模様替えで窓やドアの測定をすることもありますよね。そうしたシ...
カナダ、トロントのアーティストでのDorotaさんが作った新しい名刺は、なんと全くの白紙。実は光に透かす事で文字が浮かび上がるのだ。仕組みは簡単、文字をく...
医療現場の院内集団感染防止を目指し、90分あればDIYで組み立てられるプレハブ工法ハウス「EZDOME HOUSE」が、山梨「加田クリニック」に導入。入口...
部屋が手狭になってきたくらいの理由で、そう簡単に引っ越しできるものでもない。となれば、思い切って断捨離するか、もしくはDIYで模様替え。どちらにしても、そ...
ホームパーティ後、皆が帰宅した部屋はなんとも寂しい。誰もいないのに大量のゴミ。はぁ。片付けってほんと負担。けどこれならゴミも半減するし、地球にやさしくてと...