海の向こうのDIY事情。「水道管でデスクをつくる」、なんて朝メシ前な女の子たち

一過性のブームではなく、きちんとカルチャーとしてDIYが根付いている。なんでも自分で作っちゃう、海外の“DIY女子”はひと味違いますね。

アメリカのティーンが、いとも簡単にスタンディングデスクを作り上げていくこの動画、あまりの手際の良さに、ちょっとした憧れすら覚えてしまうかも。

総工費18,000円、
作業時間3時間だって?

リメイクが中心の日本のDIYには、そうそう登場しないような工具の使い方もなんのその。JessieとElleの二人組の軽やかな手さばきで、みるみるうちに仕上がっていきます。

12d6b23ec37c5527babd4831a7676b70c30dc5b77d0e9635a9a9c75bfb33da001ac5a65e8232cf23B9997672359527161fede5fdc6cb9c76f2c404e8F3d9be2e10d29449c5808c8229abb7db7d975995

結構厚みのある木材も、サーキュラーソーやサンダーを使って手際よくカットし、ガスや水道などに使われる鉛菅をつなぎ合わせて足を組み上げ、ハイできあがり。

作業にかかった時間はわずかに3時間。これをちゃっちゃか、早送りされる動画のなかで彼女たち、手こずった様子ひとつ見せないのだから。これが本場の“DIY女子”の実力ってやつ!?

自分で作れるかも…
この発想が出せる?

6bedff4eb04b3938a5e50dd81c7da3b2fa2ff1f8

国土交通省が建築白書のなかで試算した調べによると、アメリカの家のライフサイクルは平均して44年、イギリスにいたっては75年。ところが日本の家はというと、わずかに26年なんてデータがあります。

寿命の長い家を自分たちで補修しながら大切に使う。そんなことが小さい頃から当たり前に浸透しているからこそ、言葉だけでなく「なんでも自分で」が自然と備わっているのかもしれませんね。

必要なモノを「買おう」よりも先に、まずは「作れるかな?」、この発想に行き着くかどうか……道のりは決して険しくはない!と思いたい。

Licensed material used with permission by Home Made Modern
「Lucid Energy」が開発した発電システムは、インフラのひとつ「水道管」にタービン発電機を設置したもの。流れる水の力で発電できる。しかも、水質セン...
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
香港は世界有数の人口密集地。不動産の高騰も大きな問題になっています。とにかく住む場所がない!手軽でたくさんの人が住める集合住宅を作りたい!そんな切実から生...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
静岡の西伊豆の離島で開催される「MUJINTO cinema CAMP」は、無人島でキャンプをしながら映画を楽しむフェス。その最大の特徴は、参加者も含めて...
仕事や勉強で使うデスクは、ある意味「親友」のようなもの。長い時間、苦楽を共に過ごしていくわけだし、自分にとってのベストであって欲しいですよね。だけど、日本...
自宅のガレージでカヌーを作りあげてしまったのは、オレゴン州在住のAdam Koekkoek。その制作技術は、もはやプロフェッショナルの領域に達しているよう...
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
スタンディングデスクに初挑戦!という人はもちろん、サイズが4種類あるので座って使えるものも選べます。軽いので持ち運びが簡単。組立にも時間はかかりません。し...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
2016年のクリスマスプレゼントはどんなラッピングを用意しましたか?中身は覚えているけど、包装までは覚えていないという人も多いのではないでしょうか。アメリ...
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
これは、リサイクルやリユースと違って、ある素材を使って新たな用途を持たせることを指す「アップサイクル」を思わせる一例ではないでしょうか。ミネソタ州に住むジ...
デスクにあるボタンをポチっと押せば…、なんだか歯医者さんに行った時に案内される診察台みたいですが、ディスプレイやラップトップを固定できるフレームがあり、デ...
部屋が手狭になってきたくらいの理由で、そう簡単に引っ越しできるものでもない。となれば、思い切って断捨離するか、もしくはDIYで模様替え。どちらにしても、そ...
壁に向かって、ということなら話しは別だけど、それにしたって視界にはいろんな情報が入ってくる。たとえそれが自分の家だったとして。じゃない?
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
アラスカ在住のAna Whiteさんは、限られたスペースを有効活用する様々なアイデアで人気のDIYブロガー。そんなAnaさんの新作は、どうにも子ども心をく...
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
愛娘のためにパパが見せた本気のDIYが、アメリカで賞賛を集めています。その仕上がりも見事ながら、およそ18ヶ月もの時間をかけて、たった一人で作り上げたパパ...
取材やミーティングを除くと、基本的に1日中デスクワークのぼく。弊社はフリーアドレスを採用しているから、ちょっと業務が行き詰まると席を変えて気分転換するのだ...
「φ48.6」。これは、鉄の単管システムの企画寸法のこと。工事現場などで、鉄パイプを使った足場を見たことがある人も多いでしょう。岡山県のココホレジャパンと...
スマホ用製品の技術向上によって、物理的に見えなかった、壁の向こう側も見えるようになったようです。なんのために使うの?と思えても、アメリカでは数々のメディア...