住む場所がなさすぎて、ついに排水管を住宅として販売。(香港)

香港は世界有数の人口密集地。不動産の高騰も大きな問題になっています。

とにかく住む場所がない!

手軽でたくさんの人が住める集合住宅を作りたい!

そんな切望から生まれたのは、「排水管に住んじゃおう」なんていう奇抜なアイデアでした。

家がないなら
排水管に住めば良いじゃない!

33e941e53783c74380f1b3095c3f7ae2936ff7b9Dc6750f83bdc7dc9dd787a51e11c99a708e128d5

ビルとビルの間にびっしりと詰まった排水管は圧巻の一言。本当にここに住むの...? と思いきや、案外案外すっきりとした作りの住みやすそうな部屋になっています。

ファンタジー映画のような世界観ですが、香港の建築会社James Law Cybertectureによる「OPod」というマイクロ住宅です。

4f3425a30e619217aea9edcfa0c80f66629df0399dcb4574057853c1903eb459b0935445ac8a23d6

OPodは香港の地下の雨水排水管として実際に使用されている2.5mのコンクリートパイプから造られています。パイプの中には生活に必要なスペースを兼ね備えており、1~2人で暮らすことが可能です。

とても丈夫なコンクリート製のパイプなので、火災などで全焼する心配もなく、積み重ねてアパートのようにしてしまえば、街中の空いたスペースが居住空間になる...というコンセプト。

88dbc5db124c2004e2a7b1a740c59082c1bf4d84E0955cd81ca84433e4c0916bfbfc20f84ed629d7

デザイナーズマンションみたい!おしゃれ!という感じもしなくもありませんが、まあ、やっぱりどう見ても、排水管、ですよね...。

8297366c07e8f7794567151d4ab2963f7a7906b77e4e5ded902aa16bc846ef57b32eb2d55d65a0e8

リビングスペースやトイレだけでなく、キッチンやシャワー室もついているので生活にはまったく困りません。そのハイスペックさと外見のギャップがもはや笑えてきます。

安く一人暮らしをしたい人にはうってつけ、なのでしょうか…(笑)?

1961c9306ab797e06a4ef6427736dbc6b5df0adf

James Law Cybertectureは、建築、インテリアデザインをはじめ、ビルドサービスにおいて高い評価を受けています。国内はもちろん、ドバイやモスクワ、ムンバイ、ニューデリー、北京などで国際プロジェクトにも携わり、その独創性とアプローチ方法は世界中から注目されています。うん、たしかに独創的。

Beb3d85c7243eafdc3b0d3cdcbb44b5e7c3b4cbe

高架下を埋め尽くす排水管ハウス。ひとつひとつに誰かの営みがあるのだと思うと、香港という国の人口密度に、どうしてもゾッとしてしまいます(笑)。

Licensed material used with permission byJames Law Cybertecture International®
「インスタジェニックな香港」といえば、ヴィクトリア・ピークやシンフォニー・オブ・ライツで異論なし。だけど、James Wongは、単なるストリートにその美...
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
友人が教えてくれた香港の新しい楽しみ方は、トレッキング。今、情報感度の高い欧米人の間では、すでにメジャーになってきているらしい。調べてみると、複数あるコー...
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
磯臭いのに恐ろしくビールがすすむ、香港の「油菜」について。
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
植物の水やりには、水道水を使っている人が大半だと思います。でも、人が飲めるくらいキレイに濾過した水を植物にあげるのって、ちょっともったいないかも...!?...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
かさばるし重くて持ち運びに不便、そして氷の準備。この面倒をすべてを省いてくれるクーラーボックス!
10月末、LGBT+によるスポーツ・文化の祭典である「ゲイゲームズ」の香港開催(2022年)が決定。アジア初だ。これにより見込まれる経済効果は10億HKド...
「Lucid Energy」が開発した発電システムは、インフラのひとつ「水道管」にタービン発電機を設置したもの。流れる水の力で発電できる。しかも、水質セン...
靴は人間を支える大切なパーツ。靴にはお金を一番掛けた方がいいと俺は信じている。紳士靴を学ぶなら香港がベストだ。
バレンタインデーに合わせた企画として、香港でステキなLEDの光のバラが咲いています。Instagramにアップされた写真だけでも、うっとりするようなロマン...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
「φ48.6」。これは、鉄の単管システムの企画寸法のこと。工事現場などで、鉄パイプを使った足場を見たことがある人も多いでしょう。岡山県のココホレジャパンと...
「指を舐めたくなるほど美味しい('It's finger lickin'good')」は、同社のスローガン。まるで、エイプリルフールネタのようですが、ウソ...
JR中央線の武蔵境駅からバスで10分ほどの郊外に突如として現れる、色鮮やかな円筒と球体・立方体を組み合わせたアーティスティックな建築物。一見するとテーマパ...
何気ない街の風景を切り取ったデザインが、なんだか愛おしい。
香港にある「TUVE HOTEL」のアメニティが、LE LABOのものなんです。
一過性のブームではなく、きちんとカルチャーとしてDIYが根付いている。なんでも自分で作っちゃう、海外の“DIY女子”はひと味違いますね。アメリカのティーン...