そこに窓さえあれば。どこでも「スタンディングデスク」

出先で仕事をしたいけれど、カフェは満員だし、仕事ができそうなシェアスペースはなかなかコストがかかる…。いい場所が全然見つからない!

Deskview」は、そんな悩みに応えて作られた、窓さえあればどこでもスタンディングディスクを設置できちゃう、というアイデア。

どこにでも設置できるから
作業スペースに困らない

窓さえあれば、この通り。

オフィスで使えるのはもちろん。

自宅や、

コワーキングスペースや、

屋外でも利用できます。

作業面は約63×38cmで、ノートパソコンを置いても余裕があります。重さは約2.7kgと決して軽いと言えませんが、仕事を優先したいなら致し方ないところ。13インチのMacBook Airが約1.35kgなので、その倍。

使い方は
アイデア次第

デスクとしてだけではなく、ちょっとした台としても使えます。

観葉植物を置いたり、ミニテーブルとして使ったり、ペット用のベッドを設置することも。

あなたなら、どんな風に使いたいですか?

設置は4ステップで簡単

「Deskview」を置きたい場所にしっかりとゴムの吸引部を貼りつけ、順番にレバーを下ろしたら完成です。テストと改良を重ねているため、窓ガラスにあとがつくこともないそうです。

ただ、やっぱり気になるのが「いきなり外れたりしない?」という不安。

耐荷重は約54kgなので、こんな感じで人が乗っても大丈夫だとか。

木目調、ホワイト、クリア
どれにする?

デザインは3種類で、値段は、木目調とホワイトが165ドル(約1万9,000円)、クリアが195ドル(約2万2,000円)。

様々な場所で作業できる(しかも外の景色も楽しみながら!)「Deskview」は、現在Kickstarterで支援を募集中。パソコンの置き場所にいつも困っている人はもちろん、デスクに座りっぱなしだと体が痛くなって仕方ない人にもありですね。

Licensed material used with permission by Deskview
シンガポールのNanyang Technological Universityが開発したデバイスは、アクティブノイズキャンセリング機能があり、窓に取り付け...
この窓があれば、いつでも外の様子を感じることができて、日常の景色がちょっと明るくなるはず!
取材やミーティングを除くと、基本的に1日中デスクワークのぼく。弊社はフリーアドレスを採用しているから、ちょっと業務が行き詰まると席を変えて気分転換するのだ...
最近、話題となりつつあるのがオフィスで立ったままの姿勢で仕事をする「スタンディングデスク」。立って作業をして、本当に疲れない?そんなあなたもこれを知れば、...
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
Andre Goncalvesさんが窓の魅力に気がついたのは、今から8年前、2009年のこと。それ以来、ポルトガルを拠点に3,000以上の窓ばかりを撮影し...
自分の居場所と外の世界を隔てる「窓」。その向こうに何が見えますか?
ポルトガルのコワーキングスペース「Village Underground」は、クラブやスケートパーク、アートギャラリーに姿を変えます。
ビジュアルアーティストのJason Allen Lee氏が制作したWindowという作品。開いている窓からひたすらに他人の日常を撮影し続けています。「プラ...
縦型の27インチディスプレイの「Atmoph」は、壁にかけると窓のように見えインターネットに接続して世界各国の美しい景色を、映像と音声で楽しめるデバイスで...
2020年2月16日、ドムドムハンバーガー × BPMによるたった一日だけのコラボイベント「ドムドムが池尻大橋にやってきた!」を実施。当日の様子がこちら。
2019年1月31日からニューヨーク発ボストン、ダラス行きで運行が開始される、デルタ航空のエアバスA220-100型機。トイレに窓があり、快適な空の旅が楽...
Wi-Fiを完備しているバスや電車との差は大してありません。最新テクノロジーを採用した車体でもありません。だけど、ここで紹介する「NOVA」の存在は“変わ...
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
「都会は建物がひしめき合って、窮屈。部屋は狭いし、普段の生活の中で空を見上げる機会なんてほとんどない」。自身のHPでそう述べるのは、アルゼンチンの建築家A...
窓が汚くて雑巾で拭いたのに、まったく綺麗にならない。「あっ、反対側の汚れだったのか…」なんてことがあります。ここで、外に出て拭けるようならまだOK。でも、...
猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
レディー・ガガのInstagramに公開されたのは、ブリーチをかけた真っ白な眉に“すっぴん”で寿司屋を訪れたという1枚だ。
ニューヨークでは、厳しい暑さや寒さのなかで車内に取り残されているペットがいた場合、彼らを救助するために、車の窓を割って中に侵入できる権限を拡大する法律を可...
光を遮りたいから用いるブラインド。ところが、その性質を逆手にとった、こんなアイデア照明がありました。
物価の高いサンフランシスコで、駆け出しのフリーランサーには垂涎のコワーキングスペースが誕生しました。その名も「WePark」。
いつか買いたい、マグボトルの「Chameleon」。かなり入手困難です。人気がありすぎてではなく、クラウドファンディングに失敗してしまったから。
中央アメリカ・ベリーズの島にある、自然溢れるコワーキングスペース。大都会にあるソレと比較したらデザイン性や利便性の面では劣るけど、開放感は抜群。疲れたらハ...
スイスを拠点にするアーティストSimon Bergerさんが手がけたポートレートの紹介。