宙に花を生ける!? 窓に貼る花瓶「Kaki」がカワイイ

「窓に貼るフラワーベース」というコンセプトの「+d Kaki(カキ)」は、宙に浮いた状態で花を生けることができる不思議な花瓶。今までは「置く」ことしかできなかった花瓶が「貼れる」ようになったことで、部屋の印象もガラッと変わります。

柔らかい素材で
何度でも貼ってはがせる

PVC DESIGN AWARD2014の受賞作品を改めてディレクションして製品化した「Kaki」は、PVC(ポリ塩化ビニル)の特性を生かし、柔らかい素材で繰り返し貼ってはがせるのも特徴的です。つまり、様々な場所で花を生けることができます。小さなお子さんがいる人や、室内でペットを飼っている人にとっては荒らされるリスクもなくなり、かなり重宝するはず。

ガラスや鏡、タイルなどに
明るいアクセントを

素材としてのPVCは、透明性や接着性、難燃性、耐久性も高く、粘着テープを使わず簡単に貼ることができます。写真を見ると、まるで花が宙に浮いているように見えませんか? 重量は約14gととても軽く、手軽に配置変えができます。

ブルー、ブラウン、クリアの3色が展開されていて、1個あたり¥1,600(税抜)で販売中とのこと。

これまで花を生ける習慣がなかった人も、「Kaki」ならやってみたいと思うかもしれませんね。リビングやあなたの部屋を鮮やかに彩ってみては?

Licensed material used with permission by KONCENT
他の記事を見る
殺風景になりがちな部屋の壁には、「掛けられる花瓶」が正解かもしれません。テーブルや玄関に置かれることが多い花瓶。花のある生活が心を穏やかにしてくれるのは言...
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
誰でも花を美しく生けられる花器がありました。
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
行政も非常事態宣言を発令したり、フェンスを取り付けたりといろいろ手を打ってはいるそうですが、目立った効果はナシ。もう慣れちゃってるんですね、人に。
カナダのアルバータ州に住む夫婦のもとで暮らしているハンターくんは、幼い頃から新しいことに挑戦することがダイスキでした。約2年前、初めて絵を描いてみたところ...
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
初対面が苦手でも相手が思わず、それ何?と話しかけてくる個性的なラペルピンです。小さないお花を入れることで香りも楽しめます。お値段も5000円以下とお手頃で...
近年、日本よりも世界での注目度が高い盆栽。身近なインテリアや芸術作品として、自然を凝縮した「BONSAI」に傾倒する外国人が急増。そんな彼らでなくても、「...
ユニークで可愛いお尻型の花瓶。つるつるバージョンや毛深いバージョンなどもあり、見る人をくすっと笑わせてくれます。思わず視線を留めてしまうインパクト大なデザ...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
スーパーモデルたちに憧れて、誰でも真似できる簡単な「花盛りヘア」を考えた結果。髪の毛の中にペットボトルを仕込むという、斬新なヘアスタイルが生まれました。
それは植物のためのジュエリー。身近な器に入れて茎を挿すだけで、より華やかに、美しく演出してくれます。女性の中には、「こんなアイテムを待っていた!」なんて人...
なぜ?何のために?は、ここで問うてはいけません。ただ、感じるのみ(笑)
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
当方中年の男性です。だから、少々のことでは“カワイイ”とか言わない。無邪気に使うには抵抗がある言葉です。
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
ガスマスクを着けた匿名のアーティストMr. Flower Fantastic。彼は愛する「ナイキ」のシューズを花を使い、美しくアレンジ。
華道家にとって、花ばさみは欠かせない道具です。僕が使用しているのは〈有次(ありつぐ)〉の花ばさみ。包丁で知られる京都の老舗ですが、刃物屋なので、花ばさみも...