宙に花を生ける!? 窓に貼る花瓶「Kaki」がカワイイ

「窓に貼るフラワーベース」というコンセプトの「+d Kaki(カキ)」は、宙に浮いた状態で花を生けることができる不思議な花瓶。今までは「置く」ことしかできなかった花瓶が「貼れる」ようになったことで、部屋の印象もガラッと変わります。

柔らかい素材で
何度でも貼ってはがせる

PVC DESIGN AWARD2014の受賞作品を改めてディレクションして製品化した「Kaki」は、PVC(ポリ塩化ビニル)の特性を生かし、柔らかい素材で繰り返し貼ってはがせるのも特徴的です。つまり、様々な場所で花を生けることができます。小さなお子さんがいる人や、室内でペットを飼っている人にとっては荒らされるリスクもなくなり、かなり重宝するはず。

ガラスや鏡、タイルなどに
明るいアクセントを

素材としてのPVCは、透明性や接着性、難燃性、耐久性も高く、粘着テープを使わず簡単に貼ることができます。写真を見ると、まるで花が宙に浮いているように見えませんか? 重量は約14gととても軽く、手軽に配置変えができます。

ブルー、ブラウン、クリアの3色が展開されていて、1個あたり¥1,600(税抜)で販売中とのこと。

これまで花を生ける習慣がなかった人も、「Kaki」ならやってみたいと思うかもしれませんね。リビングやあなたの部屋を鮮やかに彩ってみては?

Licensed material used with permission by KONCENT

関連する記事

「Firevase」と名付けられたこの花瓶。実は、簡易消火具にもなるんです。使い方は簡単で、火元にこの花瓶を投げつけるだけ。いつも身近に置いておけるから、...
殺風景になりがちな部屋の壁には、「掛けられる花瓶」が正解かもしれません。テーブルや玄関に置かれることが多い花瓶。花のある生活が心を穏やかにしてくれるのは言...
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
誰でも花を美しく生けられる花器がありました。
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
イタリア・ヴェネツィアのムラーノ島を拠点にするデザイナーMatteo Silverio氏が、地元のガラス職人と協力し、形を変えられる花瓶「TOUCH-ME...
福井発のインテリアプロダクトブランド「MOHEIM(モヘイム)」と、ライフスタイルブランド「TRICOTÈ(トリコテ)」とのコラボレーションにより生まれた...
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
初対面が苦手でも相手が思わず、それ何?と話しかけてくる個性的なラペルピンです。小さないお花を入れることで香りも楽しめます。お値段も5000円以下とお手頃で...
一本の花や枝を主役にする一輪挿しの花器、それもちょっと個性の強いものを集めてみました。
近年、日本よりも世界での注目度が高い盆栽。身近なインテリアや芸術作品として、自然を凝縮した「BONSAI」に傾倒する外国人が急増。そんな彼らでなくても、「...
ガスマスクを着けた匿名のアーティストMr. Flower Fantastic。彼は愛する「ナイキ」のシューズを花を使い、美しくアレンジ。
スーパーモデルたちに憧れて、誰でも真似できる簡単な「花盛りヘア」を考えた結果。髪の毛の中にペットボトルを仕込むという、斬新なヘアスタイルが生まれました。
ユニークで可愛いお尻型の花瓶。つるつるバージョンや毛深いバージョンなどもあり、見る人をくすっと笑わせてくれます。思わず視線を留めてしまうインパクト大なデザ...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
ラジウム鉱石、ブラックシリカ、ゲルマニウムなどの温泉成分を配合したツボテープ「貼る温泉」が誕生。ツボや関節、リンパに貼るだけで、身体の芯からポカポカと温か...
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第4回は、薬膳カフェ日月の「花...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
当方中年の男性です。だから、少々のことでは“カワイイ”とか言わない。無邪気に使うには抵抗がある言葉です。
いつでもどこでもパパッと振りかけられるタブレットケース型の青花椒「金の太陽花椒」。
コスパも大事、デザインも重要。でも飽きずに使えたり、ちょっと気が利いてたり、そういう感覚でつき合えるIKEAのグッズをボクら目線で選んでみました。
おうちの中で植物を育てたり、ベランダやお庭で花や野菜を育てたりする時に、あったら便利だなと思うグッズを紹介している記事をまとめてみました。便利なだけじゃな...
なぜ?何のために?は、ここで問うてはいけません。ただ、感じるのみ(笑)
それは植物のためのジュエリー。身近な器に入れて茎を挿すだけで、より華やかに、美しく演出してくれます。女性の中には、「こんなアイテムを待っていた!」なんて人...
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
「EDIBLE GARDEN」とフラワーアーティストedalab.による体験イベント。来場者はレストラン内の「エディブルフラワーの花畑」から食用花とハーブ...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...