韓国伝統の「花茶」と「花酒」を知ってる?

Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。

第4回は、薬膳カフェ日月花茶」と「花酒」のご紹介。

不調にも効く「お花」が
グラスの中でフワッと咲きます

©2020 NEW STANDARD

韓国伝統の花茶(はなちゃ)は、茶葉を使用せず、花弁や花そのものを乾燥させ煎じて飲む「ハーブティー」の一種です。

日月の花茶には、季節特有の悩みや不調、それぞれの体調に寄り添ったラインナップがたくさんあるのですが、今回まず注目するのは「ブレンドティー 免疫力・抵抗力を高める」。

花茶のブレンドティー、「免疫力を高める」
©2020 NEW STANDARD

倦怠感や虚弱体質の改善、病後の体力増強時によく使われる、「元気になる」花茶を中心にブレンドされているのですが、ヨモギの香ばしさに青ミカンのほのかな柑橘系の香りがあり、味はゴボウのような根の風味と後味に甘みがあって、舌触りはトロッとまろやか。気を補い、体のエネルギーを高め、免疫力や抵抗力機能を高めてくれるのだそうです。

最近寝つきがよくないなぁ……と感じている人には「ブレンドティー 眠れない夜に」がおすすめ。

花茶のブレンドティー、「眠れない夜に」
©2020 NEW STANDARD

巡りを促す杏の花茶やハマナス茶、気持ちを鎮める梅花茶、見た目もかわいく目にやさしいマリーゴールド茶が贅沢にブレンドされていて、桜餅のような、ほんのり梅のような風味。からだを温めることで、自然にウトウト、心も体もゆったりとさせてくれます。

ちなみに、ボトルに焼酎などのお酒と入れて、1週間ほど寝かせて作る「花酒」のブレンドセットなんていうのもありますよ。夏はスッキリとロックで、冬は白木蓮のほんのりとした甘みが楽しめるお湯割りで。からだに良くておいしい薬膳酒が気軽に楽しめます。

カップやボトルの中でフワフワと浮かぶお花を眺めていると、気持ちもふんわり軽くなっていくはず。いろいろあるけれど、いつだってリラックスの時間は大事ですよね〜。

薬膳カフェ日月(HIGETSU)
https://higetsu.thebase.in/

Top image: © 2020 NEW STANDARD

関連する記事

フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
ガスマスクを着けた匿名のアーティストMr. Flower Fantastic。彼は愛する「ナイキ」のシューズを花を使い、美しくアレンジ。
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
いつでもどこでもパパッと振りかけられるタブレットケース型の青花椒「金の太陽花椒」。
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...