タブレットケースの中身は……花椒!?

美活、朝活、温活にサ活……。世の中にはありとあらゆる「〇活」があります。なかには、四川呂類や湖南料理などのシビれる辛さを楽しむ「マー活」なんてのも。

滝のような汗を流し、激辛料理を食べまくる。たんに唐辛子による「辛さ」だけあればいいってもんじゃない。そこに胡椒や花椒(ホアジャオ)由来の「シビれる刺激」が伴ってこそ。「麻辣(マーラー)」における「麻(マー)」を体感してこその「マー活」ですからね。

というわけで、マーに特化した極上のスパイスを見つけました。「いつでもどこでもシビれていたい!」という、生粋のシビレニストたちが必携する、今、大注目の花椒をご紹介。注目すべきは、“いつでもどこでも”な点。

専用タブレットケース入り
いつでもどこでも自在にシビれる。

©2021 NEW STANDARD
©2021 NEW STANDARD

マーに特化した極上のスパイス、それがカネカサンスパイス「金の太陽花椒」。約3回分の詰め替え用パックとケースがセットになっているんですが……コンパクトな携帯型ケース(だいたい6g入る設計)は、まさしくミントタブレットのそれじゃないか!

たとえば、ランチ時なんかに持ち歩いてもいいし、コンビニの麺類にもうワンパンチ欲しいと感じるようなとき、UberEatsで届いた料理にも。

サッと取り出して七味唐辛子やタバスコの要領、ちょい足し感覚で「パパっ」。いつでもどこでも、料理にさっと振りかけるだけで、極上のシビれに浸れるというわけですよ。

ポケットからスッ、カバンからサッ、ガラスボトルを携行するよりこっちの方がよっぽどスマート。機動性も抜群です。

舌先の麻痺こそ、快楽の極み。

©2021 NEW STANDARD

さて、パッケージもさることながら、特筆すべきは「シビれ」です(むしろ、そちらが本命)。

まあ、試しにケースからひとつまみして舌の上に置いてみてください。「お、思いの外さわやか」なんて感じた刹那、舌先に向かって突き刺すような「シビれ」の波が駆け、やがてそれは唇の裏をも刺激し、最後は粘膜を麻痺させる痛快なビリビリ感に襲われます。

ええ、それが堪らなく心地いいんです。自分のようなシビレニストにとっては。

厳しい自然環境が
極上の「シビれ」を生む。

ところで「金の太陽花椒」は、四川省金陽県産の「青花椒」を使用した花椒粉です。一般的な花椒とは何が違うのでしょう。

中国の花椒は、「赤花椒」と「青花椒」とに分類されます。山東省や四川省で主に生産される赤花椒は流通量も多く、ウッディな香りが特徴。これに対し金陽県産の青花椒は、爽やかな柑橘を連想させるシトラス系の香り。それでいて肝心のシビれは、赤花椒をしのぐビリビリ感。

雲南省にほど近い金陽県は、標高1000〜4000mの山岳地帯。日差しが強く日照時間も長い。また、普通の花椒が工場の機械で乾燥させるのに対し、この地では自然乾燥が基本。こうした地形的なメリットが、個性あるフレッシュな香りと、刺激的なシビれを生み出す源なんでしょうね。

「シビれ」を受け継ぎし民

ところで、パッケージデザインに描かれている民族衣装を纏った女性は、この地に暮らし、2000年も前から青花椒を作り続けてきた少数民族の彝(イ)族がモチーフ。

もともと貧しい土地で主たる産業も少なかった金陽県でしたが、青花椒の品質の高さが認められ、2016年、中国政府からの貧困支援が決定。今では「中国青花椒第一県」「青花椒のふるさと」に認定されているんですって。

価格は1080円(税込)。「金の太陽花椒」で検索してみて。

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
モヤモヤやイライラする気持ちを優しくサポートしてくれるサプリメントが、「UHA味覚糖」と「京都大学」の共同開発によって誕生。
ガスマスクを着けた匿名のアーティストMr. Flower Fantastic。彼は愛する「ナイキ」のシューズを花を使い、美しくアレンジ。
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
〈BARNEYS NEW YORK(バーニーズ ニューヨーク)〉で限定販売中のミントタブレット。
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
「EDIBLE GARDEN」とフラワーアーティストedalab.による体験イベント。来場者はレストラン内の「エディブルフラワーの花畑」から食用花とハーブ...
「gui」は、“花とあなたが出会う場所” をコンセプトに、さまざまな空間にお花やお花をつかった小物を届けるお花屋さんです。
ゲーム大国である日本でのオリンピック開催に伴って、史上初の“eスポーツのオリンピック”がいよいよ開幕!
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第4回は、薬膳カフェ日月の「花...
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
タブレット端末のようなこのアイテム。じつは世界最薄の弁当箱。プラスチックフリー社会実現のために開発された「MolaBox」です。
このタブレットの真価は、特徴的な使い方ではなく、使用後の口内の爽快感にあります。ミントでリフレッシュさせる……というのが、マウスウォッシュの定番ですが、「...
さて、ひとつ質問を。「あなたはタブレットユーザーですか?」Noと答えた人はこの記事を読み進める必要はありません。でも、Yesのあなたはマスト。だって、みん...
優しい口当たりのちりめんじゃこと、ピリッと効いた山椒の実を一緒に炊き合わせた、柔らかく優しい風味が特徴の「じゃこ山椒」。ちりめんじゃこも山椒も古くから京都...
初めて食べると驚くビリうま。山椒のように舌がしびれるジャンブーの花のピクルス(醤油漬け)です。不思議な感覚でおいしい!――ブラジルのお酒と料理 特集
華道家にとって、花ばさみは欠かせない道具です。僕が使用しているのは〈有次(ありつぐ)〉の花ばさみ。包丁で知られる京都の老舗ですが、刃物屋なので、花ばさみも...
弱冠19歳のフォトグラファーLean Lui。香港生まれの彼女が若い女性を被写体に表現する世界は、日本のあることわざに大きな影響を受けているのだという。
SNSで「#backthebluebonnetschallenge」のハッシュタグを検索すると、ブルーボネットのお花畑でポーズをとる米テキサス州の警察官た...
Phone XのCMにもその技術が起用された、幻想的すぎる映像作品をご紹介。Thomas Blanchard氏によるこの作品のメインとなるのは、花。題名は...
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
今回は表参道のニコライバーグマンカフェ「Nicolai Bergmann NOMU」でお花に囲まれたおしゃれ空間で女子会してきたで!snsで人気のお店って...
絶対に枯れない花「アーティフィシャルフラワー」をインテリアグリーンの延長に。
都内も近いうちに梅雨入りしますが、自宅でこのアイスキャンディをペロペロしながら、テキーラを飲めば、もう気分はたぶん、夏。
京都のうどん専門店が開発したアウトドアスパイス「MAKE9」