世界のトラベラー大絶賛。ありそうでなかった「スマホ・タブレットスタンド」

世界中のトラベラーが絶賛する、ありそうでなかったスマホ・タブレットスタンドが日本に上陸した。

「Airhook 2.0」は、旅行用品の品評、審査などをおこなう国際組織「Travel Goods ASSOCIATION」によって“2019年のもっとも革新的なトラベルグッズ”に選ばれ、「イノベーション賞」を受賞したプロダクト。トラベラーの移動をもっと快適にするために開発された、特許取得済みのカップホルダー付きスタンドだ。

わずか1分で、簡単に新幹線や飛行機の座席のトレーテーブルに設置できる。もちろん、特別な工具などは不要。トレーテーブルを使用すると座席スペースが狭くなり圧迫感があるが、これならゆったりと過ごせる。

©株式会社aimer
©Makuake

リクライニングシート用、あるいはデバイスや飲み物用に、より適した角度への調整も可能。目の高さに近い位置にデバイスを設置することにより、首や背中への負担を軽減し、快適な姿勢で視聴を楽しめる。

また、乗り物の座席だけでなく、さまざまな場所(平面)でも使用可能。底が平らになるように設計されており、デスクテーブルの上などでスマホやタブレットのスタンドとしても使えるようになっている。

オプションで販売されているクロスバーを使えば、自動車内での使用キャリーバッグへの設置も可能に。その柔軟性の高さは、世界のトラベラーが絶賛するのもうなずける。

現時点での価格は3780円(税込)〜、購入は「Makuake」にて。もっと自由に旅が楽しめるようになるそのときに備えて、ぜひ。

©Makuake
©Makuake
©株式会社aimer
Top image: © 株式会社aimer
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事