空のペットボトルが「花瓶」になるニット

福井発のインテリアプロダクトブランド「MOHEIM(モヘイム)」と、ライフスタイルブランド「TRICOTÈ(トリコテ)」とのコラボレーションにより生まれた「SILHOUETTE」。

フラットな真空のパッケージから取り出し、500〜600mlのペットボトルにかぶせると、花瓶として使えるように!

国内の高度で繊細なニット技術を用いて作られていて、部分ごとに異なる編み方に。かぶせたときの立体感やサイドギャザーのくしゃくしゃ感がかわいい。

裏表で反転する鮮やかなバイカラーが花そのものの可憐さを際立たせ、遊び心あるインテリア空間を演出してくれる。ペットボトルのほか、空き瓶のリユースにも◎。

花のある生活を、もっとサステイナブルに──。発売は11月1日(金)。

©株式会社プラスティックス
©株式会社プラスティックス
©株式会社プラスティックス
©株式会社プラスティックス
Top image: © 株式会社プラスティックス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Firevase」と名付けられたこの花瓶。実は、簡易消火具にもなるんです。使い方は簡単で、火元にこの花瓶を投げつけるだけ。いつも身近に置いておけるから、...
回収用に設置された自動販売機に空のペットボトルを入れるだけ。
スーパーモデルたちに憧れて、誰でも真似できる簡単な「花盛りヘア」を考えた結果。髪の毛の中にペットボトルを仕込むという、斬新なヘアスタイルが生まれました。
7月30日、「カリフォルニア交通局」がペットボトルをリサイクルした素材を使用し、オーロビルにある162号線を舗装したと発表。
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
素材はまさかのペットボトル12本のみで、豊富なポケットと必要なものをしっかり収納できる優れたサイズ感を実現した、地球に優しいハイクオリティなバックパックが登場。
イタリア・ヴェネツィアのムラーノ島を拠点にするデザイナーMatteo Silverio氏が、地元のガラス職人と協力し、形を変えられる花瓶「TOUCH-ME...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。