老舗メーカーの新作ニットにファッション界が注目。その名も「和紙の服」

東京・墨田区の老舗縫製メーカー「和興」が「第89回東京インターナショナルギフト・ショー春2020」で発表したニット製品にファッションシーンから注目が集まっている。

アパレルのサステイナビリティトレーサビリティが話題となるなか、同社がリリースした天竺ニットの素材、それは──和紙。しかも、100%和紙でできた、その名も「和紙の服」

和紙の原料であるマニラ麻は、葉に走る葉脈繊維から作られており、収穫後2年〜3年で再生を繰り返す。さらに、年間を通じて栽培できる植物であることから、環境負荷が少ない循環型の素材として注目を浴びている。

また、和紙は、吸湿性保湿性の両方を兼ね備えており、蒸し暑い夏には湿気を吸収、乾燥する冬には保湿し、過ごしやすさを実現。多孔質な繊維は抗菌消臭にも優れているという。

そして、老舗メーカーならではの技術は、和紙という素材を柔らかく滑らかな着心地の一着に仕上げている。

衣類のほとんどを輸入に頼っている現代の日本において、メイドインジャパンかつサステイナブルな「和紙の服」にファッション界が熱い視線をおくるのもうなずける。

©和興
©和興
Top image: © 和興
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクショ...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
すべてのものは進化するとはいうけれど、和紙もここまできているとは全く知らなかったんです、私。オンラインストア「うるわし」を知ったのは、某SNSでだったんだ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
NYCに拠点を置く企業「Wooln」は、バラエティ豊かなニット帽を作り出しています。
4月上旬に発売される「メイドインジャパンの和紙マスク」は、驚くべき使い勝手の良さと性能を秘めたハイスペックなマスクだった……
寒い季節、イギリスのスムージーに被せられる“ニット帽”。すべて手作りで、帽子、ダイナソー、ユニコーンなど種類は様々。高齢者支援の一環ですが、お土産として買...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「Happy99」はソーシャルメディア上のみで存在するアメリカ発の「バーチャルファッションブランド」。新作発表もバーチャルで発表。バーチャルインフルエンサ...
「Netflix」がオリジナルで制作を手掛けた初となるリアリティファッション番組『ネクスト・イン・ファッション』が公開中。司会にはモデルのアレクサ・チャン...
見た目のインパクト大!な「超極太ニット」。寒くなるこれからの季節に、ブランケットとしても使えると評判ですが、どうやら今年の超極太ニットは、さらにバージョン...
山梨県の「金長特殊製紙株式会社」が開発した「糸落水(いとらくすい)ガラス障子シート」のご紹介。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
ワシオ株式会社から発売されている「もちはだ」。特殊なブラシによって起毛させた生地は、ネーミングの通りのモチ肌のような触り心地で、保温力も抜群。アウトドアラ...
越前や美濃と並んで、日本三大和紙の一つとされる土佐和紙でつくった「土佐和紙プロダクツ」のご祝儀袋。かつては書籍や帳面などさまざまなものに用いられながら、洋...
ニットをハンガーにかけておいて、型崩れしたり、伸びたりした経験はありませんか?これからは、その心配は無用。長時間ハンガーにかけておいても問題ない畳み方を、...
世界的な権威を持つファッション雑誌のイタリア版『VOGUE ITALIA』は、2020年最初に刊行する1月号において「写真を使用しない」と発表。今月号では...
老舗インポートセレクトショップ「MAINE」の店長・島倉氏が「うっかりさん」にオススメしたい「ガンジーセーター」の特徴とは?