お尻より「愛」をこめて。

「何してんねん…!」以外のコトバが見つからない(笑)。

もう、視線釘付けのお尻、から伸びる花1輪。趣味の悪いジョークにしか見えない。見えないけれど、実のところはそうじゃない。このお尻にある思いが込められていました。

ツッコミどころだらけ
お尻でHIV患者を救う?

これは、イギリスのNGO団体Positive EastがHIV患者の支援・サポートを行うためのチャリティーグッズとして販売しているもの。カタチこそ「何してんねん…!」て、ツッコミたくて仕方ありませんが、製作サイドは大マジ。ひとつずつ愛情込めて手づくりされているそうです。

9d5b024b86c99a54aaa60fb0f542c85c6f5e277a

ご丁寧に(笑)お尻はブラウン、ピンク、イエローの3色、しかも“毛深いお尻”まで用意されていて。ちなみに、素材はセラミック製。

9bd40efacd2fef0244f9fd52083fe486edbe7bff

それにしても、何だってお・し・り?

どうしてもインパクトを与えたかった理由こそ、Positive Eastの活動を少しでも多くの人に知ってもらうこと。その背景には、HIV患者への理解とサポートの呼びかけがあるわけです。

おちゃらけデザインにすることで、ポジティブな気持ちで患者にも、支援者にもPositive Eastと関わってもらいたい、そんな思いがこのお尻に。だからもちろん、フラワーベースの収益金もすべてHIV患者のサポートやHIVを予防するための活動資金へ充てられます。

限定100個の販売予定は、多くの賛同を受けて150個に生産数を増加。発送まで時間はかかりそうですが、Positive Eastのホームページから1つ40ポンド(約5,800円)でこのお尻、購入することが出来ます。

5e74a28cf282bccbbf190b10c3eb9d3aede0c260

部屋を明るくしてくれるユニークなアイテムが、前向きに病と向き合っていくための象徴として、花を咲かせることでしょう。

Licensed material used with permission by The Arse Vase
殺風景になりがちな部屋の壁には、「掛けられる花瓶」が正解かもしれません。テーブルや玄関に置かれることが多い花瓶。花のある生活が心を穏やかにしてくれるのは言...
「窓に貼るフラワーベース」というコンセプトの「+d Kaki(カキ)」は、宙に浮いた状態で花を生けることができる不思議な花瓶。今までは「置く」ことしかでき...
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
2008年に、HIVに感染していると診断されたSamantha Dawsonさんは、有効なHIV治療を受けているので、人に感染させることはありません。治療...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
間違った情報を信じている人がいる限り、感染者への偏見や差別は終わらない。この現状を少しでも変えるべく、『Casey House』はシェフ全員がHIV陽性の...
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
自転車を室内に持ち込むわけだから、結局のところインテリアとどれだけ調和できるかがすべて。だけど、スチールものやハンガータイプはさもありなんで、どうしても部...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
ソウルのデザインスタジオ「orijeen」が手がけたこのキャビネットは、見る角度によって七色に変化します。部屋の中にあったら圧倒的な存在感を誇ること間違いなし。
ロンドンの街角に立つ目隠しをしたひとりの青年、Georgeさん。手には「私はHIV感染者です。私へのメッセージを書いてください」と書かれたボード。足を止め...
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
近年、日本よりも世界での注目度が高い盆栽。身近なインテリアや芸術作品として、自然を凝縮した「BONSAI」に傾倒する外国人が急増。そんな彼らでなくても、「...
この記事のテーマは「紅茶」です。でも、一般的な紹介とは違い、味には一切言及しません。だって、この「NOVELTEAS」は、飲みものとしてではなくむしろ、部...
仕事や勉強で使うデスクは、ある意味「親友」のようなもの。長い時間、苦楽を共に過ごしていくわけだし、自分にとってのベストであって欲しいですよね。だけど、日本...