壁にかけられる花瓶だっていいじゃないか。

殺風景になりがちな部屋の壁には、「掛けられる花瓶」が正解かもしれません。

テーブルや玄関に置かれることが多い花瓶。花のある生活が心を穏やかにしてくれるのは言わずもがな。でも少し場所を取ってしまうのも事実。

ミニマムなデザインの花瓶に生けられた花は、今までとは違う表情を見せてくれます。

キッカケは友人の習慣から

この花瓶「Mary's Vase」を作ったのは、デザイナーのSo Jung Leeさん。キッカケは友人のMaryさんが毎日小さな花瓶に花を生け、写真と共に一言添えるという習慣があったこと。そこからインスピレーションを受け、彼女のために花瓶を作れないかと思い、制作を始めたそう。

議論を重ねるうちに、フレームを作るという考え方を採用。あえて円の中に”空白”を作ることで、思わずお花を生けたくなるようにデザインされています。

So Jung Leeさんはこの花瓶を通して「毎日花を生けることで季節の移り変わり、さまざまな循環などを感じ、そして感謝して欲しい」と語っています。

日本からも買える

素材は無垢材を使い、大きさは約30cm x 約23cm。木の種類はブナ、ホワイトオーク、サクラ、ウォールナットの4種。日本への発送も可能で、値段は160ドル(約17,700円)。カスタムオーダーも受けつけています。

花のある生活を、壁から始めてみてはどうでしょうか?

Licensed material used with permission by Gregory Walker and So Jung Lee
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
「窓に貼るフラワーベース」というコンセプトの「+d Kaki(カキ)」は、宙に浮いた状態で花を生けることができる不思議な花瓶。今までは「置く」ことしかでき...
スーパーモデルたちに憧れて、誰でも真似できる簡単な「花盛りヘア」を考えた結果。髪の毛の中にペットボトルを仕込むという、斬新なヘアスタイルが生まれました。
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
花を美しく飾る、その目的のためだけにつくられた切り花のためのテーブルです
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
BMWの傘下であるデザイン・コンサルティング会社「Designworks」とアウトドアブランド「The North Face」が手を組み、キャンピングトレ...
画鋲がそのままフックになった「フック画鋲」。似たような便利グッズはいくらでもありますが、〈中川政七商店〉のものがベストだと思っています。まずフック部分が小...
ユニークで可愛いお尻型の花瓶。つるつるバージョンや毛深いバージョンなどもあり、見る人をくすっと笑わせてくれます。思わず視線を留めてしまうインパクト大なデザ...
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
初対面が苦手でも相手が思わず、それ何?と話しかけてくる個性的なラペルピンです。小さないお花を入れることで香りも楽しめます。お値段も5000円以下とお手頃で...
なぜ?何のために?は、ここで問うてはいけません。ただ、感じるのみ(笑)
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...
そんななかで『MONG MONT』は、インテリアの邪魔をしないという今までの考えではなく、むしろ壁に飾って見せるための<芸術性>を重視してつくられました。...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
ここにフックがあったら便利なのに……と思う場所に限って、吸盤やマグネットがつかなかったりしますよね。賃貸物件に住んでいる場合、壁に穴は空けられないし。
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
壁にかけておいて、ロールを引き出して使えるメモ帳。
仕事や勉強で使うデスクは、ある意味「親友」のようなもの。長い時間、苦楽を共に過ごしていくわけだし、自分にとってのベストであって欲しいですよね。だけど、日本...
気になったことを忘れないように書き留めておく。そんな本来の役割を全うするだけなら、何もこんなサイズである必要がない。だからこれは、インテリアとして飾るため...