平衡感覚を失う「壁掛けシェルフ」。

80年代に一世を風靡したルービックキューブ。あのイメージのまま平衡感覚を失いそうな壁掛けシェフルが登場しました。

一見すると、安定感がなさそうな見た目ですが、おそらくその辺りは大丈夫。まあ、実用性よりも奇抜さがウリでしょうけど!

奇抜なデザインと
絶妙なバランスが魅力

デザイナーのGeorge Bosnasさんは、この「Rubika」をデザインするにあたって、

誰もが知っていて愛着のあるルービックキューブというおもちゃに、モダンでおしゃれな要素を加えたいと思ったのが制作のきっかけです。モダニズムの精神に則って、三次元の視覚的な遊びの要素もふんだんに加えたデザインに作り上げたよ。

と語っています。

見るからにアンバランスで、デザイン性は高くても実用的ではないと思ってしまいがち。でも、よく見ると一つひとつのスペースに十分な奥行きが確保されていて、収納したものが転がり落ちてくる心配もなさそう。

サイズは二種類から選ぶことができます。

収納スペースが十分に確保できるので本棚として利用したり、お気に入りの小物を飾ったりなど用途もさまざま。何を置いても様になるのが魅力ですね。

大きなルービックキューブを中心に部屋のインテリアを考えてみるのも楽しいかもしれませんよ。

Licensed material used with permission by Anesis
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
ないと不便だけど、置いてしまうと急に部屋が狭くなる、棚。じゃあ、必要なときに必要な分だけ使えたらいいんじゃない?
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
フラワーデザイナーで、庭師のKim Fisher氏。彼女が手がけた壁掛けプランターが話題になっています。観葉植物を置きたいけど、部屋が狭くて置く場所に困っ...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
Googleマップの「ストリートビュー」が歪んでいるようなこれらの写真。じつは、すべて意図的に撮影されたもの。見ればみるほど平衡感覚が失われていく、違和感...
一般的な学習机って、棚や引き出しがゴテゴテ付いてて「いかにも子供用」って感じ。正直リビングにはあまり置きたくない存在。だけどこの「familia」なら、イ...
自転車を室内に持ち込むわけだから、結局のところインテリアとどれだけ調和できるかがすべて。だけど、スチールものやハンガータイプはさもありなんで、どうしても部...
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
安全性や耐久性、そしてインテリアとしてのフォルムのすべてを追求して生まれた本棚。特長はその堅牢性。丈夫な材料を組み合わせてできています。でも見た目はスッキ...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
ソウルのデザインスタジオ「orijeen」が手がけたこのキャビネットは、見る角度によって七色に変化します。部屋の中にあったら圧倒的な存在感を誇ること間違いなし。