しっくりくる「バイクスタンド」と、ようやく出会えた

自転車を室内に持ち込むわけだから、結局のところインテリアとどれだけ調和できるかがすべて。だけど、スチールものやハンガータイプはさもありなんで、どうしても部屋に“しっくり”納まる印象がなくて。だから、ぼくはこういう木製が好み。

主張しすぎてない
いい具合のモノとしての存在感

「バイクシェルフ」、「バイクスタンド」、「ディスプレイスタンド」、呼ばれ方も、素材も、形状もいろいろ。だけど過度な装飾が余計だったり、かと思えば合板っぽいチープさや、無意味にテカってたり。とにかくどっか余計に思えて、ちょうどいいってモノを見つける難しさを感じていた。

ガレージの壁に掛けるんだったらまだしも、白壁やインテリアのなかで落ち着いて見えるならば、断然こっちだと思うけどな。自転車が掛かっていないときのシュールな絵も、これならば想像しなくて良さそうだし。

2 TYPES OF MOUNTS

York Wall Mount(約7,800円)

Diamond Wall Mount-Natural(約8,500円)

素材はどちらもウィスコンシン州のレッドオーク。オーダーを受けてからつくりあげるハンドメイドものだそうで、このクラフト感が行きすぎてなくていい。この「ウォールマウント(Wall Mount)」、価格も日本円にして8,000円前後とこちらもいい感じだ。

接地面が少ない分、バランスを考えるならばやっぱりピストやクロス、クラシックな水平フレームでこそだろう。

Ono Cycleという名前から、てっきり日本のメーカーだと思っていたら、LAに昨年立ち上がったばかりのスタートアップだそう。で彼らのメインプロダクトはこれ以外にもうひとつ。同じく木製の「ハンドルバー」なんだけど、これがまたオリジナリティがあっていいんだ。

ね、どう。

興味ある人はサイトへGO。

Licensed material used with permission by Onocycle
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
フラワーデザイナーで、庭師のKim Fisher氏。彼女が手がけた壁掛けプランターが話題になっています。観葉植物を置きたいけど、部屋が狭くて置く場所に困っ...
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
無機質で男性っぽくてちゃんと清潔感があって、いい感じ。それだけなんだけど、この“それだけ”っていうのが、案外探してみるとなかったりする。
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
80年代に一世を風靡したルービックキューブ。あのイメージのまま平衡感覚を失いそうな壁掛けシェフルが登場しました。一見すると、安定感がなさそうな見た目ですが...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...