作る過程よりも完成後のほうが楽しい「DIYピンボール台」

これまでDIYに“どっぷり”できていなかったのは、どうしても製作しているときがピークに思えて仕方なかったから。満足度のハナシです。

自作したものを使う喜び、もあるとは思います。だけど、実際「それなら自分で作ろう!」から完成まででほぼ満足してしまい、その後が……僕だけじゃないと思うんです。

ならば、こちらはどうでしょう。このDIYキット、間違いなく完成したあとにピークが待っています

遊ぶのが待ちきれなくなる
自家製「ピンボール台」

93b637c71d4c2b601da2dcd207fad668bdcfbcfd

「キター、ハイスコア!」なんて彼らがバカ騒ぎしているかどうかはわかりませんが、最後はこんな感じで盛り上がれるはず。バーやゲームセンターにあるような、あのピンボールマシンをDIYできるキットが239スイスフランで登場。およそ2万7,000円というからなかなかの額です。

電飾ギラギラのリアル感は正直ないんだけど、自作っていう観点から考えれば、それなりにエキサイティングだと思うんですけどね。何より、アレンジ自在というのが魅力!

Ef19e5ef785e77e405c15aeb9e5fca10ac98e8cf5c0577fe1d0730a6c8a6fe847f589d314b1aef4bD93f0f122bb910464e0c8f4865ada74ddb06b6fd

付属のパーツを組み合わせるだけでも自分だけのピンボール台が作れるようですが、さらにコースの難易度を上げるには、オリジナルの障害物をDIYするという楽しみ方も。

D216235075cedca6f6e68ddbc895feac9ebf354fAe3f50df2dd8dc8bd26b58ab34404860739248877d3b13022f1397950646d769c03f7502e1df7bfe

例えば、トイレットペーパーの芯や厚紙でコースレイアウトするもよし、プラスチックの障害物を置くも良し。想像力次第で、遊び方は無限に増えていくっていうのが、無限にDIYを続けられるこのキット最大の魅力。

57b4961d5221ee9d81bfb696554f7c33be5d26e2D42ccf82a23254237df5abf9bdb8885916f367c7

室内インテリアと兼用させて、「観葉植物を配置」なんてアイデアもGOOD。

どうせなら、
「得点計算」もDIY

A06c327ee236f08e897a2017e1577db6551f61d4F23fa795f18c9f3e1036723a29ae8db79e8214ba

ここもポイント。付属の銅板を盤に設置して、専用アプリとBluetoothでつなげることで、得点計算までできてしまう優れもの(マイクロコントローラーは別売り)。ボールが銅板の上を通れば点が入る仕組み。どこにジャックポットを置くのかも迷いどころ。

Eb63759838dd9bdbb315246ea521d7900724a1577f54686ec5dafb62ce8bec24dc6914c9c7051501

さあ、お待ちかねのプレイタイム。

自宅はもちろん、オフィスに置いてあったら絶対盛り上がるだろうし、いい気分転換になるだろうなあ。

Licensed material used with permission by MAKE & PLAY
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
自宅のガレージでカヌーを作りあげてしまったのは、オレゴン州在住のAdam Koekkoek。その制作技術は、もはやプロフェッショナルの領域に達しているよう...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
自転車を室内に持ち込むわけだから、結局のところインテリアとどれだけ調和できるかがすべて。だけど、スチールものやハンガータイプはさもありなんで、どうしても部...
部屋が手狭になってきたくらいの理由で、そう簡単に引っ越しできるものでもない。となれば、思い切って断捨離するか、もしくはDIYで模様替え。どちらにしても、そ...
インテリアに関するワガママは考え始めるとキリがないですが、それを叶えてくれる家具は意外と形になっているものです。
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
大阪の紙製収納用品専門メーカー「バンドー株式会社」が作ったのは、Tシャツを同じ大きさで簡単にたため、本棚に収納できる「TATEMU」。いわば、“彼ら”に新...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...