作る過程よりも完成後のほうが楽しい「DIYピンボール台」

これまでDIYに“どっぷり”できていなかったのは、どうしても製作しているときがピークに思えて仕方なかったから。満足度のハナシです。

自作したものを使う喜び、もあるとは思います。だけど、実際「それなら自分で作ろう!」から完成まででほぼ満足してしまい、その後が……僕だけじゃないと思うんです。

ならば、こちらはどうでしょう。このDIYキット、間違いなく完成したあとにピークが待っています

遊ぶのが待ちきれなくなる
自家製「ピンボール台」

「キター、ハイスコア!」なんて彼らがバカ騒ぎしているかどうかはわかりませんが、最後はこんな感じで盛り上がれるはず。バーやゲームセンターにあるような、あのピンボールマシンをDIYできるキットが239スイスフランで登場。およそ2万7,000円というからなかなかの額です。

電飾ギラギラのリアル感は正直ないんだけど、自作っていう観点から考えれば、それなりにエキサイティングだと思うんですけどね。何より、アレンジ自在というのが魅力!

付属のパーツを組み合わせるだけでも自分だけのピンボール台が作れるようですが、さらにコースの難易度を上げるには、オリジナルの障害物をDIYするという楽しみ方も。

例えば、トイレットペーパーの芯や厚紙でコースレイアウトするもよし、プラスチックの障害物を置くも良し。想像力次第で、遊び方は無限に増えていくっていうのが、無限にDIYを続けられるこのキット最大の魅力。

室内インテリアと兼用させて、「観葉植物を配置」なんてアイデアもGOOD。

どうせなら、
「得点計算」もDIY

ここもポイント。付属の銅板を盤に設置して、専用アプリとBluetoothでつなげることで、得点計算までできてしまう優れもの(マイクロコントローラーは別売り)。ボールが銅板の上を通れば点が入る仕組み。どこにジャックポットを置くのかも迷いどころ。

さあ、お待ちかねのプレイタイム。

自宅はもちろん、オフィスに置いてあったら絶対盛り上がるだろうし、いい気分転換になるだろうなあ。

Licensed material used with permission by MAKE & PLAY
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
先月、スイスのジュネーブ市は市内の横断歩道を示す道路標識の半分を「女性モチーフ」に変更すると発表。これにより500の標識の約半分が女性をデザインしたものに...
自宅のガレージでカヌーを作りあげてしまったのは、オレゴン州在住のAdam Koekkoek。その制作技術は、もはやプロフェッショナルの領域に達しているよう...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
園芸店からライフスタイルショップまで、フェイクグリーン取扱店を厳選してご紹介。キーワードは「提案」。インテリアのお手本になるディスプレイも見どころです。
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
回転すしの「スシロー」が2020年秋から開催される「ドバイ万博」に出展することが決定。スシロー流のこだわりで日本の魅力を世界にアピールする。
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
11月29日、オランダ発のインテリアブランド「EICHHOLTZ(アイホールツ)」が、国内初のオンラインショップ&ショールームを神戸北野坂にオープンする。
日産自動車が「確実にカップインするゴルフボール」というキャッチコピーのゴルフボール「ProPILOT GOLF BALL」を開発し、8月22日にコンセプト...
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
「Pinhole Pro」は、デジタル一眼レフ用のレンズ。これを使えば、簡単にピンホール風の写真を撮ることができるのだそう。ピンホール写真は露出の操作がポ...
移動式ヴィンテージショップ「Blanche Market」のオーナー・Yuriちゃんとディレクター・Michelちゃん。ファンに愛される日常を知る「13の...
荒川リンジーがInstagramを使う理由とは?フィルム写真が趣味で、日常を切り取った写真の上にいま感じていることを書いてInstagramに投稿したとこ...
ロンドンのショーディッチにあるバー「Ballie Ballerson」。ここのフロアはどこもかしこもボールだらけ。DJが流す音楽はそっちのけでボールと戯れ...
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
部屋が手狭になってきたくらいの理由で、そう簡単に引っ越しできるものでもない。となれば、思い切って断捨離するか、もしくはDIYで模様替え。どちらにしても、そ...