捨てられたおもちゃを「キッズ用インテリア」に変えるプロジェクト

この記事で紹介するのは、ベルギーでリサイクルを推進する企業「ecoBirdy」によるプロジェクト。何をやっているのか?の説明の前に、彼らが行なった調査の結果に触れたいと思います。

「ecoBirdy」によれば、人気のあるおもちゃ(ミニカーなど)の90%がプラスチックでできているそう。さらに、使われる期間は平均たったの6ヶ月……。捨てられるおもちゃの80%は埋め立て地へと送られるとのこと。プラスチックごみ問題への関心が高まっている今だからこそ、たくさんの人がよくない状況だと分かるのではないでしょうか。

そんな課題を解決するために立ち上がったのが「ecoBirdy」です。彼らはゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収(すでに14,000個以上も集めているそう!)。そして、新しいキッズ用インテリアを製造しています。

デザインは丸みを帯びていて、子どもが怪我をしてしまうリスクを減らしている工夫が伝わってきますね。現在は主にイスやテーブル、ランプを販売中です。

Reference: ecoBirdy
Top image: © ecoBirdy
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
世界最大のラム酒ブランド「BACARDI」が、使い捨てプラスチックストローを回収して限定レコードにアップサイクル。
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
ガーナの企業が、プラスチックバックを道路として再利用する取り組みをはじめました。自然の影響を受けにくく、従来のアスファルトに比べて3倍は長持ちする新アイデ...
海で拾ったプラスチックのゴミでできたインスタレーション「Skyscraper」。9月16日までベルギーで開催されているアートの祭典「2018 Bruges...
テニスプレイヤー・大坂なおみ選手が、女の子のスポーツ体験を向上し、人生を変える「プレー・アカデミー with 大坂なおみ」を今月初旬に設立。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
「Cosme Kitchen (コスメキッチン)」や「ecostore(エコストア)」を運営する「マッシュビューティーラボ」が、使い終わったコスメ容器を回...
不要になった古着の子ども服を子どもたちから直接回収し、ドッグウェアに再生する「アップサイクルドッグウェアプロジェクト」。子どもたちに、物を大切にする気持ち...
「Helpper」は、シェアリングエコノミーの利点を介護に応用したサービス。身体に不自由を抱える人や高齢者は、家事や買い物の代行を頼めるようになっている。...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
サウナーに評判の長野県・野尻湖のサウナ施設「The Sauna」に2棟目が誕生。新たにオープンするサウナは2階建てとなっており、1階は涼しく、2階は暑いと...
オーダーメイドスーツを手がける「FABRIC TOKYO」が、“誰もが自分らしくサービスを利用できる未来をつくっていきたい”という想いから「FABRIC ...
8月12日、NIKEがアメリカ国内で「Nike Adventure Club」という2歳から10歳向けのキッズ用シューズを家に届けてくれるサブスクリプショ...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
紙製のストローや容器を採用するなど、脱プラスチックに向けた動きを展開しているイギリスのマクドナルド。それに対して、「ハッピーセット」のおもちゃも廃止すべき...
オランダのエネルギー企業ARNは、使用済みオムツをリサイクルできる工場の建設を始めました。
アップサイクルのパイオニア「FREITAG」のCEOであるOliver Brunschwilerにインタビュー。
「アーバンリサーチ」は、使われなくなったハンガーをシューホーンや新たなハンガーとして再生するアップサイクルプロジェクト「Re:hanger」を開始。