自転車大国オランダから、新たな「バイクスタンド」の提案。

駐輪場にある自転車スタンド。僕は当たり前のように使っていて、気にもかけたことがありませんでした。

だけど、オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんの考えは異なっていて、ルックスが「目ざわり」だと言います。この想いがあったからこそ、こんな画期的な発明ができたのでしょう。

普段は地中に埋まっている
「自転車スタンド」

Photo by Iris rijskamp
Photo by Iris rijskamp

日本でも、ミニマルな自転車スタンドは開発されてきました。例えば、前輪だけを固定するタイプや、サドルを引っ掛けるスタイルのもの。使いにくいというデメリットはないけど、強いて欠点をあげるなら、使っていないときに邪魔になってしまうことでしょうか。

この弱点さえも克服したのが、Milouさんの発明。仕組みは、画像でいう所の黄色い部分に自転車を運ぶと、シーソーのような要領で、前輪が地中に埋まり、後輪はスタンドが倒れないようにサポートしてくれるようです。

Image by Abscis Architects / Thomas de Bruyne

10月のDutch Design Weekで取り上げられるやいなや、様々な自治体が導入を検討しているそうです。

よくよく考えてみると、渋谷などの歩道沿いにある駐輪スペースって、乱雑に自転車がとめてあるから見た目は綺麗ではないかも。となると、これがあるだけで駐輪の仕方も統一できるし、何と言っても、使ってないときは邪魔にならない。

日本でも、これが採用される日が来てほしいな〜。

Licensed material used with permission by Milou Bergs
他の記事を見る
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
オランダ・ティルブルフで1月にオープンした図書館「LocHall」の前身は、電車の駅です。使われなくなった場所からみんなの集まれる場所へとリノベーションさ...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
遠くから見ると自転車だが、どうやらペダルは漕いでいない。では、自動で走る電動スクーターなのか?といえばそれも違う。ドライバーはその乗り物の上を"歩いている...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
自転車を縦にして飾れるサイクルスタンド、「Vertik」の紹介です。
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
茨城県・つくば市にあるサイクルショップ「tascycle(タスサイクル)」の店長・福田さんは、東京のおしゃれタウンで働いていたけど、つくばが気に入って移住...
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
「これは一体?」と思った移動手段を見つけてしまった。ありそうだけど、これまで見たことがなかった、タテに移動する自転車だ。「Vycle」と名付けられてはいる...
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...