中国、自転車シェアリングの意外な主人公。

仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。

そんな自分にとって中国の変化のスピードは、もはや当たり前。何を見てもいちいち驚かなくなりました。

「経済発展」や「デジタル化」、そして「急速な社会的成熟」。

日本国内でもよく耳にするであろうこれらのワードは間違いなく中国の真実です。だけど、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変化じゃなくて、普通の人たちの変化への対応っぷりです。

今回は、そのなかでも自転車のシェアリングサービスについて書いてみたいと思います。 

ランニング姿のオジサンだって、シェアリング!

中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。

今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとして、ここ北京では随分前から色とりどりのシェアリング自転車を街を席巻しています。

中国といえば自転車というイメージ。その大量の自転車が、今やどんどんシャアリング自転車に取って代わっています。

この夏もランニング姿のオジサンが、しげしげと自転車を眺めていたかと思うと“よっしゃ使ったるか!”と決心。恐る恐るスマホをかざして、自転車にまたがっていくのをしばしば目撃しました。

別の日には、若い女の子が使うのを横目で見ていたオバサンが、唐突に“やり方教えて”と声をかけ、スイスイ自転車に乗ってさっていきました。

あと、小学生が遊びに使って、2人乗りしてコケてたりとか。

こうして次々にみんなが参戦してきます。“お〜! 乗れた〜!”と拍手を送りたくなるような光景です。

とにかく誰もがやってみる感覚であれよあれよと使い始め、あっという間に浸透しました。利用者もさまざまで、利用目的も多岐にわたります。

主人公は「意識していない系」。

そんな光景を日常で目の当たりにしていると、北京の街全体が新しいことの実験場のようにに思えてきます。ちょっとした近未来SFの中にいるみたい。

日本では“次世代のスマートなビジネス”というイメージが強いシェアリングサービスですが、北京では本当に普通の生活者がもっとも使いこなしています。人々にみなぎる“なんか新しいモノがあるなら、使ってやるぞ”という前のめりなスタンスこそが、この街を進化させている気がします。

私は、そんな人々に尊敬を込めて「意識していない系」と呼んでいます。私自身、「意識高い系」よりも、そうありたいとう気持ちも込めて。

進化ってそういう人たちのためのものじゃないとね!

ここで紹介する『アイカサ』は、傘のシェアリングサービス。ゲリラ豪雨でも、台風でも、ビニール傘を買わなくて大丈夫なんです。
「earnest」が2年間分のユーザー(匿名)のデータをみて、9種類のサービスの月収を、ランキング形式でまとめているのを発見。あくまでアメリカでの話で、日...
「Carstay」は、クルマで旅をしたいトラベラーと駐車場や空き地を貸して収益化したいホストをつなぐシェアリングサービス。アプリで現在地や目的地を入力し、...
ポルトガルでも、電動スクーターのシェアリングサービス「Lime」が人気を集めつつあります。彼らの発表によると、ダウンロード数も増えていて、トラベルカテゴリ...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
電動キックボードのシェアリングサービスを展開する「LUUP」は、サービス拡大に向けた新しいプロジェクトを発表。7月1日から、静岡県浜松市の農業公園「はまま...
北京に行った時、大気汚染で最も深刻な状態を表す「赤色警報」が出ていた。日の光がスモッグで霞んでオレンジがかり、午前なのにまるで夕方のような光景だったのを覚...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
先日旅行で廈門市を訪れましたが、そこで利用したトイレが以前北京で経験した「ニーハオトイレ」と違いすぎて驚きました。リゾート地だったからかもしれませんが、中...
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
上海や深センの摩天楼とは異なり、最近は伝統建築のリノベーションが目を引く北京。ここで取り上げる「东四胡同博物馆」という博物館でも、伝統とモダン要素を調和さ...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
「仕事が忙しすぎて、部屋の掃除や洗濯ができない…」「大きな本棚を買ったんだけど、思ったより組み立てが難しくて…」普段の生活で、こういった“ちょっとした困り...
日本でも『LINE』などでグループチャット機能を使っている人は多いと思います。中国でもグループチャットは盛んで、仕事でも当たり前に使われています。