新型コロナ影響の飲食店を「配達スタッフ」受け入れで支援

飲食店をサポートする仕組み作りは、同じ外食産業から──。

日本最大級のデリバリーサービス「出前館」と、宅配寿司「銀のさら」などを運営する「ライドオンエクスプレス」が、飲食店で働く従業員(アルバイトスタッフなど)の雇用機会を新たに創出することを発表した。

「飲食店向け緊急雇用シェア」と名付けられたこのサポート。臨時休業や営業縮小を余儀なくされた店舗の従業員たちの短期的な雇用確保と、今後の増加が見込まれる出前需要に対する人員不足を補うという両面で難局を乗り越えようというのが狙いだ。

従業員の受け入れを希望する飲食店に、受け入れ先の有無を調整、雇用機会を支援するだけでなく、飲食店の雇用ニーズが回復した際には、従業員の再募集に影響が出ないよう、速やかに復帰できる体制も整えるという。

休業中の飲食店の従業員を配送スタッフとして一時的に雇用する。利害の一致を超えて「フードビジネスの今」を乗り切るシェアリングエコノミーができようとしている。

Top image: © iStock.com/vgajic
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
WEBサイトからドリンクボトルを注文し、ボトルキープができるプロジェクト「Bottle Keep Tokyo」がスタート。元気をくれた馴染みある飲食店を支援
新型コロナウイルスの影響で苦境に立たされている飲食店。そんな飲食店を救うための食券の事前購入サービス「Ticktime(チケッタイム)」をご紹介。
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
「あなたがいちばん感動した本を、ください」。そんな呼びかけをして関東地方のとある森のなかに「青空図書館」を作ろうというプロジェクトが始動した。本の寄贈は、...
新型コロナウイルスの影響により窮地に立たされている地元飲食店を支援するため、渋谷区恵比寿の情報を地域密着型で配信するWEBマガジン「恵比寿新聞」が、テイク...
6月初旬、ニューヨーク市のデブラシオ市長は、路上や駐車場のスペースを活用しての飲食店の営業を許可する旨のイニシアチブを発表した。with/afterコロナ...
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
外出自粛などで今は行けないお気に入りの飲食店に食事代を先払いし、将来食べに行こうという活動を支援するプロジェクト「さきめし」。今回「サントリー」が、継続的...
飲食業界を救うため、NYの醸造所がビールのレシピを公開。世界中の同業者が同じビールを作り、売上の一部を飲食業界に寄付するプロジェクトを立ち上げた。
コロナ渦の中で生まれた、新しい言葉をご存知ですか?いつの時代でも新しい言葉は生まれるもの。今回はコロナがきっかけで広がったソーシャルディスタンス、ソーシャ...
放送開始から50年、ほとんど再放送なしで2500話以上やってきたこと自体あっぱれ。国民的家族の日常が一日も早く戻ってきますように。
新型コロナウイルス感染拡大のなか苦境に立たされる外食業界。料理の「先払い」によりレストランをサポートしようという動きが続々と。
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
岐阜県大垣市で枡の製造・販売を手掛ける「大橋量器」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅で飲む「宅飲み」を促す「わたしたちはコロナに負けずおうち時間...
ワイキキ、カラカウア通りを臨む360度回転式レストラン「Top of Wikiki」が55年の歴史に幕を下ろした。コロナショックの影響が大きく、営業再開に...
プリン、キャラメル、チョコなど、おやつの香りがするマスクのご紹介。
レトロなPCのようなコロンとした見た目のワイヤレススピーカー「DITOO」がかなり万能。ピクセルアートの作成やリマインダーなどの機能を搭載している。
イギリスのボリス・ジョンソン首相は、イングランドに住む単身者、または18歳未満の子どもがいる一人親を対象に、現地時間の6月13日から「別の一世帯の家での滞...
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
アメリカ発の口コミアプリ「Yelp」は、新型コロナウイルスの経済的影響を報告書にまとめて発表。同アプリにおけるユーザーの検索状況を見ることで消費者の需要の...
新型コロナウイルスの感染拡大によって影響を受けている飲食店、宿泊施設、興行事業者、アーティストを応援するお題企画を「note」がスタート。足を運べなくても...
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。