「ボトルキープ」で馴染みの飲食店を支援!WEBで完結する話題のプロジェクト

家にいながらWEBサイトからドリンクボトルを注文し、ボトルキープするプロジェクト「Bottle Keep Tokyo」がスタート

同プロジェクトは、おいしいご飯とお酒、リアルなコミュニケーションで私たちに元気をくれた馴染みある飲食店の支援が目的。

すでに先週10日から、東京、大阪、神奈川、茨城、福岡、宮城、埼玉、千葉の8都府県の飲食店の登録がはじまり、4月14日からはボトルキープによって支援ができるように。利用できる店舗や地域は順次拡大予定だ。

支援者は各お店のボトルメニューを選択し、名前やメッセージを添えられるようになっている。これは、金銭的支援だけでなく、いつものお店に「またいくね」という気持ちを最大限伝えられる方法として考えられたもの。

ボトルキープなんてしたことないという人も、これなら意義があり記憶に残る初体験ができるのでは?

©スパイスファクトリー

『「Bottle Keep Tokyo」プロジェクト』
【WEBサイト】
https://bottlekeep.tokyo/

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

新型コロナウイルスの影響により窮地に立たされている地元飲食店を支援するため、渋谷区恵比寿の情報を地域密着型で配信するWEBマガジン「恵比寿新聞」が、テイク...
外出自粛などで今は行けないお気に入りの飲食店に食事代を先払いし、将来食べに行こうという活動を支援するプロジェクト「さきめし」。今回「サントリー」が、継続的...
新型コロナウイルスの影響で苦境に立たされている飲食店。そんな飲食店を救うための食券の事前購入サービス「Ticktime(チケッタイム)」をご紹介。
飲食店即時予約サービス「TABLE REQUEST(テーブルリクエスト)」がInstagram上で即時予約できる新たなサービスの提供を10月12日より開始した。
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、休業、営業縮小を余儀なくされている飲食店を支援すべく、「出前館」と「ライドオンエクスプレス」が飲食店従業員(アルバ...
飲食業界を救うため、NYの醸造所がビールのレシピを公開。世界中の同業者が同じビールを作り、売上の一部を飲食業界に寄付するプロジェクトを立ち上げた。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。