「ボトルキープ」で馴染みの飲食店を支援!WEBで完結する話題のプロジェクト

家にいながらWEBサイトからドリンクボトルを注文し、ボトルキープするプロジェクト「Bottle Keep Tokyo」がスタート

同プロジェクトは、おいしいご飯とお酒、リアルなコミュニケーションで私たちに元気をくれた馴染みある飲食店の支援が目的。

すでに先週10日から、東京、大阪、神奈川、茨城、福岡、宮城、埼玉、千葉の8都府県の飲食店の登録がはじまり、4月14日からはボトルキープによって支援ができるように。利用できる店舗や地域は順次拡大予定だ。

支援者は各お店のボトルメニューを選択し、名前やメッセージを添えられるようになっている。これは、金銭的支援だけでなく、いつものお店に「またいくね」という気持ちを最大限伝えられる方法として考えられたもの。

ボトルキープなんてしたことないという人も、これなら意義があり記憶に残る初体験ができるのでは?

©スパイスファクトリー

『「Bottle Keep Tokyo」プロジェクト』
【WEBサイト】
https://bottlekeep.tokyo/

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、休業、営業縮小を余儀なくされている飲食店を支援すべく、「出前館」と「ライドオンエクスプレス」が飲食店従業員(アルバ...
飲食業界を救うため、NYの醸造所がビールのレシピを公開。世界中の同業者が同じビールを作り、売上の一部を飲食業界に寄付するプロジェクトを立ち上げた。
外出自粛などで今は行けないお気に入りの飲食店に食事代を先払いし、将来食べに行こうという活動を支援するプロジェクト「さきめし」。今回「サントリー」が、継続的...
新型コロナウイルスの影響により窮地に立たされている地元飲食店を支援するため、渋谷区恵比寿の情報を地域密着型で配信するWEBマガジン「恵比寿新聞」が、テイク...
インターネット農学校「The CAMPus」が日本初となる「コンパクト農家の育成」に特化したオンラインスクール「コンパクト農ライフ塾」の第2期生の募集を開...
新型コロナウイルスの影響で苦境に立たされている飲食店。そんな飲食店を救うための食券の事前購入サービス「Ticktime(チケッタイム)」をご紹介。
「Vitantonio」の「TWISTEA(ツイスティー)」は、ティーポットとタンブラーの機能を備えたティーボトル。オフィスや外出先でも、手間をかけずに日...
サッポロビールが取り組む「ほっとけないどう」プロジェクトの一環として、札幌市の常設BARでスタートした「カンパイ・ファンディング」。乾杯分の売り上げの一部...
「インスタ映えする料理」や「絶品グルメ」がもてはやされる時代に、あえて「普通の味」であることをよしとするグルメ本がある。
「LARQ Bottle」は、UVライトを使用した自浄システムを搭載したボトル。毎日洗う必要がないので、オフィスでの使用などに最適!
世界初、完全食のチョコレートが誕生した。各種ビタミンやミネラルなど27種類の栄養素をふんだんに使用し、栄養たっぷりの食材ばかりで作られた「andew」は現...
「VSSL フラスク2.0」は、お酒などのドリンクを入れられるボトルでありながら、懐中電灯としても使えます。
JR渋谷駅山手線外回りホームにて、無人のラーメン店「モッチッチ ステーション」が期間限定でオープンする。同店は、店舗運営から店内掃除まで、全てが無人で行わ...
「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日からリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮...
、生活の場が飲食店という幼少期の実体験から学んだ人生観がおもしろい!飲食店におけるルールなれど、どんな仕事にも通づる大切にすべきことがあります。
スペイン・バレンシアにある人気の日本食チェーン「Kento」。店内は竹や木々を連想させるグリーンとブラウンの配色。飲食スペースの一部は壁一面が窓になってい...
5月16日、NASAが長期間の隔離生活が心身に及ぼす影響を調べるために、ロシア・モスクワでおこなわれる実験の参加者を募集し始めた。これは月や火星への有人飛...
「コールマン」のBBQグリルシリーズの電動ファン付き新モデル「クールスパイダープロ/L ファン」があれば、スマートにBBQを楽しめそう。
ユーザー、飲食店の双方にテイクアウトに対する需要が高まるなか、レストラン検索・予約サイト「食べログ」が「テイクアウトができるお店」の情報発信を4月7日より...
三軒茶屋の古民家の並びにひっそり佇む 築50年の旧診療所をリノベした「ブルーボトルコーヒー」Blue Bottle Coffee 三軒茶屋カフェ〒154-...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
なんでも、飲食店から料理を持ち帰るための容器がなかったことから、この食パンに詰め込んじゃえ、っていうスタイルが始まったそうですが、それにしてもワイルドですよね。
新型コロナウイルス感染拡大のなか苦境に立たされる外食業界。料理の「先払い」によりレストランをサポートしようという動きが続々と。
航空・軍事など幅広い分野で採用されている"温度制御素材”により、100℃の沸騰したお湯を、たった1~2分で約55℃まで冷却できるボトル「DOCA」。電力も...