飲食事業者を支援!「フードトラック開業」のためのサブスクが提供開始

飲食店の在り方の大転換が問われるなか、テイクアウト、デリバリーに対応可能で、人のいる場所に移動して営業できるフードトラックの需要が増している。

この社会状況を受け、日本最大級のモビリティビジネス・プラットフォーム「TLUNCH」を展開する「株式会社Mellow」が新たなサービスの提供を開始した。

「フードトラックONE」は、フードトラック開業希望者に向けたサブスプリクションパッケージだ。

車両は850店のフードトラックと提携し、全国230ヵ所でフードトラックのランチスペースを展開するMellowと、創業から1500台のフードトラックを作り続けてきた「株式会社あいあんクック」の知見を結集した高品質モデル

頭金159万円(税込)に月々の支払い81,000円で、保険料・車検代も込み。車両は5年後のリース契約満了時に安価で購入可能だという。

加えて、開業準備期間には事業計画や店のコンセプトに関する相談に、開業後には営業に関する不安や疑問に答える完全サポート体制で経営をバックアップしてくれる。

低リスクでフードトラックを開業でき、安心して事業を継続できるメリットがある「フードトラックONE」。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける飲食事業者にとって、強力なサポートとなりそうだ。

© 株式会社Mellow
© 株式会社Mellow
Top image: © 株式会社Mellow
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事