ゲレンデで仕事ができる、オフィス搭載「軽トラック」

仕事をしながら息抜きにゲレンデで遊んだり、ナイター設備のあるスキー場で、満天の星空を見ながら仕事を行ったり。

そんなこともできてしまう、軽トラックに搭載可能なワーケーション用オフィス「モバイルワークステーション」の実証実験が、2021年1月12日から妙高市でスタートした。

新潟県妙高市ダイハツ工業株式会社、株式会社NTTドコモ、青山社中株式会社によるこの実証実験は、新型コロナウイルス感染症によるテレワークの拡大や、政府によって提唱されている「ワーケーション」などによる観光市場の拡大対策といった近年の状況を踏まえ、「車に乗って好きな観光地で、好きな時間に働くことができる、新しい働き方の有効性と課題」を検証するもの。

実験期間が冬季中のため、今回のターゲットユーザーは、スキー・スノーボード愛好家となっており、彼らには、モバイルワークステーションを載せた軽トラックを使って、妙高市内にあるスキー場などでワーケーションを行ってもらい、観光などのアクティビティとしての使い方も含め検証していくとのこと。

希望する場合は、妙高市内の「ニコニコレンタカー妙高高原店」で予約ののち 、 店舗 または妙高高原駅前のロータリーで、モバイルワークステーションを載せた軽トラックをスタッフから引き渡してもらう。

料金も自動車保険込みで6時間2,420円、12時間2,635円、24時間4,070円から選べるので、これを機にワーケーションを試してみるというのもありかもしれない。

©ダイハツ工業株式会社
Top image: © ダイハツ工業株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

日本最大級のフードトラック・プラットフォーム「TLUNCH」に、「2020年のフードトラックトレンド」を教えてもらいました。
11月10日から山梨にある「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」に、スキー場のゴンドラを再利用したプライベートオフィス「テレワークゴンドラ」が登場する。
この「Honomobar」は、使われなくなったコンテナを改装したもの。完成後そのままトラックでここへ運ばれ、ポンと置かれているだけ。
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
「株式会社Mellow」が提供を開始した「フードトラックONE」は、フードトラック開業希望者に向けたサブスプリクションパッケージだ。
8月22日から開催される東急ハンズの夏の一大イベント「ハンズメッセ」にて、渋谷店のスペシャルイベントとして「TRAVELHOUSEキッチンカー」が発売記念...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。