「オフィスワークあるある」14選。大体しんどくて、時々楽しい。

オフィスで働く日々の「あるある」をミニチュアの世界で表現するフォトグラファーDerrick Lin。中身のない定例ミーティングが億劫だったり、終業時間を迎えたとたん会社を飛び出す姿だったり…だれもが共感できる日常をどうぞ!

オフィスワークって
大体こんな感じだよね。

めまぐるしく過ぎ去った日のご褒美に、馴染みのバーでひとりしっぽり。

出たくもない定例会議に向かう私たちって、さながら羊飼いに追い回される羊の群れのよう。

ミーティングのアジェンダを乗っ取られた時にできることといったら、事の成り行きをそっと見守ることくらい。

多数派の意見に流されないようにすることの、なんと難しいことよ。

締切りギリギリ間に合った!今日はデートに出かけよう!

KPI、MVP、ROI…暗号のようなビジネス単語の解読に、いつも手こずるんだよなぁ。

新入社員にとって、上司のスピードについていくのはハードなこと。日々、鍛錬あるのみ。

ランチは、仕事の合間のオアシスタイム。

スマホばっか見てると、ほらっ危ないよ!

すべてのタスクが片付いた時の達成感は、何ものにも変えられない。

仕事が終わって帰路につく時の勢いは、誰にも止められないゾウ。

仕事を進める上で、近くの人と話さなきゃいけないのはしょうがない。でもせめて、スマホくらいはミュートにしてくれないかな〜。

素晴らしいことなんだけど、自分の功績を見せびらかす同僚って、何を考えてるんだろう。

上司の機嫌が悪い時、オフィスに巻き起こる嵐を、誰も抑えることはできない。

ちなみにこれらの作品、特別な道具は一切使っていないんですって。ノートや鉛筆、マグカップなど、写っているのはどこにでもある日用品ばかり。撮影もiPhoneで行っているんだそう。

仕事に煮詰まってきたら、「そうなんだよね〜」なんて共感しながら、ミニチュアの世界に癒やされるのもアリなんじゃない?

Licensed material used with permission by Derrick Lin
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
先日発表されたばかりの「The iPhone Photography Awards」は、スマホで撮影した写真のみがノミネート可能。そのクオリティの高さに、...
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
フォトグラファーChristy Lee Rogersさんが撮影するのは水中写真。深みのある色彩と光の濃淡を操り、ほんのりダークな世界観を演出しています。
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
3月3日、「Apple」のiPhone「ナイトモード」を使用した「ナイトモードフォトチャレンジ」の受賞作品が発表された。数千の作品から選ばれた受賞作品とは?
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
一面、銀世界の上にリフトが連なり、なんとも綺麗なスキー場の風景…。しかしみなさん、お気づきですか。じつはこれ、洗濯物干しとタオルで作られたミニチュアアート...
荒川リンジーがInstagramを使う理由とは?フィルム写真が趣味で、日常を切り取った写真の上にいま感じていることを書いてInstagramに投稿したとこ...
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
SNSで話題を集めている「手作りオムライス」。とても美味しそうですが、じつは食べることはできません。その理由は、写真を注意深く見てみるとわかります…そう、...
1月8日、Appleが「iPhone11/11 Pro/11 Pro Max」の「ナイトモード」で撮影したベストショットを世界中のユーザーから集めるキャン...
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
「米国国勢調査局」が先月発表したデータによると、米国の16歳未満の人口構成で、ヒスパニックや黒人、アジア系の人口が昨年初めて白人の人口を上回ったとことが明...
カリフォルニア発、独自の特許で、どこにでも貼り付くiPhoneケース「MagBak(マグバック)」がついに日本上陸。3月14日からMakuakeで限定先行...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
Dima Yarovinskyさんは、“SNSの利用規約”を一般的に使われている契約書のようにして、「I AGREE」というアートを作りました。
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
鉛筆で描く…のではなく、鉛筆を削ることで表現するアートが話題です。しかも芯だけではなく、鉛筆全体を使った創作が凄い!以下、その画像を紹介します。01.02...