「集合体恐怖症」にとっては脅威です。でも、見ちゃう、2度見しちゃう

芸術と狂気の境目というのは、実は非常に曖昧なのかもしれません。芸術作品を見て「怖い」と感じたり「気持ち悪い」と感じることってくさんありますよね。

ニューヨークのアーティストKevin Champenyさんの作品も、見る人によっては「ゾッ」とするようなものかも。でも、一体これは何なの?って、ついついズームしちゃうんです。

「数の暴力」という言葉が
よく似合うアートシリーズ

#1.

……ひえっ……

 

#2.

ん?

(((((((( ;゚Д゚))))))))

#3.

トゲトゲしてる……?

へ、兵士……!!

#4.

誰かと思ったら、デレク・ジーター。

ぜんぶ野球ボールのキャンディーだった…!⚾️

 #5.

oh.....f**k.......

どうしてこんなアートを?

小さな一つ一つの要素が集まって、全体の大きなイメージを作る緊張感に惹かれたんだ。そして「集合」には、物語性も隠れていると思ってね。

たったひとつでは生まれなかった物語を、見る人に感じて欲しいと思う。この作品にどんな意味があるのか、どんなことを感じたのか、見た人同士で話してみてほしい。

鑑賞者が何かを考え、会話が生まれるような作品を作りたいと思ったんだ。

Champenyさんの作品に、皆さんは何を感じましたか?

狂気じみた、ともすれば恐怖の対象になり得そうな集合体アート。もっと見れるよ!って人は、引き続きこちらから👀🔍

Licensed material used with permission by @kevinchampeny
だれかは泣いているし、だれかはとっても喜んでいる。
「なぜラッピングなのか?」は、わからないのですが。
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
最新の筋力トレーニング機器「ICAROS」は、とびっきり今っぽいマシン。普通ならつらくてハードな体幹トレーニングを、VRゲームを楽しみながらできちゃうので...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.48
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
単純に、「すごい」ってなるはず。
集合としての「強さ」と「美しさ」。
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
「Muista Active Chair」は長時間体を動かさずにいる現代人が、オフィスで体をほぐせる用に考案されたエクササイズチェアー。血行促進やストレス...
アーティストThomas Blanchardさんによる作品は、アクリル絵具が水の中で溶けていく様子を映したモノ。iPhone XのCMにも、彼のアートが採...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
サッカー観戦や世界遺産巡りももちろんいいけれど、みなさんはバルセロナの街並みを上から見下ろしたことはありますか。ひとりの写真家が上空から撮影した、芸術的す...
葛飾北斎の『神奈川沖浪裏』をリップに描いちゃうなんて斬新。「Girl Grey Beauty」名義で活動する、1991年生まれのカナダ人メイクアップアーテ...
あのハーゲンダッツを使ったアートが、Instagramで大人気。命を吹き込まれたアイスクリームは、“豊かな表情”で見るものを楽しませています。思わず、クス...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
アメリカ、カリフォルニア州のアーティストRandy Lewisさんの作品は、猫と毛虫など、もの同士を融合させる「合体」アート。少しグロテスクに見えるものも...
まずは難しく考えず、パッとこれを見て下さい。写っているのは、誰もが知っている著名人の目元。ここだけではかなり難易度が高いですが、誰だかわかりますか?そして...
超がつくほどミニチュアサイズの壺や花瓶や食器。ただ、サイズは小さくても、陶芸としての精度は非常に高く、思わず見入ってしまいます。これらは、ワシントン在住の...