「集合体恐怖症」にとっては脅威です。でも、見ちゃう、2度見しちゃう

芸術と狂気の境目というのは、実は非常に曖昧なのかもしれません。芸術作品を見て「怖い」と感じたり「気持ち悪い」と感じることってくさんありますよね。

ニューヨークのアーティストKevin Champenyさんの作品も、見る人によっては「ゾッ」とするようなものかも。でも、一体これは何なの?って、ついついズームしちゃうんです。

「数の暴力」という言葉が
よく似合うアートシリーズ

#1.

……ひえっ……

 

#2.

ん?

(((((((( ;゚Д゚))))))))

#3.

トゲトゲしてる……?

へ、兵士……!!

#4.

誰かと思ったら、デレク・ジーター。

ぜんぶ野球ボールのキャンディーだった…!⚾️

 #5.

oh.....f**k.......

どうしてこんなアートを?

小さな一つ一つの要素が集まって、全体の大きなイメージを作る緊張感に惹かれたんだ。そして「集合」には、物語性も隠れていると思ってね。

たったひとつでは生まれなかった物語を、見る人に感じて欲しいと思う。この作品にどんな意味があるのか、どんなことを感じたのか、見た人同士で話してみてほしい。

鑑賞者が何かを考え、会話が生まれるような作品を作りたいと思ったんだ。

Champenyさんの作品に、皆さんは何を感じましたか?

狂気じみた、ともすれば恐怖の対象になり得そうな集合体アート。もっと見れるよ!って人は、引き続きこちらから👀🔍

Licensed material used with permission by @kevinchampeny
じっくり見てみると、顔からはみ出た部分は厚紙だったり、絵の具の塗りムラがあったり、鼻の中にティッシュが詰められていたりと手作り感が満載(笑)。
「なぜラッピングなのか?」は、わからないのですが。
「未来の塔」という名のインドの集合住宅には、1000部屋以上あり、約5000人もの人々が住めるといいます。外観からは想像しにくいですが、建物の中には、子ど...
だれかは泣いているし、だれかはとっても喜んでいる。
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...