「集合体恐怖症」にとっては脅威です。でも、見ちゃう、2度見しちゃう

芸術と狂気の境目というのは、実は非常に曖昧なのかもしれません。芸術作品を見て「怖い」と感じたり「気持ち悪い」と感じることってくさんありますよね。

ニューヨークのアーティストKevin Champenyさんの作品も、見る人によっては「ゾッ」とするようなものかも。でも、一体これは何なの?って、ついついズームしちゃうんです。

「数の暴力」という言葉が
よく似合うアートシリーズ

#1.

……ひえっ……

 

#2.

ん?

(((((((( ;゚Д゚))))))))

#3.

トゲトゲしてる……?

へ、兵士……!!

#4.

誰かと思ったら、デレク・ジーター。

ぜんぶ野球ボールのキャンディーだった…!⚾️

 #5.

oh.....f**k.......

どうしてこんなアートを?

小さな一つ一つの要素が集まって、全体の大きなイメージを作る緊張感に惹かれたんだ。そして「集合」には、物語性も隠れていると思ってね。

たったひとつでは生まれなかった物語を、見る人に感じて欲しいと思う。この作品にどんな意味があるのか、どんなことを感じたのか、見た人同士で話してみてほしい。

鑑賞者が何かを考え、会話が生まれるような作品を作りたいと思ったんだ。

Champenyさんの作品に、皆さんは何を感じましたか?

狂気じみた、ともすれば恐怖の対象になり得そうな集合体アート。もっと見れるよ!って人は、引き続きこちらから👀🔍

Licensed material used with permission by @kevinchampeny
他の記事を見る
じっくり見てみると、顔からはみ出た部分は厚紙だったり、絵の具の塗りムラがあったり、鼻の中にティッシュが詰められていたりと手作り感が満載(笑)。
「なぜラッピングなのか?」は、わからないのですが。
だれかは泣いているし、だれかはとっても喜んでいる。
「未来の塔」という名のインドの集合住宅には、1000部屋以上あり、約5000人もの人々が住めるといいます。外観からは想像しにくいですが、建物の中には、子ど...
最新の筋力トレーニング機器「ICAROS」は、とびっきり今っぽいマシン。普通ならつらくてハードな体幹トレーニングを、VRゲームを楽しみながらできちゃうので...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.48
意味もなく、家で水着なんて着ちゃったりして。
シンガポール在住メリッサさんのInstagramアカウントでは、各国のグルメと観光スポットを掛け合わせた写真が投稿されています。
「これ、あの映画に出て来そう!」と妄想せずにはいられない。そんなインパクトある作品を手掛けているのが、メイクアップアーティストMimi Choi(@mim...
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
単純に、「すごい」ってなるはず。
360度に(なんなら床にも)映し出されたゴッホの絵画を鑑賞……というか、全身で体感!このteamLabのデジタルアートを彷彿とさせる展覧会を開催しているの...
アフリカ料理を並べたInstagramのアカウント「@kitchensofafrica」。彩りが豊かで、スクロールをしつづけていても飽きない!楽しみながら...
集合としての「強さ」と「美しさ」。
タルトばっかりを投稿しているInstagramアカウント「@lokokitchen」を見つけました。
「Muista Active Chair」は長時間体を動かさずにいる現代人が、オフィスで体をほぐせる用に考案されたエクササイズチェアー。血行促進やストレス...
海で泳いでいるはずの生き物が雲海から飛び出したり、空にあるはずのものが地上にあったり。Justin Petersさんの作品には、想像を超える世界が広がって...
サッカー観戦や世界遺産巡りももちろんいいけれど、みなさんはバルセロナの街並みを上から見下ろしたことはありますか。ひとりの写真家が上空から撮影した、芸術的す...