「おしりがはみ出てる人」が、バスに出現。ちゃんとした理由があった!

シカゴ市内を走る1台の市営バス。外は厚めのコートにマフラーが必要な寒さ。それなのに車内の乗客たちは、なぜかみんな半分お尻がはみ出たローライズ姿。なんか、ちょっとヘンな光景…。もちろん、そこには深〜い訳があるんです。

市営バスの乗客全員が
半ケツ状態って!?

言うまでもなく、バスの乗客全員がローライズや腰ばきをするような若者たちばかりで、半ケツしちゃっている訳ではありません。誰が座ったって、きちんと半ケツ状態になるようになっているんですから。この目のやり場に困ってしまう絶妙な場所に設置された半ケツは、車内広告なんです。

後ろの人からチラ見されたら恥ずかしい?いえいえ、むしろ目的はガン見してもらうこと。

ガン見しても怒られない
乗客を釘付けにしたいお尻

本題に入る前にもうちょっとだけ、この秀逸な半ケツ(広告)を堪能しましょう。

それにしても、誰が腰掛けても、ちょうどいい感じに半ケツしちゃうあたり、よく計算されていますよね。上からコートを羽織っていようがお構いなし!おじいちゃんだって、ご覧のとおりプリッ。

結腸がん検診の
周知キャンペーンだった

では、この広告が何を意味しているのか。手がかりは、お尻の上に書かれたこのメッセージにあります。意訳すればこういう感じに。

「誰だって、こんなお尻見たくない。唯一、医者を除いては」

続く文章によれば、結腸がん(および大腸がん)は2番目に死に至らしめる恐ろしいがん。けれども、早期に発見できさえすれば、最も治療がしやすいものである。そう、つまりこれは結腸がん、大腸がん検診を人々に呼びかけるための、キャンペーン広告なんです。

早期の結腸がん、大腸がんの場合、自覚症状はほとんどないんだそう。だからこそ、誰もがついつい目にしてしまいそうなユーモア溢れる方法で、がん基金「Meredith's Miracles」は検診を呼びかけようと試みたんでしょうね。

こうしたウィットに富んだ車内広告に、日本がもっと寛容だったなら…なんて、思わず考えてしまいますよね。

Licensed material used with permission by FCB CHICAGO
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
老舗スキンケアブランド「キールズ」が、11月23日(金)〜12月2日(日)の期間限定でポップアップイベント「キールズ “GIVE JOY” バス」を開催。...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「ワクワクするバスグッズ」を3つ紹介。バスボム手作りキット...
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
本のように見えるこれ、なんだと思います? 乙女心を揺さぶる淡い色合いのパッケージと、シーンを思わせるタイトル。「空想バスルーム」というシリーズのバスパウダ...
環境意識改革をコンセプトに掲げる〈GREEN MOTION〉の天然のコルクを使用したバスマット。乾きが早く、天然の抗菌成分のため、濡れた後は立てかけておく...
34cm✕120cm。このサイズがいいんです。
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
一日のうち、もっとも創造的なアクティビティ♨️
イギリスで恐らくもっともエクストリームな体験ができる宿泊施設がロンドンに誕生した。自動車メーカー「Jeep」が発売する新たなモデル「Jeep Renega...
「YuGa」は「ケイエム観光バス」と「ネスレ」が、日々の満員電車による通勤でお疲れの人々の一日の始まりを応援するため企画した通勤バス。豪華な設備の車内では...
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
茨城県の境町にて、自動運転バスの運行が開始される。同バスは市内の公共施設を廻るインフラ的な役割を果たすとともに、全国へのサービス拡大のモデルケースとしても...
パリ市は観光バスの中心部の乗り入れを禁止する方向とのこと。代わりに公共交通機関の利用が推奨されている。パリの地下鉄といえば、すでに満員電車になっている印象...
ベルギーの首都・ブリュッセルで、市内を走る電気バスのスピーカーを使い、親族や恋人など、会いたいのに会えない人へ音声メッセージを届けてくれるというユニークな...
「LOWDY」は、革靴とスニーカーの両ステージでキャリアを積んだデザイナーによる2WAY仕様のローファー・スニーカー。
9月26日(土)より渋谷区エリア限定の「渋谷区観光協会」公認の”渋谷ご当地クラフトビール“「渋生(しぶなま)」が発売された。
たぶん、史上最高のバスタイム。
いま、NYで最も注目を集める観光バス「THE RIDE」を知っていますか?“動くミニシアター”とも形容される、この街ならではのエンターテインメントが、乗客...
身近な乗り物の一つに、バスもあげられます。通勤などでバスを利用している人にとって、夢の中にバスが出てくるのは、それほど違和感はないでしょう。日常が夢に入り...
お尻好きが本気で開発した枕。2019年頭に、クラウドファンディングサイト「Kibidango」で目標金額の600%以上に達し現在も発売中。人間工学に基づい...
ここでは、「Innovative brothers」と呼ばれているドイツのユーチューバー兄弟の動画をご紹介。
米メディア「Elite Daily」のライターSean Levinson氏は、男性がおしりを好きなのには、科学的根拠があると書いています。男性が大きなおし...