「おしりがはみ出てる人」が、バスに出現。ちゃんとした理由があった!

シカゴ市内を走る1台の市営バス。外は厚めのコートにマフラーが必要な寒さ。それなのに車内の乗客たちは、なぜかみんな半分お尻がはみ出たローライズ姿。なんか、ちょっとヘンな光景…。もちろん、そこには深〜い訳があるんです。

市営バスの乗客全員が
半ケツ状態って!?

言うまでもなく、バスの乗客全員がローライズや腰ばきをするような若者たちばかりで、半ケツしちゃっている訳ではありません。誰が座ったって、きちんと半ケツ状態になるようになっているんですから。この目のやり場に困ってしまう絶妙な場所に設置された半ケツは、車内広告なんです。

後ろの人からチラ見されたら恥ずかしい?いえいえ、むしろ目的はガン見してもらうこと。

ガン見しても怒られない
乗客を釘付けにしたいお尻

本題に入る前にもうちょっとだけ、この秀逸な半ケツ(広告)を堪能しましょう。

それにしても、誰が腰掛けても、ちょうどいい感じに半ケツしちゃうあたり、よく計算されていますよね。上からコートを羽織っていようがお構いなし!おじいちゃんだって、ご覧のとおりプリッ。

結腸がん検診の
周知キャンペーンだった

では、この広告が何を意味しているのか。手がかりは、お尻の上に書かれたこのメッセージにあります。意訳すればこういう感じに。

「誰だって、こんなお尻見たくない。唯一、医者を除いては」

続く文章によれば、結腸がん(および大腸がん)は2番目に死に至らしめる恐ろしいがん。けれども、早期に発見できさえすれば、最も治療がしやすいものである。そう、つまりこれは結腸がん、大腸がん検診を人々に呼びかけるための、キャンペーン広告なんです。

早期の結腸がん、大腸がんの場合、自覚症状はほとんどないんだそう。だからこそ、誰もがついつい目にしてしまいそうなユーモア溢れる方法で、がん基金「Meredith's Miracles」は検診を呼びかけようと試みたんでしょうね。

こうしたウィットに富んだ車内広告に、日本がもっと寛容だったなら…なんて、思わず考えてしまいますよね。

Licensed material used with permission by FCB CHICAGO
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...
老舗スキンケアブランド「キールズ」が、11月23日(金)〜12月2日(日)の期間限定でポップアップイベント「キールズ “GIVE JOY” バス」を開催。...
本のように見えるこれ、なんだと思います? 乙女心を揺さぶる淡い色合いのパッケージと、シーンを思わせるタイトル。「空想バスルーム」というシリーズのバスパウダ...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
環境意識改革をコンセプトに掲げる〈GREEN MOTION〉の天然のコルクを使用したバスマット。乾きが早く、天然の抗菌成分のため、濡れた後は立てかけておく...
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
たぶん、史上最高のバスタイム。
いま、NYで最も注目を集める観光バス「THE RIDE」を知っていますか?“動くミニシアター”とも形容される、この街ならではのエンターテインメントが、乗客...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
身近な乗り物の一つに、バスもあげられます。通勤などでバスを利用している人にとって、夢の中にバスが出てくるのは、それほど違和感はないでしょう。日常が夢に入り...
米メディア「Elite Daily」のライターSean Levinson氏は、男性がおしりを好きなのには、科学的根拠があると書いています。男性が大きなおし...
ハワイの建築会社Group 70 Internationalが、面白い取り組みを始めています。彼らは、使わなくなった古いバスを改装してホームレス用のシェル...
2015年11月24日(火)に、ある夜行バスを利用した@tmcwkさん。どうやら、この日担当してくれた運転手はどこか様子が違ったそうで、そのアナウンス内容...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
中国・南京長江大橋で、一人の女性が橋の上から自殺を試みようとしていた。が、たまたまその場を通りがかったバスの運転手はとっさの判断で緊急停止し救助に向かった...
「4尻フェチ」な私が、このヌード写真集を見つけたとき、思わず震えてしまったのです。だって、ムニュっとカタチが変わって、それでも“プリっと感”は保っている。...
一日のうち、もっとも創造的なアクティビティ♨️
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
バンコクには定期的に行っています(理由はさておいて)。日本と比べてラグジュアリーホテルの宿泊料金がお得なこの街では、いろんなところに泊まってみるのを、ひと...
そんなバカな!と思うかもしれません。が、本当なんです。この製品は、これまでの風呂の概念を覆すポータブルバスタブ「XTEND」。ドイツ人デザイナー、Cari...
ここでは、「Innovative brothers」と呼ばれているドイツのYouTuber兄弟の動画をご紹介。
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...