「Uberアプリ」がバスや電車チケットまでカバー

「Uber」が、サービスの幅を広げ人々の移動をより快適にしてくれそうです。

そのサービスとは、Uberのアプリを介してバスや電車といった公共交通機関の乗り継ぎやその時間、乗車料金の検索、さらにはチケットまで購入できるというもの。本来の配車サービスを推すだけではなく、利用者に対して移動を最大限快適にしようと提案してくれるのです。

タクシーは便利だけれど、安くて早いを求めたとき、公共交通機関の方が便利って場合、けっこうありますしね。

インターネットや乗り換えアプリを駆使して調べればわかることかもしれませんが、初めて訪れる街でUberのアプリひとつで一括検索できたら、かなり便利でしょう。

サービスは、現在米コロラド州デンバーのみで展開中ですが、他の都市の交通機関ともパートナーシップの拡大を推進中。

民間と公共の交通サービスが統合されていけば、移動が今より格段にスムーズに。Uberのこの動きにより、移動手段はより賢く手軽に組み合わせて使うのが当たり前になりそうです。

Reference: Uber Newsroom
Top image: © iStock.com/m-gucci
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ミネソタ州ミネアポリスに暮らすNaCole Schutzさんは、息子さんが学校に行くのにUberを使っていると言います。予定通りにスクールバスが来ないから...
日本ではあまり馴染みがないかもしれない「コロラド州デンバー」という街が、今、あるシーンで注目を集めています。そのシーンは「ビアカルチャー」。世界のビール文...
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
配車アプリのUberが今月大規模なリブランディングを実行。新しいロゴや独自のタイポグラフィやアイコンの開発など本気度が伺えます。
タクシーやライドシェア、便利な宅配サービスなどで知られるUberが、サブスクリプション型の月間パスの試験導入を開始したようだ。Uberが仕掛ける「サブスク...
価格競争が激しくなっている現代社会において、安さだけでなく利便性という軸をプラスオンすることで、圧倒的な地位を築いたUber。タクシーとのさらなる差別化を...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
米コロラド州デンバーにあるクラブ「The Church Nightclub」は、名前にもある通り以前は教会でした。130年も前に完成したその建物を改装し、...
先月18日、デトロイトでおこなわれた「Forbes 30 under 30 Summit」にて発表されたのは、「Uber Eats」向け配達用ドローンのデ...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
「The Wall Street Journal」によると、2016年1月17日に開催された「Digital Life Design」において、ヨーロッパ...
都市生活に、多くの変化をもたらしている配車サービス、Uber。先日、大幅なアップデートが発表され、使い心地がガラッと変わるそうです。シンプルになったインタ...
オーストラリア・クイーンズランド州沖にあるグレートバリアリーフで今、州とUberの共同サービスが展開されています。潜水艦「scUber」で、世界最大のサン...
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
海外ではすっかり身近な存在になってきたUberのタクシーサービス。誰でもドライバーになれるから、いろいろな人との出会いがあります。でも、アプリで颯爽とUb...
アメリカ・ペンシルバニア州にあるカーネギー・メロン大学のある研究チームが、同国内のクサい場所を共有できるアプリ「Smell MyCity」を開発しました。