「Uberアプリ」がバスや電車チケットまでカバー

「Uber」が、サービスの幅を広げ人々の移動をより快適にしてくれそうです。

そのサービスとは、Uberのアプリを介してバスや電車といった公共交通機関の乗り継ぎやその時間、乗車料金の検索、さらにはチケットまで購入できるというもの。本来の配車サービスを推すだけではなく、利用者に対して移動を最大限快適にしようと提案してくれるのです。

タクシーは便利だけれど、安くて早いを求めたとき、公共交通機関の方が便利って場合、けっこうありますしね。

インターネットや乗り換えアプリを駆使して調べればわかることかもしれませんが、初めて訪れる街でUberのアプリひとつで一括検索できたら、かなり便利でしょう。

サービスは、現在米コロラド州デンバーのみで展開中ですが、他の都市の交通機関ともパートナーシップの拡大を推進中。

民間と公共の交通サービスが統合されていけば、移動が今より格段にスムーズに。Uberのこの動きにより、移動手段はより賢く手軽に組み合わせて使うのが当たり前になりそうです。

Reference: Uber Newsroom
Top image: © iStock.com/m-gucci
他の記事を見る
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
配車アプリのUberが今月大規模なリブランディングを実行。新しいロゴや独自のタイポグラフィやアイコンの開発など本気度が伺えます。
東京生まれの東京育ち。1998年生まれの20歳。
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
「The Wall Street Journal」によると、2016年1月17日に開催された「Digital Life Design」において、ヨーロッパ...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
都市生活に、多くの変化をもたらしている配車サービス、Uber。先日、大幅なアップデートが発表され、使い心地がガラッと変わるそうです。シンプルになったインタ...
海外ではすっかり身近な存在になってきたUberのタクシーサービス。誰でもドライバーになれるから、いろいろな人との出会いがあります。でも、アプリで颯爽とUb...
コロラド・ロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドで食べるべきグルメです。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...
世界最高と言われたコーヒーが浅草でノルウェー発の「フグレン」日本2号店Fuglen Asakusa〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目6-15htt...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
アメリカでは、大物アーティストがドライブをしながら熱唱する番組「カープールカラオケ」が流行っていますが、一般人も負けていません。ここでは、見ているほうまで...
アメリカで逮捕されたティーンエイジャー。銀行強盗を理由に逮捕されましたが、その逃走方法に時代性を感じます。
「メイン州 観光」とネットで検索すれば、たくさん良いポイントがヒットするのですが、メイン州政府はまだまだ満足していない様子。
Google傘下の「Waze」が、10月10日、アメリカで「Waze Carpool」が利用できるようになったと発表しました。
知らない人同士が一台の車に乗り合わせる。世界の国々を旅すれば、こうした「乗合タクシー」は、電車やバスと同じように当たり前の交通手段。日本にもあるにはある。...
元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。彼らのアイデアは約100億円の出資を集め、アメリカ中で話題になっています。