お披露目されたUberの「空飛ぶタクシー」

「そんなのまだ映画やSFの話だよね」と、いよいよ言えなくなってきました。

「Uber」が開発を進めている“空飛ぶタクシー”サービス「Uber Elevate」。パイロットを除いて最大4人までが乗車可能で、都心部や都市間を移動できる……夢のようなプロジェクト。すでに発表されているので、概要についてご存じの人もいるでしょう。

そして、先日ラスベガスで開催されたCESにて開発パートナーであるアメリカのヘリコプター製造会社「Bell Helicopter 」が、空飛ぶタクシーのデザインを披露しました。

上部にはプロペラを模した巨大な車輪のようなものが4つ搭載。機体の中まで見えるクリアなボディ。動いている姿はとってもクールで映画の世界に出てくる乗り物みたい。

プロジェクトの進捗具合ですが、2020年からテスト飛行、そして2023年にはサービスを開始する予定です。

実現するには法律など乗り越えるハードルがたくさんありますが、Uber ElevateのWEBサイトによるとサービス展開先の候補に日本も入っているとのこと!

タクシーという存在どころか、交通や移動のあり方そのものが根本的に変わるであろう空飛ぶタクシー。次に目にするときには、どれくらい現実味を帯びているでしょうか。飛行する姿くらいは見せてもらわないと、まだ映画の域を脱しきれませんよね。

© CNET/YouTube
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

1月6日、ラスベガスで開催されていた「CES 2020」にて「Uber」と「ヒュンダイ」が「エアタクシー」を共同開発することを発表。
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
価格競争が激しくなっている現代社会において、安さだけでなく利便性という軸をプラスオンすることで、圧倒的な地位を築いたUber。タクシーとのさらなる差別化を...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
「空飛ぶタクシー」の実用化に向け、先日、「Volocopter」が専用ターミナルをシンガポールに建設すると発表。ターミナルの完成は今年の後半を予定していて...
タクシーやライドシェア、便利な宅配サービスなどで知られるUberが、サブスクリプション型の月間パスの試験導入を開始したようだ。Uberが仕掛ける「サブスク...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...