お披露目されたUberの「空飛ぶタクシー」

「そんなのまだ映画やSFの話だよね」と、いよいよ言えなくなってきました。

「Uber」が開発を進めている“空飛ぶタクシー”サービス「Uber Elevate」。パイロットを除いて最大4人までが乗車可能で、都心部や都市間を移動できる……夢のようなプロジェクト。すでに発表されているので、概要についてご存じの人もいるでしょう。

そして、先日ラスベガスで開催されたCESにて開発パートナーであるアメリカのヘリコプター製造会社「Bell Helicopter 」が、空飛ぶタクシーのデザインを披露しました。

上部にはプロペラを模した巨大な車輪のようなものが4つ搭載。機体の中まで見えるクリアなボディ。動いている姿はとってもクールで映画の世界に出てくる乗り物みたい。

プロジェクトの進捗具合ですが、2020年からテスト飛行、そして2023年にはサービスを開始する予定です。

実現するには法律など乗り越えるハードルがたくさんありますが、Uber ElevateのWEBサイトによるとサービス展開先の候補に日本も入っているとのこと!

タクシーという存在どころか、交通や移動のあり方そのものが根本的に変わるであろう空飛ぶタクシー。次に目にするときには、どれくらい現実味を帯びているでしょうか。飛行する姿くらいは見せてもらわないと、まだ映画の域を脱しきれませんよね。

© CNET/YouTube
他の記事を見る
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
「The Wall Street Journal」によると、2016年1月17日に開催された「Digital Life Design」において、ヨーロッパ...
ミネソタ州ミネアポリスに暮らすNaCole Schutzさんは、息子さんが学校に行くのにUberを使っていると言います。予定通りにスクールバスが来ないから...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
タクシーサービスを運営している「三和交通」が、クラウドファンディングサイト『Makuake』にて資金調達をしている、オモシロいプロジェクトの紹介です。
海外ではすっかり身近な存在になってきたUberのタクシーサービス。誰でもドライバーになれるから、いろいろな人との出会いがあります。でも、アプリで颯爽とUb...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
配車アプリのUberが今月大規模なリブランディングを実行。新しいロゴや独自のタイポグラフィやアイコンの開発など本気度が伺えます。
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
知らない人同士が一台の車に乗り合わせる。世界の国々を旅すれば、こうした「乗合タクシー」は、電車やバスと同じように当たり前の交通手段。日本にもあるにはある。...
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
1月18日にオープンしたアメリカ・ラスベガスの「Til Death Do Us Part」は、“永遠の愛を誓います”という意味のある言葉がそのまま名前に採...
もうタクシーは単なる移動手段じゃないんです!例えば、アプリでタクシーを呼べるアプリ「Uber」はすでに45カ国で展開されているサービスですが、今「エンタメ...
「Inc Magazine」や「Quora」など、海外メディアでトップライターとして活躍しているニコラス・コールは、ある男性に出会ったことがきっかけで、文...
都市生活に、多くの変化をもたらしている配車サービス、Uber。先日、大幅なアップデートが発表され、使い心地がガラッと変わるそうです。シンプルになったインタ...
「テレビ電話」と「空飛ぶ自動車」が、未来を予感させる象徴的なアイコンとして、映画やアニメの中に幾度となく登場したのも今は昔。すでにスマホサイズで遠く離れた...