帰宅時間に合わせて料理が届く。Uberがもっと便利に!

都市生活に、多くの変化をもたらしている配車サービス、Uber。先日、大幅なアップデートが発表され、使い心地がガラッと変わるそうです。シンプルになったインターフェース以外にも、気になる新機能が盛りだくさん。

各サービスはこれから随時展開されていく予定とのことですが、とくに気になった便利そうなものを、3つほどピックアップして紹介したいと思います。

01.
「人」を目的地にできる

「待ち合わせどこにする?」「今どこ?」「どのあたりにいる?」

人と会うとき、場所を決めるのってなかなか大変ですよね。たくさんメッセージをやり取りして決めたはいいけれど、お店に行ったら席が空いてないからまた別の場所に移動…なんてことも。移動しながらスマホの画面で文字を打つのは面倒、という人も多いのでは?

そんな悩みを受けてか、Uberの新機能では「人」を目的地にすることができるようになるそうです。連絡先をあらかじめ同期しておけば、名前を入力するだけでその人に通知が届きます。すると、会いたい相手が現在地をシェアしてくれて、そこまでの経路を検索してくれる、というわけです。

02.
帰宅途中に「UberEATS」を
頼んで、すぐ食事

今日は遅くなったし、疲れてヘトヘト。デリバリーで何か頼んで家でゆっくり食べたい。でも家に帰って、それから注文して、届くまで待って…とやっていると、どんどん夜は更けていってしまいます。

新たな機能ではUberEATSとも連携していて、帰宅時間に合わせて料理を注文することも可能です。

東京の一部エリア(渋谷・恵比寿、青山・赤坂、六本木・麻布)でサービスが開始されたことは記憶に新しいですね。このアプリ内からデリバリーの待ち時間とはさよなら、というわけ。

03.
カレンダーと連携して
行き先を簡単チェック

はじめて行く場所で打ち合わせ。カレンダーに予定を入れて、行き先を入れておいて、いざ当日になったら行き先をもう一回入れて、また経路を調べて…なんて毎回やるのは手間ですよね。

今回、カレンダーとの連携機能が実装されています。カレンダーに登録されている行き先を、自動的にショートカットで表示してくれるんです。これならタップひとつでOK。

「移動にかかる手間」をなくしていく

海外と比較すると、日本ではなかなか展開が進んでいかないとも言われるUberですが、今回のアップデートは、ワクワクする機能がいっぱいです。電車やバスなど公共機関のダイヤがわかる「Transit」、「Yelp」と連携したレストラン評価などとの連携もあり、目的地まで移動するのに必要だった手間を省いて、より快適に移動させてくれるものが多い印象です。

移動がスムーズになることは、目的地での仕事や楽しみにさらに集中できそうですね。

Licensed material used with permission by Uber
価格競争が激しくなっている現代社会において、安さだけでなく利便性という軸をプラスオンすることで、圧倒的な地位を築いたUber。タクシーとのさらなる差別化を...
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
配車アプリのUberが今月大規模なリブランディングを実行。新しいロゴや独自のタイポグラフィやアイコンの開発など本気度が伺えます。
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
ミネソタ州ミネアポリスに暮らすNaCole Schutzさんは、息子さんが学校に行くのにUberを使っていると言います。予定通りにスクールバスが来ないから...
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
「The Wall Street Journal」によると、2016年1月17日に開催された「Digital Life Design」において、ヨーロッパ...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
6月12日、リーグ・アン(フランスの1部リーグ)の名前が、2020-2021シーズンから「Uber Eats Ligue 1」になると発表されました。そう...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
海外ではすっかり身近な存在になってきたUberのタクシーサービス。誰でもドライバーになれるから、いろいろな人との出会いがあります。でも、アプリで颯爽とUb...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
タクシーサービスを運営している「三和交通」が、クラウドファンディングサイト『Makuake』にて資金調達をしている、オモシロいプロジェクトの紹介です。
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...
知らない人同士が一台の車に乗り合わせる。世界の国々を旅すれば、こうした「乗合タクシー」は、電車やバスと同じように当たり前の交通手段。日本にもあるにはある。...
H&Mは1月22日〜27日の期間限定ではありましたが、タクシー配車サービスLyftと連携して、ニューヨークで古着回収を行いました。
もうタクシーは単なる移動手段じゃないんです!例えば、アプリでタクシーを呼べるアプリ「Uber」はすでに45カ国で展開されているサービスですが、今「エンタメ...