「ジーユー」がタクシー配車アプリ「ディディ」とコラボキャンペーンを実施中

「ジーユー」が今月17日から、タクシー配車アプリ「ディディ」コラボレーションキャンペーンを実施している。

その内容は、「ジーユー」の対象店舗で1万円以上購入し、「ディディ」のアプリダウンロードした利用者を対象に、同社の15%オフ乗車クーポンを配布するというもの。対象は東京、大阪、京都、福岡の一部店舗となっている。

世界400都市以上で展開され、日本でも主要都市で本格サービスを去年から開始しているタクシー配車サービス「ディディ」。人工知能を活用した高度な分析・予測テクノロジーで、“乗りたい”と“乗せたい”をアプリでマッチングする交通プラットフォームだ。

3月15日までの継続を予定しているという同キャンペーン。移動も財布を気にせず“自由(ジーユー)”になれそう!

Top image: © 株式会社ジーユー
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「GU(ジーユー)」からマスクが登場。機能性に加え、ファッション性をも追求したラインナップがズラリ。
10月24日に正式にローンチされた「StyleHint(スタイルヒント)」は、「ユニクロ」と「ジーユー」が共同で企画し・開発したアプリ。たくさんの人が自分...
配車アプリ「inDriver」はピックアップのロケーションと目的地を設定すると同時に、乗客は自分の希望運賃を提示することができます。アメリカをはじめとする...
「GU(ジーユー)」が日本を代表するファッションブランド「SOPH.」とのコラボレーションコレクションを発表。6月25日(木)から、全国のジーユー店舗およ...
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
タクシーサービスを運営している「三和交通」が、クラウドファンディングサイト『Makuake』にて資金調達をしている、オモシロいプロジェクトの紹介です。
「タクシーの相乗り」について国土交通省が3/31に制度の概要を発表。早ければ2020年の夏にも解禁される考えだという。
H&Mは1月22日〜27日の期間限定ではありましたが、タクシー配車サービスLyftと連携して、ニューヨークで古着回収を行いました。
タクシー配車アプリ「S.RIDE」と「ソニー」の最新ノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM3」、そして現代を代表する人気のミクスチャーバンド「...
先週3日(金)より「Uber Taxi(ウーバータクシー)」が東京都でも利用できるように。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
ロシアの配車サービス「Yandex.Taxi」が導入しているテクノロジーの紹介。
「GU」から、アロエ成分を配合したルームウェア「アロエラウンジシリーズ」が、8月24日より、GUの一部店舗及びオンラインストアで販売を開始。
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
ユーモラスな写真が溢れる「NYC Taxi Drivers Calendar」が今年も発売されるが、2020年版で最後になるとのこと。中国、ハイチ、コロン...
独自のシステム「デュアルエアバッグ」を搭載し、理想的なウォーキングを実現するインソール「AIR FLOW」が「Makuake」に登場。
47都道府県の厳選されたお茶が毎月届けられるサブスクサービス「O-CHA」が「Makuake」にてローンチ。
価格競争が激しくなっている現代社会において、安さだけでなく利便性という軸をプラスオンすることで、圧倒的な地位を築いたUber。タクシーとのさらなる差別化を...
ファーストリテイリングは、環境問題対策の一環として「脱プラ」を宣言。2020年内に店頭での使い捨てプラスチック包装を、グループ全体で85%削減する方針だ。
中国の配車アプリ『滴滴出行』。普通のタクシー、時間帯によってお得な白タク、ミネラルォーターのサービスもあるプレミアムな黒タク、さらには大型車など車種までも...
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
ロンドンタクシー新型モデル「TX」が日本に登場。同社初の電動化モデルであり、バリアフリーにも考慮された車両となっている。