ユニクロの「着こなしを発見できるアプリ」は、もう使った?

10月24日に正式にローンチされた「StyleHint(スタイルヒント)」は、「ユニクロ」と「ジーユー」が共同で企画・開発したアプリ。たくさんの人が自分の着こなしを投稿し、それを閲覧、または検索できるようになっている。

注目したいのは、写真に写っている洋服と似ている商品をユニクロとジーユーのラインナップから表示してくれる機能。ハイブランドのアイテムを写して検索すると、それと似たシルエット&ルックスで、なおかつ低価格な商品をアプリが提案してくれるのだ。

何をどうやって着るべきか? もっと安い洋服はないのか?

「StyleHint」は、多くの人が抱えるファッションに関連したモヤモヤを解消してくれる夢のようなアプリともいえるかもしれない。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
6月19日、「ユニクロ」から独自素材エアリズムを使用した「エアリズムマスク」が発売される。特許出願中の3層構造では、マスクに求められる“防御性”、“洗える...
ファーストリテイリングは、環境問題対策の一環として「脱プラ」を宣言。2020年内に店頭での使い捨てプラスチック包装を、グループ全体で85%削減する方針だ。
まさかアンディ・ウォーホルとジャン=ミシェル・バスキアとキース・ヘリングのTシャツが、全部あわせて5,000円以内で買えるとは! 
ユニクロのTシャツブランド「UT」がアートギャラリー「NANZUKA」とコラボレーション。日本の現代アートを牽引するキーマンたちのデザイン&グラフィックセ...
ブーム再燃中!ストレス解消もできて自律神経も整うという一石二鳥の暇つぶし「大人の塗り絵」を紹介。厳選1冊目は猫や様々な生き物が登場する「にゃんコロリアージ...
10月14日(月)、ユニクロが主催するチャリティテニスマッチ「UNIQLO LifeWear Day Tokyo」が開催。
「ジーユー」の対象店舗で1万円以上購入し、「ディディ」のアプリをダウンロードした利用者を対象に、同社の15%オフ乗車クーポンを配布するという。
UNIQLOは、今までにない”新たなカタチ”を実現した店舗「UNIQLO PARK 横浜ベイサイド」をオープン。
個性あふれるレストランやカフェ、ショップなど全14店舗が並ぶ、魅力的な路面店空間「WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)」が4月25日、東京・原宿駅前に...
世界的な建築事務所「Zaha Hadid Architects」がデザインした「ユニコーン島」のマスタープランが公開された。67ヘクタールに渡って設計され...
今週14日(火)、チルドカップ飲料「チュッパチャプス ストロベリークリーム」が全国発売となった。
世間にあふれる○○系男子。草食系男子は馴染みのある言葉となりましたが、ちょっと意味を考えないとわからない○○系男子もどんどん増えてきています。今回ご紹介す...
「カルバン・クライン」より、ユニセックスで使えるヴィーガンフレグランスがお目見え。定番人気アイテム「CK One」を環境に優しい逸品にアップデートした「C...
本来はアウトドア用だけど、日常でも使えるプロダクト。〈ユニフレーム〉のドリッパー「コーヒーバネット」は、その代表格とも言えるものです。
使い方だってカンタン。茶葉をユニコーンの中に入れてカップにセット、お湯を淹れてしばらく待てば完成。茶渋を洗うのが少し面倒くさそうだけど、そこさえクリアにな...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
今回は吉祥寺に6月1日にオープンした「挽肉と米」。人気すぎてなかなか入れない「挽肉と米」が出すハンバーグって、どーなんよ?
自分だけのワークアウト用プレイリストを作成してくれるサービス「Soundtrack Your Workout(サウンドトラック ユア ワークアウト)」がデ...
「GU(ジーユー)」が日本を代表するファッションブランド「SOPH.」とのコラボレーションコレクションを発表。6月25日(木)から、全国のジーユー店舗およ...
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
中国で3歳のときに誘拐され、行方不明となっていた21歳の男性が発見された。本人特定には、いわゆる「老け顔アプリ」の技術が活用されたという。
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。