ショッピングバッグを有料化。ユニクロやジーユーが「脱プラ」を宣言

ファーストリテイリングは、環境問題対策の一環として「脱プラ」を宣言。2020年内に店頭での使い捨てプラスチック包装を、グループ全体で85%削減する方針。ユニクロでは、2019年秋冬シーズンから一部の商品でプラスチック製パッケージを廃止する予定だ。

この取り組みは、全世界のグループブランド約3500店舗で実施の予定。9月1日からは、日本をはじめとした12の国や地域の店舗で、ショッピングバッグを「紙製」に切り替える。同時にエコバッグの販売もスタート。日本国内のユニクロやジーユーでは、20年1月14日からショッピングバッグが一律10円(税抜)に有料化される。

G20(主要20カ国・地域首脳会議)でもテーマのひとつに挙げられた「廃プラ問題」への対策強化。世界中に店舗を持つグローバル企業の取り組みによって、顧客側の意識醸成にまで繋げられるか注目したい。

Top image: © Krisztian Bocsi/Bloomberg via Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
紙やプラスチックの代替素材として注目の「ライメックス(LIMEX)」を軸材に使った世界初のボールペン「uni LIMEX」。
まさかアンディ・ウォーホルとジャン=ミシェル・バスキアとキース・ヘリングのTシャツが、全部あわせて5,000円以内で買えるとは! 
10月14日(月)、ユニクロが主催するチャリティテニスマッチ「UNIQLO LifeWear Day Tokyo」が開催。
サンフランシスコ市議会は、「ロンバード・ストリート」を通る車に通行料を課すことを検討中。ここは、急な勾配と曲がりくねった坂道がマニアックなサンフランシスコ...
再生可能な自然素材を用いて作られた「機内食用トレイ」。サステイナブルの波が空の旅を変えようとしている。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
1月3日、セグウェイは配達ロボット「Loomo Delivery」を発表しました。事故や盗難を恐れてのことでしょうが、まずはオフィス内やショッピングモール...
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
紙製のストローや容器を採用するなど、脱プラスチックに向けた動きを展開しているイギリスのマクドナルド。それに対して、「ハッピーセット」のおもちゃも廃止すべき...
エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確か...
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。
コカ・コーラが展開するミネラルウォーター「Dasani」が9月からアルミ缶での販売をはじめる。まずはアメリカ北東部で販売を開始し、2020年には全米規模に...
内部にコンパートメントを設けるのではなく、本体自体を足して容量を調整するイタリアのバッグブランド「MOCA」の紹介。
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
ニューヨークを拠点に活動する現代アーティスト、トム・サックスとスポーツブランドのナイキがコラボしたレインポンチョ。ウエストバッグに収納されたポンチョは、コ...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...