今さら聞けない、「レジ袋」はなぜ有料化されるの?

2020年7月1日から日本全国の小売店で「レジ袋」が有料化されます。コンビニも、本屋もパン屋も、いつもふらっと購入して商品を持ち帰るためにもらっていた「持ち手のついた」レジ袋は全て有料になります。販売額は小売店が決めることになるのですが、大体1枚2〜5円ぐらいが相場となるようです。

国連の報告によると「一人当たりの使い捨てプラスチックごみ発生量」で日本はアメリカに次いで世界2位。さらに環境省の調査では、日本人は1人あたり1日約1枚のレジ袋をゴミにしているという驚きの結果が出ています。日本はプラごみ発生量を減らすための取り組みとして新素材の開発、廃棄量の抑制、リサイクルの促進などを進めており、「レジ袋の有料化」は廃棄量の抑制策として最も消費者に近い施策と言えるでしょう。この取り組みは世界の多くの国ですでに始まっており、日本はあまり早い動き出しとは言えません。旅行に行く際にも気をつけなければいけない国などが増えてきた今、世界の流れを把握しておきましょう。

2015年7月
ハワイでレジ袋配布が「全面禁止」

ハワイのスーパーはレジ袋配布禁止

ハワイ・オアフ島では2015年7月1日よりレジ袋の配布が「全面禁止」になりました。さらに違反した小売店は一日$100の制裁金を支払う義務が課せられます。すでにマウイ島は2008年に、翌年はカウアイ島で、さらに2013年にはハワイ島でも禁じられているため、オアフ島で法令が施行されたことによりハワイはアメリカ初のレジ袋を全面禁止した州となりました。100%リサイクルできる紙袋や、生分解性品として認定された堆肥ビニールバッグなどは使用可能ですが、お土産としても人気のエコバッグを現地調達するなどハワイに行く際は注意が必要です。続きを読む>>>

2015年10月
イギリスでレジ袋が「有料化」

レジ袋のイメージ

イギリスは2015年10月にレジ袋の有料化へ踏み切りました。それまで年間約76億枚もタダで配布してきたレジ袋を有料にする動きは、ハワイの罰金付き全面禁止令と比べると効果が気になりますが、1年後の調査によると90%マイバッグ持参するようになったとの調査結果が出ています。また、レジ袋の有料化に対する支持率が51%から実施後は62%にまで上昇したことから、この施策によりイギリスの人々の意識向上に大きくつながった事例と考えられています。続きを読む>>>

2016年7月
フランスでレジ袋の配布が禁止

フランスでレジ袋の配布が禁止

2016年7月1日よりフランスでは「使い捨て」のプラスチック製レジ袋の無料配布が禁止になりました。2015年にEU全体で決められた規制により、EU加盟国は2025年までに1人あたりの使い捨てレジ袋の使用を40枚までに減らす義務があります。先程紹介したイギリスに続きアイルランドなども有料制にしており、フランスはさらに世界初となる「使い捨てプラスチック製品」の一部の販売禁止を2020年1月から導入し、プラスチック製のストロー、コップ、綿棒などが購入できなくなりました。続きを読む>>>

2018年8月
ニュージーランドでレジ袋「禁止」発表

脱プラに向けてレジ袋廃止
©iStock.com/phanasitti

2018年8月10日、ニュージーランド政府は「使い捨て」のプラスチック製レジ袋を使うことを2019年7月までに禁止することを発表しました。1年間をかけて段階的に取り組み、ニュージーランドの大事な観光資源である海を守っていくとのこと。同じ頃にドミニカ共和国もプラスチック製品や発泡スチロールが使われている食品容器も禁止する方針を発表しており、世界各国でのレジ袋削減の動きは活発になって来ました。続きを読む>>>

2019年1月
韓国でレジ袋配布が「禁止」

韓国でレジ袋の配布が禁止
©iStock.com/Spiderstock

韓国では2019年1月1日から、大型のスーパーマーケットでの「使い捨て」レジ袋の配布を禁止すると政府が発表しました。小さな市場や個人商店はこの対象にはなりませんが、韓国全土で約2000店舗で実施されるとのことです。実はこの条例が発表される直前に、韓国がフィリピンにプラスチックゴミを不法に輸出したとして大きなニュースとなりました。フィリピンの環境団体も立ち上がったこの問題が、韓国のレジ袋廃止の決定を後押ししたのかもしれません。続きを読む>>>

まとめ

日本でのレジ袋有料化に向けて小売店やブランドなどは紙製にするなどの代替案や、有料化の前に試験的に取り組むなど対策をしています。Gapは2020年2月からレジ袋を全て再生紙製に変更し有料化しました。ユニクロやGUなどを持つファーストリテイリングは2020年内にグループ全体のプラスチック包装を85%も削減することを目指し、4月からは紙製のバッグも有料化すると発表しています。

私たちも今のうちにレジ袋を持ち歩く習慣を身につけておくと7月に慌てることもなさそうです。

Top image: © ARIMAG/Shutterstock.com
「メルカリ」は、レジ袋有料化をまえに、通常は捨てられてしまうレジ袋にも付加価値を与えるべく「モノガタリ by mercari」に寄稿している伊坂幸太郎、吉...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
千葉市と「ミニストップ」は、通常のレジ袋の代わりに市指定の可燃ごみ袋をレジ袋として販売する実験を開始。
11月1日、日本政府は「プラスチック製レジ袋」の有料化を義務付ける方針を決定。来年7月1日から、事業規模に関係なくすべての小売店で有料となる。
アメリカンクラフトビールが50種楽しめる「AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス」が横浜市「たまプラーザ」駅にある複合...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
セブンプレミアム ライフスタイルの「シュパット コンパクトバッグ」。コンビニレジ袋の代わりとして、これ以上のものはない。
コンパクトさと3秒でサッと開く&たためるスマートさが特徴のオランダ発カード型スマートエコバッグ「EVERLESS」に注目が集まっている。
エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確か...
6月16日から駅ビル・エキナカの一部店舗で、店舗ごとに設定された一定金額以上の購入者を対象にエコバッグを配布すると「JR東日本」が発表。その数50万個。「...
新型コロナウイルスの影響で、2020年は世界的に献血が不足しているという。そこで、チェコの「赤十字社」が献血を促す啓発動画を公開
JETMINMINの「MARKET-L」は、「スーパーで買い物」がラクになるエコバッグ。
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、18種類紹介!
7月1日より、フランスでレジ袋の配布が禁止になりました。スーパーマーケット、薬局、パン屋、ガソリンスタンド、屋外マーケットなどなどに行く際は、エコバッグを...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
「東京国立博物館」の一部をCGで再現したバーチャルミュージアム「バーチャルトーハク」が来月19日(土)からのスタート。
新型コロナウイルスやインフルエンザはもちろんですが、今年は同時に、見分けのつきにくい「風邪」にも気をつけなければなりません。「風邪にかからないためにできる...
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
ファーストリテイリングは、環境問題対策の一環として「脱プラ」を宣言。2020年内に店頭での使い捨てプラスチック包装を、グループ全体で85%削減する方針だ。
必要最低限の生地で作られたミニマムデザインのショッピングバッグは、接着剤なども一切不使用で、生地には100%リサイクルできるものを採用しているという。
「NANOBAG」はイギリス発の話題のエコバッグ。2Lのペットボトル15本分にも相当する30kgの荷重に耐え、なおかつデザイン性もGOOD。
「THE SHOP SHIBUYA」のオープン記念アイテム「THE SHOPPING BAG」です。