業界初!「完全自動セルフレジ」のハイテク感がこちら。

時折見かけるコンビニのセルフレジ。自身で商品のバーコードをスキャンし、袋詰めする必要はあるものの、慣れてしまえば何てことはありません。せわしない朝の通勤時には、有人レジには長い列があっても、セルフのほうはガラガラなんてこともあり重宝される存在と言っていいでしょう。

…と聞いて今あなたがイメージしたものの、一歩も二歩も先をいく最先端のセルフレジがこちら。業界初となる「完全自動」を実現していますよ。

買い手の手間を
徹底的に省いてくれる

パナソニックが開発した、その名も「レジロボ(R)」が設置されたのは「ローソン パナソニック前店」。同社のお膝元、大阪府守口市にあるこの店舗は、次世代型コンビニエンスストアと位置付けられており、さまざまな実証実験に取り組んでいます。(※同店舗での「レジロボ(R)」の実験はすでに終了。現在は設置されていません)

前置きはここまでにして、いざ本題へ。使い方は以下の通り、めちゃくちゃカンタン。

まず、専用カゴをとる

バーコードリーダーで
商品をスキャン

カウンターにカゴをセット

合計金額を確認し、
支払い方法を選択。すると…

 ここがポイント!
なんと「袋詰め」まで自動

これこそが、“完全自動”の意味するところ。「スキャン」「袋詰め」といった買い手にとっての手間を徹底的に省力しています。

「導入して以降、『今日は有人レジが混んでいるからレジロボを使おう』と、個人で判断して使っている方が多いです」と同店舗の店長。

また、店員が商品のスキャンや会計、袋詰めから解放されることで、客への声かけや清掃など他の業務に時間をかけることができるようになり、サービスの質が向上できるのではないか、とも。

将来的には、全商品に電子タグをつけることで、スキャンの手間すらも省ける予定。2017年後半から、国内の他の店舗でも実験を開始するとのことです。

万引き防止はもちろん袋詰めのムダ撤廃など、パッと色々な課題が思い浮かぶけれど、まあこちらが指摘するまでもなく検討済みのことでしょう。そんなことは気にせず、この“最先端”を、ただただ体験してみたい。もし近くのコンビニで実験がスタートしたら、必要でなくともとりあえず2、3品買っちゃいそう。

Licensed material used with permission by パナソニック株式会社
「メルカリ」は、レジ袋有料化をまえに、通常は捨てられてしまうレジ袋にも付加価値を与えるべく「モノガタリ by mercari」に寄稿している伊坂幸太郎、吉...
日本はレジ袋が2020年7月1日から有料化されマイバッグ持参の促進に取り組みますが、海外では「禁止」という国も少なくありません。アメリカで初めて州単位でレ...
千葉市と「ミニストップ」は、通常のレジ袋の代わりに市指定の可燃ごみ袋をレジ袋として販売する実験を開始。
主婦である私からすると、テクノロジーの革新性なんてどうでもいい話。気になるのは、利便性や品揃えです。実際にお店に行って買い物してきました。
スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ(WWS)」と、アパレルブランド「ジャーナル スタンダード レリューム(JOURNAL STANDARD relu...
セブンイレブンが運営をする「X-STORE」は、台湾・台北市に設置された無人コンビニです。
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
「Amazon」は、同社の運営する無人レジ店舗「Amazon Go」の技術をグループ以外の小売店に提供するプログラム「Just Walk Out」を発表した。
ナキア・ロビンソンには、お気に入りの店員さんがいました。ミシガン州のスーパーマーケットで働くルーカス・ホリデーは、なんと歌をプレゼントしてくれるんです。レ...
エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確か...
アパレル業界の廃棄課題に取り組むブランド「Rename(リネーム)」がおこなうアップサイクルプロジェクト「Rename X(リネームクロス)」から、リラッ...
11月1日、日本政府は「プラスチック製レジ袋」の有料化を義務付ける方針を決定。来年7月1日から、事業規模に関係なくすべての小売店で有料となる。
インドネシア・バリ島で、この数年間のあいだに大きな変革が起きていたことを知っていますか?2013年、当時10歳と12歳だった姉妹が始めた「レジ袋ゼロ」運動...
「THE SHOP SHIBUYA」のオープン記念アイテム「THE SHOPPING BAG」です。
「焼肉じょんじょん」は用意から片付けまでほとんどの作業を利用客自らがおこなうセルフの焼肉店。リーズナブルな価格を実現し、店舗にも複数のメリットを生んでいる。
7月1日より、フランスでレジ袋の配布が禁止になりました。スーパーマーケット、薬局、パン屋、ガソリンスタンド、屋外マーケットなどなどに行く際は、エコバッグを...
炭酸水で割って楽しむもよし、ミルクで割ってチャイラテとして楽しむもよし!スペシャルティコーヒー専門店「LIGHT UP COFFEE」から、コーヒーのクラ...
着用型ロボット、パワードスーツ「ATOUN MODEL Y + kote」は、腰と腕を同時にアシストし、重いものをカンタンに持ち運ぶことが可能。腰への負担...
必要最低限の生地で作られたミニマムデザインのショッピングバッグは、接着剤なども一切不使用で、生地には100%リサイクルできるものを採用しているという。
7月19日、ED ROBERT JUDSON(エド ロバート ジャドソン)のコンセプトラインである「β(ベータ)」が、ブランド名を「beta post(ベ...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
過去に、セルフ精算機がスーパーに並び始めたときにも驚いた。自分で精算していいの?という感じ。でも、その必要さえなくなってしまった。IDを認証して店内に入っ...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
YouTubeで受けられる「無料オンラインヨガ」3つを紹介。NIKE、のがちゃんねる、ブスの美ボディメイクのYouTubeアカウントから配信されている無料...