ハワイでレジ袋が全面禁止に。水着を忘れてもエコバッグは忘れるな!

7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売店には、一日$100ドルの制裁金が課せられ、違反を繰り返しているとさらに金額は上がるというから、店側にしてもお客が求めるからといって、おいそれと差し出す訳にもいきません。

このレジ袋禁止は、じつは、オアフ島をのぞくハワイ州全島ですでに施行済み。最も早く取り組んだマウイ島で2008年、翌年にはカウアイ島が、2013年にはハワイ島でも禁じられています。ここにようやくオアフ島が加わったことで、アメリカで初めて、州単位でレジ袋が禁止が施行されることになりました。

shutterstock_275130917

では、なぜハワイ州が全面禁止に打って出たのか?もちろん、ゴミ処理の問題を抱えていたこともあるでしょう。でも、それ以上に問題視されたのが自然環境に与える影響です。風に流されたビニール袋が海を汚したり、浮遊するビニール袋をクラゲと間違えてウミガメが誤飲して死亡する事故が頻発していると「Daily Mail Online」の記事は伝えています。そんな事実も、ハワイの人々の心を動かすのに十分な動機だったのかもしれません。

この夏ハワイ旅行を計画している方も多いと思います。日用品の買い物でも、お土産でも、レジ袋に変わるエコバッグのご用意をお忘れなく。ちなみに、禁止になったもの、引き続き使えるものをまとめるとこんな感じ。

【禁止されたバッグ類】

shutterstock_280426802

条例で禁止されたのはレジ袋だけではありません。内容を見ると例えば、グラム量り売りの野菜や果物、コーヒー豆、キャンディー類を入れるためのビニール。さらには生肉や鮮魚、ドライアイスを利用する冷凍食品など。テイクアウト用のお惣菜を入れるためのビニール。その他、食品に限らず処方薬、ホテルが提供するクリーニング用ビニールバッグやガーメントバッグも、すべてNG。
とはいえ、スーパーでは量り売りが当たり前のハワイ州、生鮮食品の持ち運びにも、例外的に使用が認められているバッグもあるようです。

【使用可能なバッグ】

生分解性製品協会(BPI)の認定マークが入った堆肥ビニールバッグ、100%リサイクルできる紙袋、洗っても大丈夫で再利用可能なエコバッグのみ。

ハワイ旅行にエコバッグ持参は必須。もちろん、「Whole Foods Market」はじめ、人気店の質の高いオシャレなオリジナルエコバッグを現地調達することだって可能です。今まで以上にバリエーション豊富なエコバッグが手に入りそうですね。

Reference:City and County of HONOLUUL

 

7月1日より、フランスでレジ袋の配布が禁止になりました。スーパーマーケット、薬局、パン屋、ガソリンスタンド、屋外マーケットなどなどに行く際は、エコバッグを...
エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確か...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
インドネシア・バリ島で、この数年間のあいだに大きな変革が起きていたことを知っていますか?2013年、当時10歳と12歳だった姉妹が始めた「レジ袋ゼロ」運動...
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
アニマルプリント柄をおしゃれに取り入れるのって、結構難しいもの。どうしても雰囲気が甘くなりがちだったり、チープな印象がつきまとう。こうしたイメージを払拭す...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
これまでも環境対策などで率先して規制などを導入してきたハワイ。今回は全米の主要都市を率先して歩きながらの携帯電話、その他手元で使える電子機器の使用を禁止す...
現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...
素敵な快晴の日、海へ!心躍る時間ですが、帰りに荷物が砂まみれ、なんてことありませんか?「DEZZIO」はそんな悩みを解決してくれるバッグなんです。なんと、...
ハワイ島と言えば大自然。そこには海も山も火山もあり、一度は訪れてみたいと願う人は多いのではないか。特に、止まることなく流れる溶岩。Erez Maromさん...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
〈EcoSouLife(エコソウライフ)〉のカップは、竹の繊維であるコーンスターチが主成分。竹は成長が早いため環境の負荷が少ないそうです。また、土に埋める...
楽しい旅行は、準備している間もワクワクするもの。でも実際にパッキングしたら、あまりの荷物の多さにびっくり!「これを持ち歩くのか…」と思うと、楽しみにしてい...
ブランドロゴは、企業にとって重要な役割を担っている。一目で人々に認識させるだけではなく、企業理念や社会的な存在意義を伝えるための象徴だから。けど、膨大なイ...