ハワイでレジ袋が全面禁止に。水着を忘れてもエコバッグは忘れるな!

7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売店には、一日$100ドルの制裁金が課せられ、違反を繰り返しているとさらに金額は上がるというから、店側にしてもお客が求めるからといって、おいそれと差し出す訳にもいきません。

このレジ袋禁止は、じつは、オアフ島をのぞくハワイ州全島ですでに施行済み。最も早く取り組んだマウイ島で2008年、翌年にはカウアイ島が、2013年にはハワイ島でも禁じられています。ここにようやくオアフ島が加わったことで、アメリカで初めて、州単位でレジ袋が禁止が施行されることになりました。

shutterstock_275130917

では、なぜハワイ州が全面禁止に打って出たのか?もちろん、ゴミ処理の問題を抱えていたこともあるでしょう。でも、それ以上に問題視されたのが自然環境に与える影響です。風に流されたビニール袋が海を汚したり、浮遊するビニール袋をクラゲと間違えてウミガメが誤飲して死亡する事故が頻発していると「Daily Mail Online」の記事は伝えています。そんな事実も、ハワイの人々の心を動かすのに十分な動機だったのかもしれません。

この夏ハワイ旅行を計画している方も多いと思います。日用品の買い物でも、お土産でも、レジ袋に変わるエコバッグのご用意をお忘れなく。ちなみに、禁止になったもの、引き続き使えるものをまとめるとこんな感じ。

【禁止されたバッグ類】

shutterstock_280426802

条例で禁止されたのはレジ袋だけではありません。内容を見ると例えば、グラム量り売りの野菜や果物、コーヒー豆、キャンディー類を入れるためのビニール。さらには生肉や鮮魚、ドライアイスを利用する冷凍食品など。テイクアウト用のお惣菜を入れるためのビニール。その他、食品に限らず処方薬、ホテルが提供するクリーニング用ビニールバッグやガーメントバッグも、すべてNG。
とはいえ、スーパーでは量り売りが当たり前のハワイ州、生鮮食品の持ち運びにも、例外的に使用が認められているバッグもあるようです。

【使用可能なバッグ】

生分解性製品協会(BPI)の認定マークが入った堆肥ビニールバッグ、100%リサイクルできる紙袋、洗っても大丈夫で再利用可能なエコバッグのみ。

ハワイ旅行にエコバッグ持参は必須。もちろん、「Whole Foods Market」はじめ、人気店の質の高いオシャレなオリジナルエコバッグを現地調達することだって可能です。今まで以上にバリエーション豊富なエコバッグが手に入りそうですね。

Reference:City and County of HONOLUUL

 

アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
7月1日より、フランスでレジ袋の配布が禁止になりました。スーパーマーケット、薬局、パン屋、ガソリンスタンド、屋外マーケットなどなどに行く際は、エコバッグを...
日本はレジ袋が2020年7月1日から有料化されマイバッグ持参の促進に取り組みますが、海外では「禁止」という国も少なくありません。アメリカで初めて州単位でレ...
運動がなかなか続かない?そんな人にこそコレ!自宅で1日3分で出来る「二の腕痩せトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSN...
「fridge」のマルシェバッグは計6色。色選びが楽しい!
L.L.Beanのグローサリー・トートは、一生使えるエコバッグです。
「raregem(レアジェム)」のバッグの中でも特に人気を博しているグローサリーバッグ「イェッシリー」。
気分がアガる「THE CONRAN SHOP」のオリジナル メッシュ ショッピングバッグです。
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、9種類紹介!
気仙沼港は、メカジキの水揚げ量が日本一。国内有数の豊かな水産資源を活かすべく、地元のオリジナルブランド「OIKAWA DENIM」が開発したのが「メカジキ...
TEMBEAの定番商品、バゲットを入れるためのトートバッグ「バゲットトート」がかわいい。
「MOUNTAIN RESEARCH」のLUNCH TOTE ON THE MOON。薄手のコットン素材を使用したランチトートバッグです。
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
7月19日、ED ROBERT JUDSON(エド ロバート ジャドソン)のコンセプトラインである「β(ベータ)」が、ブランド名を「beta post(ベ...
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
世界から脚光を浴びる韓国の7人組男性ヒップホップグループ「BTS(防弾少年団)」が、先月から韓国語学習コンテンツ「Learn! KOREAN with B...
「ソニー・ミュージックレーベルズ」が、オリジナルアニメーションとともにチルアウトミュージックを24時間365日配信するYouTubeチャンネル「Tokyo...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確か...
「JETMINMIN」の「FOLLOW-58」は、愛知県のテント屋さんからストックの供給を受けて制作したビニールテント素材のトートです。
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
アウトドアオフィス事業をてがけるスノーピークビジネスソリューションズは、旅行大手JTBと共同開発した法人向けのサービス「CAMPING OFFICE HA...