ハワイでレジ袋が全面禁止に。水着を忘れてもエコバッグは忘れるな!

7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売店には、一日$100ドルの制裁金が課せられ、違反を繰り返しているとさらに金額は上がるというから、店側にしてもお客が求めるからといって、おいそれと差し出す訳にもいきません。

このレジ袋禁止は、じつは、オアフ島をのぞくハワイ州全島ですでに施行済み。最も早く取り組んだマウイ島で2008年、翌年にはカウアイ島が、2013年にはハワイ島でも禁じられています。ここにようやくオアフ島が加わったことで、アメリカで初めて、州単位でレジ袋が禁止が施行されることになりました。

shutterstock_275130917

では、なぜハワイ州が全面禁止に打って出たのか?もちろん、ゴミ処理の問題を抱えていたこともあるでしょう。でも、それ以上に問題視されたのが自然環境に与える影響です。風に流されたビニール袋が海を汚したり、浮遊するビニール袋をクラゲと間違えてウミガメが誤飲して死亡する事故が頻発していると「Daily Mail Online」の記事は伝えています。そんな事実も、ハワイの人々の心を動かすのに十分な動機だったのかもしれません。

この夏ハワイ旅行を計画している方も多いと思います。日用品の買い物でも、お土産でも、レジ袋に変わるエコバッグのご用意をお忘れなく。ちなみに、禁止になったもの、引き続き使えるものをまとめるとこんな感じ。

【禁止されたバッグ類】

shutterstock_280426802

条例で禁止されたのはレジ袋だけではありません。内容を見ると例えば、グラム量り売りの野菜や果物、コーヒー豆、キャンディー類を入れるためのビニール。さらには生肉や鮮魚、ドライアイスを利用する冷凍食品など。テイクアウト用のお惣菜を入れるためのビニール。その他、食品に限らず処方薬、ホテルが提供するクリーニング用ビニールバッグやガーメントバッグも、すべてNG。
とはいえ、スーパーでは量り売りが当たり前のハワイ州、生鮮食品の持ち運びにも、例外的に使用が認められているバッグもあるようです。

【使用可能なバッグ】

生分解性製品協会(BPI)の認定マークが入った堆肥ビニールバッグ、100%リサイクルできる紙袋、洗っても大丈夫で再利用可能なエコバッグのみ。

ハワイ旅行にエコバッグ持参は必須。もちろん、「Whole Foods Market」はじめ、人気店の質の高いオシャレなオリジナルエコバッグを現地調達することだって可能です。今まで以上にバリエーション豊富なエコバッグが手に入りそうですね。

Reference:City and County of HONOLUUL

 

日本はレジ袋が2020年7月1日から有料化されマイバッグ持参の促進に取り組みますが、海外では「禁止」という国も少なくありません。アメリカで初めて州単位でレ...
7月1日より、フランスでレジ袋の配布が禁止になりました。スーパーマーケット、薬局、パン屋、ガソリンスタンド、屋外マーケットなどなどに行く際は、エコバッグを...
6月16日から駅ビル・エキナカの一部店舗で、店舗ごとに設定された一定金額以上の購入者を対象にエコバッグを配布すると「JR東日本」が発表。その数50万個。「...
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、14種類紹介!
iHerb(アイハーブ)で買える「簡単に角質オフできるリップスクラブ」を3つご紹介。E.L.Fのブラウンシュガー、Skinfoodのアボガド&シュガーリッ...
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
コンパクトさと3秒でサッと開く&たためるスマートさが特徴のオランダ発カード型スマートエコバッグ「EVERLESS」に注目が集まっている。
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
暗闇で光るエコバッグは、特許技術のオーロラのように反射するリフレクター(反射材)を用いて、夜道での安全面とデザイン性の高い普遍的なプロダクトを提案する暗闇...
アメリカ・バーモント州で7月1日に環境保全に関する新しい法律が制定された。同法律では、プラスチック製の袋やストロー、発泡スチロール容器などの使い捨て用品の...
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第9回は、熊本・浜田醤油の「エ...
54ヵ国中30ヵ国がなんらかのプラスチック袋の規制を設けている、エコ大陸「アフリカ」。6月1日より、タンザニア政府は国内へのプラスチック袋の持ち込みを禁止...
「NANOBAG」はイギリス発の話題のエコバッグ。2Lのペットボトル15本分にも相当する30kgの荷重に耐え、なおかつデザイン性もGOOD。
7月19日、ED ROBERT JUDSON(エド ロバート ジャドソン)のコンセプトラインである「β(ベータ)」が、ブランド名を「beta post(ベ...
カリフォルニア発スムージー・ジュース専門店「Jamba(ジャンバ)」が、渋谷に8月4日開業の複合施設「MIYASHITA PARK」にオープン。「塩こうじ...
カニエ・ウェストに続いて、まさかのこの人も?!先日、パリス・ヒルトンが自身のInstagramにアップした話題の写真。
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
L.L.Beanのグローサリー・トートは、一生使えるエコバッグです。
「ハワイ州観光局」が自宅でハワイを体験できる「おうちでハワイ」プログラムの提供を開始。「バーチャルハワイ」「癒しのハワイ」「学ぶハワイ」「音楽でハワイ」「...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
トラックのタープ(幌)で作られたFREITAGの「F52 MIAMI VICE」。よくある紙の買い物袋に着想を得た、定番モデルのショッピングバッグです。